淀屋橋の銀杏並木と御堂筋イルミネーション2017の時間と場所

淀屋橋に行ったついでに淀屋橋イルミネーションを見てきました。この時期はまだ銀杏並木の葉がまだ落ちていないので、黄葉の銀杏並木とイルミネーションのコラボが見られるのでおすすめです。

御堂筋の銀杏並木の見頃とライトアップの時期

御堂筋の銀杏並木が綺麗に黄金色に色づき綺麗に見られる時期は、例年は11月下旬~12月初旬です。

ですが、今年は、少し寒くなる時期が早いので、少し早めですが、けっこう黄金色になっている木もありました。

まだ少し緑色が残っている感じですが、木によってはもう黄金色になっているものもありました。

ここ数日で、多くの銀杏がきれいな黄金色になるのではないかと思われます。

御堂筋イルミネーションは、11月の12日が点灯式で、12月31日まで行われますので、黄金色の銀杏並木とのコラボレーションが見られるのは今週末からの10日位の間だと思われます。

御堂筋イルミネーションの開催要項
日程:11月12日~12月31日
点灯時間:17時頃から23時まで

御堂筋イルミネーション 淀屋橋エリアのライトアップ

御堂筋イルミネーションは、エリアに寄ってライトアップの色が変わります。淀屋橋は、水都ブルーというきれいな青い色のライトアップが施されています。

堂島川と土佐堀川の南にありますので、水都大阪のイメージにはぴったりなエリアですね。

そして、御堂筋を北に行くと、大阪市役所の建物にもライトアップが。

こちらは、OSAKA光のルネッサンス2017の会場になります。OSAKA光のルネッサンスは、大阪市役所から中之島のエリアで、イルミネーションやプロジェクションマッピングなどが実施されます。

OSAKA光のルネッサンスの開催期間は、2017年12月14日(木)~2017年12月25日(月)ですが、現在は、部分的に点灯しているようです。

日替わりで、部分点灯する場所が変わるようで、本日は、大阪市役所の壁面に飾られた大きな星型のイルミネーションでした。

御堂筋イルミネーション 梅田エリアのイルミネーション

堂島川を渡って更に北へいくと、イルミネーションの色が変わります。こちらは、御堂筋イエローミックスということで、きれいな黄色です。

梅田エリアの銀杏並木のほうが、色づきが早いようで多くの木々がきれいな色をしていました。

銀杏の葉が黄金色に色づいているときと、葉が散って枝だけになった時のイルミネーションの印象が変わるのも、御堂筋イルミネーションの特徴です。

12月中旬ごろにみるとまた違った印象を受けると思うので、機会があればまた来ようと思います。

土日だと、御堂筋のビルにもプロジェクションマッピングなどが施されてさらにイルミネーションがバージョンアップしますので、おすすめです。

まとめ

御堂筋イルミネーションによって、この時期は大阪のメインストリートが綺麗に色づきます。

全長がなんと4kmということで、ギネス世界記録にも認定されているのですが、やはりそれは、御堂筋の銀杏並木があってのことですね。

11月は、銀杏並木の色づきとセットで見ることが出来ますのでおすすめです。

また12月14日以降は、中之島のOSAKA光のルネッサンスも始まりますので、まさに光の饗宴ということで、見所も増えていきますのでさらにおすすめですね。

ショッピングなどのついでに見ることも出来ますし、イルミネーションバスなどで北の梅田エリアから難波エリアまで制覇するのもいいですね。

交通の便もいいので手軽にイルミネーションを楽しむことができるのも魅力の1つです。

デートコースに組み入れたり、大阪観光のルートにも入れてみても良いかもしれません。周辺にはホテルも多いので、宿泊を近くのホテルに設定して、USJなどの帰りや京都観光などの帰りに寄ってみるのも良いかもしれません。

 

 

 

コメントを残す