下鴨神社 初詣

糺の森の紅葉

糺ノ森は、紅葉の名所でもあります。この森を抜けていくと、すでに心が洗われる感じになります。下鴨神社、正式名称は、賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)です。神話の世界、紀元前から京都の鴨川と高野川に挟まれたこの地域にあったと言われています。

世界遺産の下鴨神社へ初詣に行きたいと思っています。

下鴨神社 初詣 デート

下鴨神社は実は縁結びや恋愛成就の神社としてもかなり有名です。御祭神の玉依媛命は、女性の守り神で、安産子育ての神様です。

源氏物語の舞台でもあります。光源氏が須磨に行く前に糺ノ森で歌を詠んでいます。相生社には、源氏物語をモチーフにした縁結びおみくじもあります。

下鴨神社 相生社 縁結び

その相生社のご神木ですが、連理の賢木(れんりのさかき)といい、2本の木が一つになっているのですが、この木が枯れると、また糺ノ森の何処かで同じように2本の木が1つになるのだそうです。現在のご神木自体が4代目だそうで、京の七不思議になっています。

このご神木に象徴されるように、縁結びのパワーを貰いに来る方が非常に多いです。カップルで初詣に行くなら、下鴨神社がとても人気です。

糺ノ森の途中で瀬見の小川の西側にある河合神社は、玉依媛命が祀られており、女性の守護神と言われているので、こちらにもお参りしておきたいです。日本サッカー協会のシンボル八咫烏が祀られています。

下鴨神社 パワースポット

糺ノ森は、京都の中で唯一残る原生林です。ケヤキやムク、えのきなどの巨木がたくさんあります。糺ノ森(ただすのもり)とは、正しくなす、誤りを直すという意味だそうです。たしかにこの森の中を歩いているだけで、大きなパワーを守られそうです。

糺ノ森の中に流れる、瀬見の小川は強力なパワースポットになります。いるだけで浄化されるような森なので、初詣もじっくりこの空間を味わいながらがおすすめです。

また、君が代に出てくるさざれ石があるのでこちらも一見の価値があります。

下鴨神社 君が代 さざれ石

下鴨神社 初詣 混雑

下鴨神社は糺ノ森などがあり、とても広大です。境内は東京ドーム3倍ほどあるので、沢山の人がきても比較的ゆったりしています。

開門時間 12月31日6時30分~17時
1月1日0~20時
1月2~4日6時30分~19時
5日以降6時30分~17時

大晦日の夜中から、年明け直後はどの神社も同じですがかなり混雑しています。三が日と4日は結構混雑しています。

ただ、午前中の早い時間帯(6:30~10:00)は比較的空いているので、おすすめです。朝が明けたすぐの時間帯が一番空気が澄んでいますので、いいかもしれません。

3が日と蹴鞠のある4日はずっと営業してくれている屋台が多いです。これはうれしいです。

下鴨神社 初詣でみたらし団子

下鴨神社には、「御手洗(みたらし)社」があります。みたらしの池があり、御手洗川がながれています。そして、みたらしといえば、みたらし団子発祥の地でもあります。みたらし池の底から気泡がでてくるのをみて、その気泡のような団子ということで、みたらし団子と言われるようになったそうです。

初詣の屋台にもやたらとみたらし団子の屋台が多いです。焼きたてのみたらし団子はめっちゃ美味しいです。元祖のお店も近くにあります。

加茂みたらし茶屋が現在のみたらし団子の元祖を作り出した茶屋です。ここのみたらし団子は特徴的で、串に5つの団子が刺さっていますが、一つだけ隙間が空いています。これは、人間の頭と手足を表していると言われています。焼き立てにありつけたら最高です。

 

下鴨神社 初詣 駐車場

下鴨神社には駐車場が2つあります。南駐車場が近くて300台ほど駐車できます。初詣期間中でも時間帯が良ければ、普通に駐車できます。

最初の1時間500円 以降30分毎150円 ※正月以外は30分150円

ただ、混み合っている時間はちょっと辞めたほうがいいかもしれません。下鴨神社のすぐ西にリパーク下鴨神社西という駐車場があります。こちらでもいいかもしれません。

下鴨神社 初詣 アクセス

賀茂御祖神社
〒606-0807 京都府京都市左京区下鴨泉川町59

【電車】JR京都駅から市バス「下鴨神社前」下車徒歩すぐ、京阪鴨東線出町柳駅から徒歩約10分 【車】名神高速京都南ICから約40分

コメントを残す