東福寺の紅葉 2017年の見ごろライトアップの時間と混雑状況

東福寺は京都を代表する紅葉スポットになります。

東福寺は、京都駅の南東の月輪山麓にある臨済宗東福寺派の大本山です。広大な敷地内には、伽藍や塔頭があります。

通天橋からの紅葉の眺めは京都でも指折りの眺めになります。

東福寺の紅葉の見頃

東福寺の紅葉の見頃は、2017年は平年並みで11月中旬から12月上旬になります。ウェザーニュースでの天候の予想は、10月~11月は平年と同じかそれよりも低めになるそうなので、鮮やかな紅葉が楽しめるそうです。

東福寺の紅葉は、イロハモミジ、トウカエデなどが楽しめます。

紅葉期間中は、11月1日~12月上旬の期間で看楓拝観(国宝 龍吟庵の特別拝観)があります。

拝観時間は、8:30~16:30(16:00受付終了)です。

・国指定名勝 東福寺本坊庭園の拝観料 400円(小中学生 300円)
・通天橋・開山堂 拝観料 400円(小中学生 300円)

人気スポットなので、紅葉の見頃の時期には、大変混雑します。

東福寺の混雑予想

例年、11月中旬から11月下旬にはものすごく混雑します。土日祝日は、通天橋からの紅葉の海とも称される絶景をみる方で大混雑です。

東福寺からも、11月12日(土)~30日(水)は通天橋、臥雲橋の上での撮影は、危険すぎるということで禁止されているほどになります。

通天橋や臥雲橋は通行に時間がかかりますので、土日祝日は、拝観2時間待ちということも普通にありますのでそうとう待つという覚悟で行かないといけません。

混雑回避の朝一に行くというのが鉄則ですが、開門時間8:30には既に行列ができていることが多いので、早めに到着して開門まで待つ方が良いかもしれません。

当たり前ですが、平日の午前中が最も混雑が少ないです。

また、通天橋や臥雲橋から写真を取りたい場合は、12月に入ってから拝観するの一つの方法です。

12月の最初は、まだ紅葉も見頃の時期なので、おすすめです。

東福寺のライトアップ

東福寺のライトアップは残念ながら実施されていません。

ですが、寺域の塔頭では、ライトアップを実施しているところがあります。

勝林寺のライトアップ

ライトアップ期間:2017年11月18日(土)~12月3日(日)
拝観時間:10:00~19:00(入れ替えなし)
拝観料:大人600円 中高生300円 小学生以下無料

天得院のライトアップ

普段は公開されていませんが、初夏の桔梗の花の時期と、紅葉の時期は食事とセットで配管ができます。

夕食の部でライトアップされた紅葉を食事とともに楽しめます。

2017年の詳細はまだ未発表です。
2016年は、11月19日(土)~11月30日(水)の期間で、午後5時~午後8時で行っています。
食事付きの拝観料金は、4,320円です。

東福寺のおすすめスポット

東福寺の紅葉のおすすめスポットは、通天橋や、臥雲橋だけではありません。

通天橋や、臥雲橋はものすごく混雑していますし、写真撮影が制限されるので他の場所で紅葉をカメラに撮りたい場合は、洗玉澗がおすすめです。

通天橋や臥雲橋から眺めていた紅葉を目の高さで見ることが出来ます。

また、他にも、虹の苔寺と言われる光明院や、龍吟庵もおすすめです。紅葉だけではなく庭園やこういった他の見どころも一緒に回るとさらに良いかもしれません。

東福寺へのアクセス

東福寺へは、電車やバスのほうが便利です。東福寺の駐車場は、紅葉の期間は閉鎖されますので、周辺のコインパーキングなどに止める形になります。

電車:JR奈良線・京阪本線「東福寺駅」徒歩10分。
市バス:202,207,208系統「東福寺」バス停下車。
車:名神高速京都南ICより約4㎞、名神高速京都東ICより約7㎞、阪神高速8号京都線ICより約1㎞

※紅葉の期間10月20日~12月10日まで駐車場は閉鎖されます。

コメントを残す