摂津国一之宮 坐摩神社の初詣や七五三やお祭り情報など

坐摩神社

大阪市のビジネス街のど真ん中。

本町にあります神社、坐摩神社(イカスリジンジャ)。

通称ざまさん。

 

ビルに囲まれたビジネス街ど真ん中、

およそ神社がありそうな場所にないのですが、

実はこの坐摩神社、摂津国一之宮なのです。

 

摂津国一之宮といえば住吉大社なのですが、

こちらの坐摩神社も一之宮なんですね。
その隠れた一之宮である(失礼?)

坐摩神社の初詣や七五三参りなどの

情報をまとめてみました。

 

坐摩神社の初詣情報

大阪の本町のビルの谷間にある坐摩神社。

船場の守護社なので、

初詣には、沢山の企業関係者がこられます。

 

繊維神社

大阪の船場は繊維の街としても有名です。

なのでか、坐摩神社には、繊維神社という

珍しい神社もありますね。

 

坐摩神社 由緒

居住地の安全を担当する神様だとされています。

なので、住居安全、旅行安全、安産祈願などに

良いとされています。

 

坐摩神社
また、もともと神社があった場所が、

天満橋の渡辺というところにありました。

 

そこに住んだ、源氏の源綱が、

神社を信奉して、

渡辺綱という名前に変えて、

渡辺性を名乗り始めたたのだそうです。

 

そこから全国に広がったので、

渡辺さんの聖地とされています。

 
鳥居が珍しい形の三ツ鳥居です。

坐摩神社 三ツ鳥居
これは日本最古の神社のひとつ、

奈良県の大神神社と同じです。
坐摩神社も歴史のある相当な古社

になるんですよね。

 

坐摩神社 御朱印

坐摩神社では、御朱印帳があります。

神社のシンボルの鷺が飛び立っている

デザインになりますね。

 

社務所にて、一冊1200円で販売されています。

コメントを残す