南禅寺の紅葉の見ごろとライトアップ情報と紅葉巡りコース

京都の人気紅葉スポットの南禅寺は、例年すごい人で混雑します。2017年の見頃の時期や、ライトアップ情報の情報を調べてみました。広い境内を効率よく回って楽しみたいですね。

南禅寺の紅葉の見ごろの時期

南禅寺は、京都の東山にあります。東山は南禅寺の他にもたくさんの紅葉の名所があります。清水寺や高台寺、永観堂などなどたくさんの見どころが多いのです。

その中でも南禅寺は、たくさんの紅葉ときれいな庭園が多く、広い境内のいたるところで、紅葉を見ることが出来ます。

さて、2017年の紅葉の見ごろの時期はいつごろでしょうか?

2017年のウェザーニュースの予想では、平年並みとのことで、11月中旬~12月上旬が見頃になります。

今年は、11月から12月の気温が低い予想なので、色づきも鮮やかになるとのことで、当たり年になるかもしれません。

南禅寺の紅葉の見どころをめぐるコース

南禅寺は境内がひろく、紅葉の見どころが多いのが特徴です。

有名な三門、JRのキャンペーン「そうだ、京都へ行こう」に使われていた天授庵の庭園、水路閣、京都の三庭園と言われている南禅院庭園、方丈庭園などなどたくさんあります。

混雑している中で、効率よく回るには、コース取りが大事になります。

南禅寺入り口

入り口からすでに紅葉がたくさんあるので、ずっと見てしまいがちです。11月末の土日や祝日は境内は無料で入れるので大変混雑しています。

南禅寺のいいところは、境内のあちこちに見どころがありますのでどこでも紅葉を見ることが出来ます。

見頃に行くとイチョウの黄色と紅葉がきれいに色づいていてとても綺麗です。

南禅寺三門

南禅寺の三門は、日本三大門の1つに認定されています。高さが22mもあり、上層の五風楼からの眺めは、歌舞伎の演目「楼門五三桐」で石川五右衛門が「絶景かな、絶景かな」と見栄を切った場所としても有名です

紅葉の時期の眺めは、境内の紅葉が見下ろせますし、遠くには京都の街並みが見下ろせるまさに絶景スポットです。

三門に入るのには拝観料がかかりますが、絶景スポットなので必ず入りたい場所ではあります。

三門拝観料:楼上拝観 500円

三門の周りにはたくさんの紅葉が見られます。裏側にはイチョウの木があります。写真も取りやすいので、インスタ映えするフォトスポットにもなります。

方丈庭園

方丈庭園は、南禅寺の本坊の後ろにある大方丈と小方丈の継ぎ目の場所にあり、大方丈の前面に広がる枯山水方式の庭園です。

枯山水と、紅葉のコラボレーションがなかなか他では見られない風景になります。

親の虎が子供の虎をつれて川を渡るさまを表したとされていて、「虎の子渡しの庭園」といわれています。

虎に見立てた岩の対角線から写真を撮ると、大日山の借景もフレームに入れることが出来るのでいい写真が撮れると思います。

方丈に入るには、拝観料500円かかります。

南禅院の庭園

南禅院の庭園は、京都の三大名勝庭園に挙げられているほど、いい場所になります。

池に藻が浮かび、奥に紅葉がある風景は納得の絶景です。日本庭園と紅葉のコラボレーションは鉄板です。

拝観料が300円かかりますが、十分に値打ちがあります。紅葉のシーズンでも他の場所と比べると混雑もすくない穴場スポットでもあります。

水路閣

南禅寺を代表する有名スポットです。よくドラマの撮影もある場所で、だれもが知っている場所です。

やはりここには行っておきたいのですが、秋に行くときには、お昼からのほうがレンガが映えて綺麗だと思います。

写真を取るにも昼からのほうが撮影しやすいです。

レトロな洋風のレンガ造りの建造物は、琵琶湖疏水が流れています。禅寺の境内にある西洋風建造物というのは、珍しい風景ですね。

ぜひ真っ赤に彩られたカエデの木と一緒に写真を。

天授庵の庭園とライトアップ

こちらが、JR東海のキャンペーン「そうだ、京都へ行こう」でポスターにもなったことがある、枯山水方式の方丈東庭があります。

枯山水の白砂と、紅葉と常緑樹の緑がきれいなコントラストを描き出します。昼はその鮮やかな色彩を楽しめます。

天授庵にはもう一つ庭園があります。

書院南庭で、南北朝時代の作庭と伝わる池泉回遊式の日本庭園です。こちらは、歩きながら庭園を見ることが出来ます。

方丈東庭とはまた違った良さがあります。

天授庵昼間拝観料:400円

そして、この天授庵は、夜の特別拝観ということで、ライトアップを行っています。

昼間の拝観では入れない場所にも夜の特別拝観では入れるなど、昼と夜で違った楽しみがあります。

天授庵の夜の特別拝観
期間:11月15日~30日
時間:17:30~21:00
拝観料:500円

南禅寺へのアクセス

南禅寺へは、地下鉄東西線の蹴上駅が便利です。蹴上駅から徒歩10分です。

車なら、京都東インターより三条方面へ約6km。駐車場(2時間まで1000円)はありますが、台数が少ないので、近くのコインパーキングの法が良いかもしれません。

南禅寺を含むおすすめ散策コース

南禅寺の周辺には、他にも紅葉の名所がたくさんあります。

特に近いのは、「紅葉の永観堂」として有名な永観堂と、山県有朋の別邸として有名な無鄰菴(むりんあん)です。

蹴上駅から徒歩で、南禅寺をめぐり、その後に北上して永観堂へ行きます。南禅寺から永観堂は、徒歩10分で行くことが出来ます。

永観堂から無鄰菴までは、徒歩13分です。その途中で、南禅寺順正で湯葉や湯豆腐を食べても良いかもしれません。

無鄰菴から更に南下して、青蓮院の庭園のライトアップを楽しむのも1つです。

無鄰菴からは、徒歩10分ほどで青蓮院に到着します。

コメントを残す