太郎坊宮 パワースポット

太郎坊山全景

特徴的な形の岩山が太郎坊さんの目印です。中腹にある立派な建物は社務所です。お城みたいです。社務所の上が拝殿だったり本殿だったりします。岩がゴツゴツしてて、昔から山岳信仰があったのも理解できます。マニアックなパワースポットとして密かにおすすめの神社です。

太郎坊宮のパワースポット

地元の神社でよく行っていました。天空のパワースポットとも言えるような場所です。山自体が岩で覆われてるかのような感じです。巨石、怪石がごろごろしている独特の雰囲気があります。春には桜、秋には紅葉の名所でもあります。

太郎坊宮の正式名称は、阿賀神社といい、1400年ほど前に聖徳太子によって創祀されたとのいわれがあります。地元では、太郎坊さんと言われており、公式ホームページにも太郎坊宮といい名前が使われています。

太郎坊宮

太郎坊宮の名前のいわれは、もともと山岳信仰の聖地とされていて、その修験道の修行者の守護神とされていたのが太郎坊という天狗だそうです。京都のパワースポット、鞍馬山の天狗が次郎坊とされ、弟分になっています。そのことから太郎坊宮と言われています。

太郎坊宮の初詣

初詣は地元の人が中心で、そこまで混雑はひどくはないです。山の中腹に神社があるので、そこまでは石階段をひたすら登らないといけません。ただ、中間地点に駐車場があるので、足元が不安な場合は駐車場まで来るまで来るのもありですね。

駐車場からも300段ほどの階段がありますが、体感的にはすぐ行ける感じですね。せっかくなので下から登るという方は、鳥居をくぐったすぐ横に駐車場があります。

太郎坊宮の石段

太郎坊宮 石段

太郎坊宮の石段は半端ないです。730段余あるのですが、急勾配なので、足に来ます。フーフー言いながら登りました。太郎坊山はハイキングコースもあり、この岩山を登るハイカーの方にたまに出会います。美作山や小脇山などに縦走するそうで、気軽にハイキングできるので人気です。

頑張って登れば、きれいな景色が待っています。拝殿をで参拝を済ませて、更に登るとこんなふうに景色が開けます。

太郎坊宮

太郎坊宮の夫婦岩

太郎坊宮夫婦岩

本殿に向かうまでに、有名な夫婦岩があります。神様がその霊力で岩を真っ二つにしたという言い伝えがあるそうです。そして、この岩の間を通るとき、嘘つきだと岩が閉まるという言い伝えがあり、地元の子どもはそうやって戒められてきました。

ものすごい大きな石が、2つに割れている間を通ります。岩に触れてパワーを貰って下さいと書いてあるので、触りましたが、やっぱり神妙な気持ちになりますね。

本殿に行くと、勝運の神様ということで、スポーツ選手や受験生などがお参り来るそうです。古くは、源義経が鞍馬山から奥州に向かう際に参拝したそうで、義経が腰掛けたとされる岩が残っています。

勝、克と書かれたお守りが有名で、人気がありますね。本殿から裏参道を経て下りますが、その途中に願掛け道というのがあります。ここは景色も素晴らしいので、ぜひ歩いてみてほしいですね。

太郎坊宮 願掛け道

万葉集にも読まれた、蒲生野が広がっています。

20110619_072720000_ios

下る途中に、七福神が岩肌にあったり、いろいろと面白いです。岩が好きな人は、結構楽しめるところじゃないかなって思います。

太郎坊宮へのアクセス

太郎坊宮へのアクセスは、車でも電車でも大丈夫です。通常の日ならそこまで混雑していませんし、初詣の時期は、流石に混み合いますが、三が日をすぎれば、駐車場も空いてきます。

近江鉄道/八日市線 「太郎坊宮前駅」 下車 徒歩 15分
名神八日市ICから約20分です。地図は以下の通りです。

太郎坊宮にお参りしたあとは、お腹が減りますよね。せっかくの近江路なので、ここは、やはり、近江牛ですかね~。近江牛以外も食べ物も美味しいので食べてみてくださいね。

コメントを残す