メタセコイア並木の紅葉2017年の見頃予測

滋賀県のマキノ町にあるメタセコイア並木は、全長2.4kmにある道路の両サイドにメタセコイア並木が等間隔に植えられているスポットです。

新日本の街路樹100選にも選ばれている絶景が、秋になると綺麗に紅葉して、更に素晴らしい景観になります。

このメタセコイア並木の見頃の予測や周辺の情報などを調べてみました。

メタセコイア並木紅葉の見頃

メタセコイアの木々が色づきが始まるのが、例年ですと11月に入ってからになります。

ここ数年は、12月の初旬が最も色鮮やかで見頃になりますので2017年も同じように鳴門予想されています。

メタセコイア並木とは、もともと韓流ドラマの火付け役であった「冬のソナタ」に出てくる並木に雰囲気がそっくりと話題になり、一躍観光スポットとして有名になりました。

この並木は1981年に、マキノ栗園(マキノピックランド)の防風林として植えられてたのが始まりです。

後にのこり400メートルの道路にも並木を追加して植えられて、現在の景観になっています。

2000年代になって、冬のソナタが流行りそのドラマに出て来る並木にそっくりということで人気が出てきました。

その後、直線道路に等間隔に植えられてたメタセコイアの景観が、新日本の街路樹に選ばれて、四季の風景が広く知られることになりました。

四季折々の風景も綺麗で、紅葉の季節以外も、多くの観光客で賑わっています。

春は新芽が芽吹いて綺麗な黄緑色の小さな葉がでてきます。それが、5月頃にはすっかり深緑のきれいな色になり、迫力が出てきます。

秋は、鮮やかな赤色に色づいたメタセコイア並木が現れて、冬に雪が降ると白銀の綺麗なメタセコイア並木をみることが出来ます。

メタセコイア並木周辺の駐車場情報とアクセス

メタセコイア並木は、車で通り抜けるのもいいですし、車を停めて散策するのも楽しいです。

メタセコイア並木周辺の駐車場は、マキノピックランドの駐車場を利用することが出来ます。

 

収容車数は、普通車 155 台、大型車 10 台で水曜日が定休日です。

メタセコイア並木へのアクセス

車でのアクセス

京阪神方面からは、名神高速道路 京都東IC より約90分
京都東IC~国道161号~県道287号
中部東海方面からは、北陸自動車道 木之本IC より約30分
木之本IC~国道8号~303号~161号~県道287号
北陸方面からは、北陸自動車道 敦賀IC  より約40分
敦賀IC~国道8号~161号~県道287号

電車のアクセス

JR湖西線「マキノ駅」下車   高島市コミュニティバス マキノ高原線「マキノピックランド」 下車

メタセコイア並木の周辺の観光スポット

メタセコイア並木の周辺の観光スポットを紹介しておきます。

白鬚神社

近江の厳島神社と言われており、滋賀県屈指のパワースポットです。湖上に大鳥居があり、その姿は、まさに絶景です。

豊臣秀吉が手厚く祀ったということや、本殿の奥には無数の古墳群があったり、その1つが、そのまま岩戸社として祀られていたりと、近年パワースポットとして注目されています。

竹生島

今津港から琵琶湖クルーズをして、竹生島に上陸。こちらも屈指のパワースポットと言われており、御利益があるかも。

マキノ高原

メタセコイア並木を突っ切ったらマキノ高原(冬はスキー場)があります。グランドゴルフや、温泉があるので、疲れを癒やすのも良いかもしれません。

 

コメントを残す