滋賀県の桜の名所や混雑回避の穴場とライトアップ情報

滋賀県の桜の名所は、海津大崎や彦根城、琵琶湖疏水やら、三井寺などなどたくさんありますね。

琵琶湖の辺りの桜や、彦根城の桜はかなり有名で桜の見頃にはものすごく混雑します。

のんびり優雅に桜を見たい方にとってはせっかくの名所ではありますが、つらいものでもありますね。

滋賀で桜を見るならオススメの名所と、ゆっくり見たい方におすすめの穴場、そして夜桜を見たい方にはライトアップの情報をまとめてみました。

滋賀の桜の名所

最も有名なのは、彦根城や海津大崎でしょうかね。滋賀県と言っても広いですので、エリアごとにまとめてみました。

湖南エリア

湖南エリアは、大津や草津など京都にも近いので、遠くから観光できた場合にもオススメの場所になります。

駅からも徒歩圏内にあるので、観光としても申し分ありません。

三井寺と琵琶湖疏水

三井寺は駅からも近くて、アクセス抜群です。約1000本のソメイヨシノ&ヤマザクラが境内を薄ピンクにそめる光景は圧巻です。

4月中旬くらいまでが見頃になりますので、京都市内でちょっと見頃を過ぎた頃でもまだ満開であることが多いので時期がずれてもおすすめです。

三井寺に行く途中に寄りたいのが、琵琶湖疏水の両岸に植えられたソメイヨシノです。

疎水にかかる石橋からの光景は雰囲気たっぷりでおすすめです。琵琶湖疏水のライトアップもあって夜でもたのしめます。

石山寺

紫式部と源氏物語ゆかりのお寺、石山寺の桜も見事です。約1000本(カンヒザクラ、ヒガンザクラ、ヤマザクラ、ソメイヨシノ、シダレザクラ)の桜があるのですが、種類が豊富なので見頃も長くておすすめです。

例年の見頃は、3月下旬~4月中旬までになります。近くの瀬田川の辺りにある桜も綺麗ですので、散策にもいいかも知れません。

膳所城跡公園

ここは地元民なら誰でも知っていますが、すこし知名度としては低いので穴場と言えば穴場になります。

夜にはぼんぼりに明かりが灯されて雰囲気たっぷりです。城跡のお堀と桜のコントラストはとてもきれいです。

湖西エリア

湖西エリアは、琵琶湖の自然などを楽しめるエリアになります。

延暦寺・比叡山ドライブウェイ・奥比叡ドライブウェイの桜

世界遺産でもある延暦寺の境内や、延暦寺までの道すがらにある比叡山ドライブウェイや奥比叡ドライブウェイの桜は春のドライブコースにぴったりになります。

多くがヤエザクラになるのと、標高が高いので、見頃も遅く、ヤエザクラなら、5月のゴールデンウィークまで見られることもあります。

ソメイヨシノでも、4月の中旬からが見頃なので、京都の平地の桜のピークが過ぎた頃に見ることができるのもおすすめのポイントになります。

つまり、春の京都の混雑を少し避けたうえで桜も楽しめるので観光の計画も立てやすいですね。

びわ湖バレイ山麓駅周辺

びわ湖バレイのゴンドラの山麓駅周辺に植えられたソメイヨシノと琵琶湖の眺望が抜群のエリアになります。

見頃になるとたくさんの人で賑わいます。桜を見たあとで日本一の速さを誇るゴンドラで一気に蓬莱山の山頂までいって、ハイキングやジップライン、アスレチックなどを楽しむことも出来ます。

こちらも、山腹にあるので、見頃は4月上旬~4月中旬と平地より少し遅いので桜も見逃した方もここにくれば間に合います。

湖北エリア

湖北エリアは、京阪神からは少し距離がありますがその分綺麗な自然を楽しむことが出来ます。

海津大崎

琵琶湖八景「暁霧・海津大崎の岩礁」としても有名な景勝地です。桜の季節に湖面とのコントラストが綺麗で、滋賀県でも有数の桜の名所になりました。

4キロほどの湖面に面して800本のソメイヨシノが並木上に並んでいて、中には樹齢50年をこすものもありあす。

うまく行けば、菜の花とのコラボレーションを見ることが出来ます。

東側からいくと、遊歩道も整備されていて、琵琶湖の碧い水面と桜の薄ピンクのまさにインスタ映えする写真が取れます。

見頃は、4月の10日前後との予想がされていますがその前の土日は道が大渋滞する可能性(交通規制で一方通行になります)もあるので、注意が必要です。

奥琵琶湖パークウェイ

全長18kmほどのドライブウェイに約3000本の桜が植えられており、見頃には多くのハイキング客で賑わいます。

海津大崎にも近いので、両方見ることも可能です。交通規制があるので、その分注意が必要です。

見頃は、4月中旬から下旬になります。

長浜城の豊公園

長浜城の天守閣からみる桜は格別で、店主を囲むようにしてソメイヨシノが咲き誇る姿は「さくら名所100選」にも選ばれています。

日没後はライトアップやぼんぼりの明かりが灯されて雰囲気もいいのでおすすめです。

電車でも駅が近いので行きやすく、ご当地グルメも多いので観光にも最適です。

湖東エリア

湖東エリアは、平野部が多くて広いのですが、歴史的建造物なども多くて観光がてらお花見をするのもいいかも知れません。

彦根城

有名過ぎる場所ですが、桜も綺麗に咲き誇ります。国宝の天守閣には登ることが出来ますので、天守閣から眺める風景もおすすめのポイントです。

夜には綺麗にライトアップされますので、夜桜のスポットとしても有名です。

見頃は、4月上旬になります。平野部にあるので京阪神とそこまで変わりません。

湖東三山

紅葉が有名な湖東三山ですが、金剛輪寺は、ヤマザクラが境内に咲きますし、西明寺は、樹齢200年以上の枝垂れ桜が有名です。

桜を見に行くというよりは、お寺そのものの雰囲気を楽しむことが出来ます。

八幡公園

近江商人の里でもある近江八幡の八幡公園は、市民のお花見スポットになります。200本ほどのソメイヨシノが公園に植えられていますので、のんびり見ることができます。

水郷めぐりなどや近江商人の古民家などを見るついでによるのがオススメかと思います。

滋賀の桜の穴場スポット

エリアごとに名所を紹介しましたが、有名なところは大変混雑しますので、ゆっくり桜を楽しめない可能性もあります。

ゆっくり見たい、のんびりお花見をしたいという方には、穴場スポットもあります。

鮎川千本桜

ここは近年有名になってきて、穴場スポットとは言えなくなってきているかもしれませんが、鈴鹿山脈の麓の民家も少ない地域にあるソメイヨシノの並木は想像以上に綺麗です。

2018年4月14日・15日(日程予定) さくらまつりが行われるなど賑わいますし、日没後にライトアップされるとまた違った魅力が放ちます。

うぐい川の土手に植えられたソメイヨシノが一斉に咲き誇る姿と奥に見える鈴鹿山脈はとても綺麗で見る価値があります。

電車では行きにくいのですが、新名神高速道路が開通して車ではアクセスしやすくなりました。

にごり池自然公園

こちらも湖南エリアになりますが、こちらはぼんぼりとライトアップがとても綺麗です。

湖南市(旧甲西町)のまさに市民の憩いの場ですが、たくさんのソメイヨシノがライトアップされてとても綺麗です。

人もそこまで多くはないので、ゆっくりと夜桜の見物をするにはもってこいです。

延命公園

八日市駅の線路を隔てた向かい側にある延命山を利用して作られた公園で、1000本のソメイヨシノが植えられていて、綺麗です。

市民の憩いの場ですが、夜にはぼんぼりが点灯されて、夜桜もゆっくりと見ることが出来ます。

近江鉄道に乗りながら

近江鉄道には、上記の延命公園の他にもたくさんの桜の穴場スポットがあります。

線路沿いに桜が植えられているところも多くて電車に乗りながら車窓を楽しむというのも一興です。

京セラ前から桜川駅の間は特に駅名に桜が含まれているということもあって綺麗な桜並木を見ることが出来ます。

他にも彦根に近い高宮駅などもソメイヨシノがきれいに咲きますので、沿線まで足を伸ばして見るんもいいかも知れません。

乗り放題券などもあるので、1日かけてゆっくりと回るのもオススメですね。

まとめ

有名なところから、穴場スポットまで、桜の名所を紹介しましたが、観光がてらゆっくりと見ることが出来る場所も多いので、4月になったらお出かけしてみるのもいいかも知れません。

滋賀は食べ物も美味しいので、近江牛や近江ちゃんぽん、鯖そうめんや、サラダパン、鮒寿司など変わったものも多いので挑戦してみてもいいかも知れません。

コメントを残す