住吉大社の御朱印の拝受場所と変わったお守り五大力

住吉大社に初辰さんのお参りに行ってきました。先月は行けなかったので、2ヶ月ぶりです。今回は、御朱印を拝受してきました。

また、変わったお守りである、五大力ももらってきましたので、住吉大社の御朱印と、五大力について書いてみたいと思います。

住吉大社の御朱印と御朱印帳

住吉大社の御朱印は、住吉大社、摂社、末社を合わせると全部で10種類もあるそうです。

初辰さんでお参りすると、たくさんの摂社、末社にお参りするので、多さを実感してますが、御朱印もそれぞれにもらうことが出来ます。

10種類の内訳は、
1:住吉大社、2:神光照海(住吉大社を意味するそうです)3:大海神社、4:船玉神社、5:若宮八幡宮、6:侍者社、7:種貸社、8:楠珺社、9:相澤社、10:大歳社です。

初辰まいりの4社の御朱印は、楠珺社のお守り授与所で頂くことが出来ます。

http://katslog.net/lifestyle/hatsutatsumairi.html

何度も住吉大社に、お参りさせて頂いていますが、御朱印の拝受場所がよく分かりませんでした。

通常でしたら、神符授与所(御守授与所)にあるのですが、ちらっと見た感じでは、御朱印の拝受する窓口が見当たらないように思いました。

どこにあるのかなと思ったら、神符授与所(御守授与所)の角を曲がったところにありました。

祈祷殿の建物の一部が、神符授与所(御守授与所)ですが、祈祷殿の建物の角を曲がったところに、御朱印の拝受場所があります。

祈祷殿の祈祷申込者の入り口の右横にあります。神符授与所(御守授与所)からは直接見えないので、わからなかったんですが、案内の紙が貼ってありました。

今回は、全国一ノ宮の御朱印帳しか持って行ってなかったので、住吉大社さんのだけ頂きました。

一ノ宮の御朱印帳は、下鴨神社にお参りしたときに頂いたものです。
http://katslog.net/travel/shimogamojinja.html
住吉大社の御朱印は、味のある御朱印ですね。

一ノ宮の御朱印は、これで3つ目になりました。まだまだ全部集めるのは遠い未来ですね。でも千里の道もなんちゃらといいますので、地道に集めていきたいと思います。

ちなみに、住吉大社でも、全国一ノ宮御朱印帳は置いてあります。初穂料は、たしか1000円だったと思います。

住吉大社では、御朱印帳袋も数種類置いてありました。最近御朱印帳を複数持つようになって、御朱印帳袋が欲しくなってきました。

楽天市場で探してみたら、沢山の種類があるのですね。基本は巾着になっているものが多いですが、中には、がま口タイプの御朱印帳カバーや、ポーチになっていて、肩からかけられるタイプのものもあります。

和柄が多いですが、シックなものや、鮮やかな色彩のもの、和モダンタイプや、かわいい柄のものまで沢山の種類があって、なかなか迷っちゃいます。

御朱印帳袋を楽天で探す。

住吉大社の五大力のお守り

住吉大社には、変わったかたちの、お守りがあります。

五大力(ごだいりき)石守と言うものだそうですが、第一本宮の南側に、御所御前という場所あります。

この場所は、神武天皇が住吉大社の神様をお祀りになる場所を探していた時に、ここに生えている木にに3羽の白鷺が止まったために、この地に住吉大社が出来たといういわれがあります。

その成り立ちから御所御前は、住吉大社の中でも有数のパワースポットとして有名です。

現在はその木の根本には、柵に囲まれた玉砂利が敷き詰められています。その玉砂利の中には、五、大、力とそれぞれ書かれた石があります。

それらを1つずつ見つけて、五・大・力と全部揃ったら、それを持ち帰り、カバンや部屋にかけておくと良いそうです。

五大力とは、寿(命)力、福力、体力、智力、財力のことで、その運力を授かります。

五大力の石は、神符授与所(御守授与所)か、楠珺社の授与所でお守りの袋を初穂料300円でいただき、願い事を願いながら、入れておきます。

そして、その願いが叶ったら、御礼参りに来る前に、近所の小石を探して、自分で、五・大・力を書き、拾った石と一緒に倍返ししておきます。

今回私が、拾った石も、どなたかが願いが叶って持ってこられたものかもしれません。特に力の文字はおそらく住吉大社の方が書いたものではないと思います。

ということで、できれば早く石を倍返しできるように頑張りたいと思います。

五大力のお守り袋は、青色とピンク色がありますので、希望を言えば色を指定できます。

住吉大社には、もう一つパワースポット(おいとぼし社)があるのですが、そこのレポートはまた次回行ったときにでもしようと思います。

コメントを残す