諏訪湖祭湖上花火大会2017年の日程とツアーや穴場スポットの情報

日本全国に数ある花火大会の中でも、打上数が最も多い花火大会の一つが、この諏訪湖祭湖上花火大会です。昭和24年に始まり、長野を代表する花火大会になっています。

幅2キロのナイアガラの滝や、湖上スターマインなど見どころも満載です。水面に映し出さされる花火がとても綺麗で評判です。

諏訪湖は、四方を山で囲まれて盆地になっているので、花火の打ち上げ音が反響して迫力がありますし、遠くからでも見る穴場スポットが多いのもおすすめできるポイントです。

諏訪湖祭湖上花火大会 2017年の日程と観覧席

諏訪湖祭湖上花火大会は毎年同じ日、8月15日に実施されています。午後7:00~(雨天決行)です。会場への開門時間は、午後2時の予定です。

諏訪湖祭湖上花火大会は、有料観覧席が設けられています。

有料観覧席の情報です。

●マス席(プレミアム団体席22マス、特別53マス、一般108マス)
●ブロック指定席(約2,400席)・・・4,100円
●有料自由席
◇前売 石彫公園・湖畔公園:約3,000席・・・・大人3,000円、小人1,500円
◇ローソンチケット販売・・・大人3,500円、小人2,000円
石彫公園・湖畔公園:約6,900席
●旧東バル跡地桟敷席・・・1,000円
◇当日 約5,000席
●メッセージ花火・・・1口10,200円
●市民花火・・・1口 5,100円(10口まで)

マス席は1マスが非常に広くて、団体向けです。プレミアム団体席は、なんと50人分のスペースになります。企業さんや団体むけに作られている席になります。

通常のマス席も20人分くらいの広さになっているので、大勢でわいわい花火を見る場合に適していますね。金額は、特別マス席で、123,000円。通常のマス席で、102,000円です。

20人とすると、特別マス席は一人あたり、6150円ということになります。特別マス席なので、ちょっと高級です。

通常のマス席も、一人あたり、5100円になります。なかなかいい値段します。

他にも、ブロック指定席や、有料自由席があります。

またこの他に、メッセージ花火として、当日のプログラムに名前が掲載される権利を買う形で、有料指定席券がもらえます。

市民花火は、名の通り、住民枠になります。

諏訪湖祭湖上花火大会の駐車場情報

多くの方が車で来られるので、臨時駐車場があります。埋まるのが速いので車で行く方は、早めに入庫しておいたほうが、跡が楽になります。

■臨時駐車場 12ヶ所、約4,720台
*ヨットハーバー駐車場整理料
軽・普通車3,000円、特殊車両8,000円、マイクロバス12,000円、
オートバイ1,000円
*諏訪湖スタジアム駐車場、すわっこランド駐車場 整理料
軽・普通車1,000円、特殊車両2,000円、マイクロバス4,000円、
オートバイ500円
*旧東バル団体席・駐車場
バス70,000円(1台につき旧東バル跡地の1マス付)1業社につき1台まで。

諏訪湖祭湖上花火大会のツアー情報

諏訪湖祭湖上花火大会は東京などからツアーが人気です。

長野県が観光地でもありますし、夏は標高が高い長野は都市部に比べて涼しいので避暑地観光がてらに、来る場合も多いです。

人気のツアーは、軽井沢と富岡製糸場をめぐりつつ、諏訪湖祭湖上花火大会を見るという盛りだくさんのツアーです。

また、この時期になると長野では、ぶどうの収穫が始まりますので、ぶどう狩りも楽しめるツアーなどがあります。

また他にも、日帰りのバスツアーなども催行されています。観覧席指定券が付いているので、お得でですし、ホテルの屋上からみるという宿泊プランがあるところもあります。

ちょっと遠出して、日本屈指の花火を見ようというのも良いかもしれません。

まだ今からでも申し込みできるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

諏訪湖祭湖上花火大会の穴場スポット

諏訪湖は四方を山に囲まれているので、いろいろとおすすめな穴場スポットがあります。

立石公園

立石公園は、高台にあるので、諏訪市の夜景とともに、花火の全体が、花火よりも上の支店で見ることが出来ます。

ヨットハーバー隣のあやめ園

この場所は、打ち上げ場所に近いので、ある意味穴場スポットとは呼ばないかもしれませんが、近い割に比較的空いているという意味の穴場スポットになります。

下諏訪漕艇場の南赤砂﨑

諏訪湖の対岸から見る形になります。打ち上げ場所からは遠いですが、遮るものがないので、よく見えます。下諏訪駅からのアクセスもしやすいですのでおすすめな穴場スポットです。

岡谷湖畔公園

こちらも諏訪湖の対岸です。岡谷駅からも行きやすいので、下諏訪と並んで穴場スポットになります。

諏訪湖SA

高速道路んSAからもよく見えます。諏訪湖SAは、それを知っている人が増えてきたのか、混雑するので早めに到着しておいたほうが良いです。

高ボッチ高原 展望広場

高台にあるので、諏訪市や岡谷市や花火を見下ろす形で俯瞰できるのがおすすめです。会場から遠い分、混雑もないです。

鳥居平やまびこ公園

諏訪湖祭湖上花火大会へのアクセス

上諏訪駅からも近いので、駐車場がありますが、電車などのほうが良いかもしれません。

しかし、車で行かれる方は、渋滞を予想しておいたほうが良いと思います。

花火会場までのアクセス
・JR中央本線上諏訪駅下車徒歩8分
・中央自動車道諏訪ICから諏訪湖方面へ通常時は約15分ですが、渋滞します。

当日は、道路情報や、駐車場の空き情報をFM769(76.9MHz)聞くことが出来るようです。

コメントを残す