六義園の紅葉の時期やライトアップの時間

東京のど真ん中にある紅葉の名所が、六義園になります。

回遊式築山泉水の大名庭園で、イロハカエデや、イチョウが色とりどりに彩られていて山や池などに紅葉が映えます。

イロハカエデやイチョウが数百本植えられているので、見どころが満載です。

交通の便もいいので、たくさんの見物がきてこみあう人気の紅葉スポットです。

六義園の紅葉の見ごろ時期

六義園は駒込の駅の近くにある、つまり東京の平野部にあるので見ごろは、11月下旬から12月上旬になります。

六義園のみどころは、京都のような渓谷を模した庭園にたくさんの紅葉が映えて色鮮やかな世界を演出してくれるので最高に雰囲気があります。

2017年は、11月後半から色鮮やかな紅葉が見られるとの予報ですので、鮮やかな紅葉を見たいなら11月後半がおすすめです。

また、12月入って少ししますと紅葉が落ちて下に落ち葉の絨毯みたいな幻想的な雰囲気を味わうことが出来ます。

また、イチョウも数百本植えられていますので、見事な黄葉が見ることが出来ます。

大きな池の周りにたくさんの木々が植えられているので、池と紅葉のコラボレーションが見えるのが綺麗です。

おすすめの場所は、渡月橋周辺や藤代峠付近が綺麗です。

また昼間はゆったりと散策して、紅葉やイチョウなどをみるのがおすすめです。

六義園のライトアップの期間

六義園の紅葉といえば、ライトアップですね。

池があり、その周りに紅葉があるシチュエーションなら、ライトアップした時の綺麗さはやっぱり段違いです。

2017年の六義園のライトアップの期間は、2017年11月18日~12月6日になります。そして、ライトアップの時間は、日没から21時まです。

六義園は、立地条件もとてもアクセスし易いので、大変混雑します。特に、11月末からの紅葉の見頃に合わせてとても混雑します。

日没すぐに入園するのがおすすめです。

そして、ライトアップは、藤代峠や渡月橋はもちろんですが、水香江も外せないですね。

休日の混雑状況は、1時間ほど入園待ちの行列が出来てしまうのも普通にあります。平日は少しましになりますが、夕方に入園するとゆっくり見ることが出来ますので、おすすめです。

六義園へのアクセス

六義園へのアクセスは、JR山手線駒込駅徒歩6分か、メトロ南北線駒込駅2番出口徒歩3分になります。

六義園の情報
住所:東京都文京区 本駒込6-16-3
営業時間:9:00~17:00(入園は~16:30)
ライトアップ:日没から21:00

 

コメントを残す