靖国神社の桜

靖国神社桜

靖国神社の桜は東京の桜の名所です。気象庁の桜の開花や満開の情報の元になる標本木があることでも有名です。毎年桜の時期になると沢山の屋台が出て賑わいます。

靖国神社というといろいろと物議を醸すことも多いのでニュースで知っている方が多いかもしれませんが、桜の名所という別の顔もあります。沢山のソメイヨシノが咲き誇る姿は圧巻です。

靖国神社の桜の名所

靖国神社の桜といえば、標本木ですね。ここの桜の開花状況をみて気象庁の方は東京の桜の開花速報や満開などの桜の開花情報を出すそうです。

また境内にはソメイヨシノが沢山あって、前行ったときはちょうど満開だったので、めちゃくちゃ綺麗でした。沢山のソメイヨシノの木があるので、まさに桜色に染まる感じで、圧巻です。

また東京の桜の名所はよく知らなかったのですが、近くに千鳥ヶ淵という桜の名所があるのでそこも行ったほうが良いと言われましたがちょっと時間がなかったのでいけませんでした。

週末はすごく混み合うので、千鳥ヶ淵に行くなら、平日か午前中のほうが良いかもしれません。江戸城のお堀に咲く桜を船から見るという贅沢な桜鑑賞出来ます。

また変わった見どころといえば、千代田さくらまつりの中でやる靖国神社の奉納大相撲です。日程は毎年変わりますが、先着6000人が無料で見ることが出来ますので、おすすめです。

大関以下200名の関取さんが、お相撲してくれるのと、初仕切り、相撲甚句、檜太鼓打ち分けなどなど本場所では見られない珍しい行事も見ることが出来ます。

靖国神社の桜の標本木

東京の桜の開花宣言は、この桜の木の開花状況で決まるということらしいです。東京のど真ん中ですし、平野部の桜ということで選ばれているのかな?

靖国神社の外苑はレンタルのござを敷いて宴会もできます。屋台の焼き鳥が美味しいです。
宴会ができるのは外苑だけなので注意が必要ですが、数百本もあるソメイヨシノを眺めながらお花見できるのが嬉しいです。

靖国神社の桜開花情報

靖国神社の桜は3月下旬から開花し始めて、4月の上旬に満開を迎えるのが例年のパターンです。私が行ったときは平年より1週間早い開花でしたので、すでに3月末の段階で満開でしたが、平年は4月の上旬が満開の頃になります。

靖国神社の桜と屋台の時間

屋台が多く出るのは、千代田さくらまつりが開催されている期間中です。千代田さくらまつりの日程は、桜の開花情報が出てから決定しているのだそうです。2017年の桜の開花情報はまだ先なので出てから2017年の千代田さくらまつりが決まります。

期間中は、靖国神社の参道や千鳥ヶ淵、皇居の外周など周辺の桜の名所に沢山の屋台がでて賑わいます。
や互い多い時間帯は、週末や休日であれば、午前11時頃から19時ごろまでです。夜桜鑑賞が20時までのですので、20時過ぎまでであれば屋台もまだ多く営業していると思います。

靖国神社へのアクセス

電車バス
JR
・中央線/総武線各駅停車「飯田橋駅(西口)」、「市ヶ谷駅」より徒歩10分
地下鉄
・東西線/半蔵門線/都営新宿線「九段下駅(出口1)」より徒歩5分
・有楽町線/南北線/都営新宿線「市ヶ谷駅(A4出口)」より徒歩10分
・東西線/有楽町線/南北線「飯田橋駅(A2出口、A5出口)」より徒歩10分
バス
・九段下~高田馬場系統「九段上停留所」より徒歩1分

首都高代官町出口
出口から400mほど直進、『竹橋』交差点を左折。道なりに進み『九段下』交差点を左折して200m
※所要時間 約5分
首都高西神田出口
出口から左折し直進、『飯田橋1丁目』交差点を左折、目白通りへ入り、『九段下』交差点を右折して200m
※所要時間 約5分
首都高飯田橋出口
出口から下り、『飯田橋』五叉路を直進(九段下方面)。JR飯田橋駅ガード下をくぐり、直進して『九段下』交差点を右折して200m
※所要時間 約5分

コメントを残す