秋葉原駅の情報

秋葉原駅

秋葉原駅は、日本一の電気街があることで有名ですね。さらに、2000年台に入ってからは特にアニメやアイドルなどなどのヲタクの聖地としても有名です。

昨日ひょんなことから秋葉原駅に行ったのですが、すごい賑わいでした。アニメやアイドルだではなく、サブカルチャーの聖地となっているのかもしれません。また、外国からの観光客もたくさん訪れる観光名所としても有名です。日本国内からもアキバのメイドカフェや電気屋さんに来る方も多いですね。

秋葉原駅 電気街口

秋葉原駅は、山手線の駅で、東京駅から池袋方面に2駅です。東京駅から近いことも観光名所として栄えている理由かもしれません。そして、総武線(各駅停車)が垂直に交差しているので、駅の中が立体的になっていて、初めて行く人にはちょっと戸惑う部分があるかもしれません。

いわゆる、電気街に行くには、電気街口で出ないといけないのですが、山手線で下りた場合は、エスカレーターで階下に下りないといけません。逆に階上にあがると総武線の乗り換えになりますので、出口からは遠くなります。

秋葉原駅の出口は、3つあります。電気街口と中央出口と昭和通り口です。出口は基本的に1階にあるのですが、昭和通り口には、一度2階の通路を経由しないと電気街口、中央出口からは行くことが出来ません。しかも、山手線のホームからですと、3Fの総武線のホームを経由するか、1Fに一旦下りてから、2Fに上がってまた1Fに降りるかしないといけないです。

秋葉原駅で迷うのはちょっと複雑な立体構造を理解できないからかなっておもいますが、とりあえずは、1階へむかって降りる形になります。で、電気街口があればそれでいいですし、万が一昭和通り口の方に出ていたら、もう一度2階に上がって、通路を渡って、逆側で1階に降りれば電気街口に迎えるかと思います。

秋葉原駅 コインロッカー

秋葉原駅には沢山のコインロッカーがあります。おすすめは、2階通路にあるスイカが使えるコインロッカーですね。東京に遊びに来て、キャリケースを持って秋葉原の街を移動するのは結構大変なので、観光なら、秋葉原駅に荷物をおいておくほうが良いですね。

大きなキャリケースでもはいるコインロッカーが多いので、便利ですし、なによりスイカやパスモだけじゃなくって、各地域のICカードが使えます。イコカやキタカ、トイカにスゴカなどなど交通系のICカードが鍵の代わりになるので、鍵を無くす心配がないのがうれしいですね。

鍵の代わりに明細が出てきますが、それでもこれをなくしてもコインロッカーの場所さえ分かっていたら、後はICカードでぴってするだけで出来ます。

駅の中層階は空いているので、おすすめです。

秋葉原駅周辺の見どころ

秋葉原駅の周辺の見どころは、どこでしょうか?

AKB48CafeShop

駅の高架下にあるのは、AKB48のカフェショップです。AKB48ファンやアイドルファンの交流の場になっているそうですし、メンバーのオリジナルのメニューなどがあったり、グッズの販売があったりと、秋葉原を拠点として、地下アイドル的な立ち位置から、一気に全国的な国民的アイドルと呼ばれるまでになったので、それにあやかってみるのも良いかもしれません。

AKB48のカフェショップは、昼間も夜も目立つので待ち合わせにはぴったりだと思います。

また他にも電気街口出て向かい側にある大きなビルがUDXです。そして、道を挟んで、向かいが、ドン・キホーテやアニメイトがあります。中央通り側にいくと電気街の中心で、いっぱいの電気屋さんや、メイドカフェなどが立ち並ぶ大きな通りで、秋葉原に来たなという実感がわく街並みです。

秋葉原駅の周辺は、グルメもたくさんあります。美味しい店があるのでいろいろ食べ歩くのもひとつですし、味を度外視してみるなら、メイドカフェでも良いかもしれません。

theアキバって感じを味わうことが出来ます。

http://katslog.net/gourmet/toritsunekanda.html

コメントを残す