大神神社の初詣 三輪明神さん

miwataisyatori

奈良県の桜井市にある三輪明神大神神社。

日本最古の神社の一つと言われています。関西の初詣では人気の神社ですが、京都の伏見稲荷、大阪の住吉大社などなどよりちょっとマイナーな感じでもありますね。

ただこの神社はかなりのパワースポットでもあり、私は毎年こちらの神社に初詣に出かけています。

三輪明神大神神社

miwataisyahaiden

三輪さんと言って地元では親しまれています。大和の国の一之宮でもありますので、初詣はかなり混雑しますね。こちらには、大物主大神(おおものぬしのおおかみ)が祀られているとのことです。

出雲の大国主神が大物主大神を三輪山に祀ったのが始まりとされており、神話の中にも出てきます。拝殿のみで、本殿はなく、三輪山そのものが御神体という原始の神社の姿を留めていることからも日本最古神社のひとつとされています。

拝殿の奥には、珍しい三輪鳥居があり、そこが本殿の入り口とされています。

 

大神神社の初詣の混雑状況

毎年初詣に行っていますが、三が日は大変混み合いますね。特にお昼からは、大神神社の大鳥居の前の国道169号線が激混みです。天理I.Cから南下するのですが、桜井市に入ったあたりから車が全く進まなくなります。

例年50万人ほどの方が訪れるそうです。JR線が通っているのですが、単線ローカルなので、本数も少なく来るまで来られる方が大半です。

3が日に大神神社に参拝に行くなら、午前中、早朝に行くのがおすすめです。流石に朝早いと道路もそこまで混んでいないので、おすすめですね。

 

大神神社の駐車場

来るまで来られる方が多いので、近くの桜井体育館が駐車場になっています。駐車料は無料ですので、助かります。体育館から、大鳥居の前までは、徒歩5分くらいでしょうか。

朝早く行くと、大鳥居の目の前に止められるので徒歩1分で大鳥居にはたどり着けますね。

大鳥居をくぐって参道をさらに登ると沢山臨時有料駐車場があります。こちらも朝早いと比較的空いていますね。料金は拝殿に近ければ近いほど高くなり1000円のところが最高値ですかね。

大神神社のアクセス

車で行く場合は、西名阪自動車道の天理I.Cで下りて、直ぐを右折します。そして、国道169号線をひたすら南下します。天理市から桜井市に入ってしばらくすると前方に大鳥居が見えてきます。

大鳥居の手前の右手に芝運動公園があるのでそこが無料駐車場です。三輪参道入口の交差点で左折すると有料駐車場がたくさんあります。お昼からは満車率が高いので注意です。

電車で行く場合は、JR桜井線の三輪駅が最寄りです。三輪駅を下りて線路沿いを奈良方面に歩くとすぐに参道にたどり着けます。

大神神社のパワースポット

miwatqaisyayurai

スピリチュアルブームを起こした江原啓之さんが、日本でも5本の指に入るくらいのパワースポットだと言われたということですね。御神体が三輪山そのものということで、三輪山がものすごいパワーを持っているそうです。

昔は、完全に立入禁止でしたが、今は、摂社の狭井神社で登録をして登山口から三輪山に登ることができます。撮影禁止、飲食禁止(水分補給要は除く)、16時までに下山報告をすることなど厳しいルールがあります。

かなり険しい道だそうで、舐めていると怪我をするのでご注意を。三輪山に入った人からは、いろいろと不思議な現象が起きたりするらしいです。ただ、山の中で起きた出来事も他言無用なので、何が起きるのかはわかりません。

また、拝殿の前のスペースもかなりのパワーがあるとのこと。三輪山にまでは入らない方も拝殿前で、しっかりパワーをもらっておくといいかもしれませんね。

コメントを残す