千鳥ヶ淵の桜の開花状況

千鳥ヶ淵の桜

東京の桜の名所といえば?と東京の友人に聞いたら、千鳥ヶ淵と靖国神社って言われたので昨日、行ってきました。開花状況は、木によってかなり違う感じですが、今日とか明日くらいには満開になるのかな?今週末は一番の見頃になりそうです。

千鳥ヶ淵の桜 東京の桜の名所

千鳥ヶ淵の桜は、最初は、駐日英国大使が植えたソメイヨシノが始まりだそうです。今のように多くの桜が植えられたのは、昭和30年かだだそうですね。いまはすごく桜の花がお堀に映えて綺麗でした。

また、東京の丸の内や、霞が関の高層ビル群との対比がいい感じで東京らしさがあっていいですね。東京タワーも遠くに見えるポイントもありますので、観光で来られた方はぜひ写真に収めていただきたい場所ですね。

4月3日は、新年度になって初めての平日だったので、法政大学の入学式が、武道館であったので、九段下駅からの出口がめっちゃ混雑していました。桜が見頃になると出口がものすごく混むので、違う出口から出たほうがいいかもしれません。

千鳥ヶ淵の桜の開花状況 2017年

4月3日の桜の開花状況ですが、陽のあたる場所とそうでない場所とでかなり桜の開花状況が違っていました。ほぼ満開に近い状態の木もあれば、5分咲までもいっていない木もありましたので、これからかなと思います。

今日はものすごく暖かいので、一気に開花が進みそうですね。週末まで見頃が続くといいですね。

日が当たるところはほぼ満開状態でしたが、まだ5分ほどしか咲いていない木もある感じです。下の写真の木はまだ蕾が多いですね。ここから一気に開花が進みそうです。

鳥が桜の花の蜜ですかね?しきりに花をつついていました。この木はボート乗り場の近くでしたが、まだつぼみが4割ほど残っているので今日明日当りで満開になる感じですかね。

千鳥ヶ淵の花見 アクセスと地図

千鳥ヶ淵に行くには、九段下駅が一番近いですね。ただ地上に出ると歩道が狭いのと、九段下駅は、これまた桜の名所である靖国神社の最寄りの駅でもあるので、出口を間違うと人の波に埋もれてなかなか千鳥ヶ淵に到達できませんので注意が必要ですね。

九段下駅の2番出口が一番近いのですが、こちら混雑しているときは、手前の4番出口で出たほうがいいかもしれません。

逆に、靖国神社側の出口はかなりの混雑ですし、歩道が狭いので人で進まないかもしれないので要注意です。奇数番出口は靖国神社側なので、ご注意を。

逆の方面の半蔵門駅から行くのもひとつですね。英国大使館前のソメイヨシノのかなり綺麗ですし、少し遠くなりますが、道中も桜が綺麗です。

こちらは千鳥ヶ淵のマップです。ぐるっと千鳥ヶ淵を一周するのもひとつですね。ボートに載るのも良いですが、ぐるっと360度ゆったり散歩するのも気持ちいいですね。

コメントを残す