みなとこうべ海上花火大会の混雑状況は?

神戸の夏の風物詩、みなとこうべ海上花火大会が2017年も開催が決まりました。港町神戸のロケーションを活かして、水上スターマインや仕掛け花火が特徴です。

2017年は従来の1万発から1万5000発に増やして更なるパワーアップ。海から山から色んな場所から楽しめるのが大きな魅力です。

みなとこうべ海上花火大会の日程や混雑状況

2017年の第47回みなとこうべ海上花火大会の日程は、8/5(土)19:30~20:30で開催予定です。大阪の淀川花火大会と同じ日程です。

ここ10年でどんどん大規模な花火大会に進化したみなとこうべ海上花火大会ですが、今年更に5000発も増やして更にパワーアップしてます。

みなとこうべ海上花火大会は沢山の観覧スポットがあるのですが、混雑状況はどうなるのでしょうか?

まず観覧席ですが、有料観覧席は新港第2突堤の花火サポーター協賛席が前売り3100円で発売されます。

メイン会場が、新港沖になりますので、最もたくさんの人が集まるのが、新港第1突堤~第4突堤までです。

新港第2突堤は有料観覧席のみ、第3突堤は立入禁止区域になりますので、無料観覧の場合は、新港第1突堤と第4突堤に限られます。

第1突堤は、ホテルラ・スイート神戸オーシャンズガーデンより先は企業団体協賛席になっていますので、無料観覧席が少ないです。

屋台やたくさん出ますので、例年混雑します。16:30には現地に到着して場所取りをしておきたいです。

第4突堤は、もう少し混雑は遅めの時間になりますので、17時くらいならいい席がとれると思います。

いずれも屋台が近くに沢山出店しますので、のんびり海眺めながら、熱中症に注意しつつ屋台の味を楽しみながら待つのがおすすめです。

次におすすめの観覧エリアが、メリケンパークのメリケン波止場付近です。

こちらも打ち上げ場所に非常に近いので迫力のある花火を楽しめます。

最寄り駅が元町で、距離も近いので、混雑は避けられないです。早めに到着して、場所をとるのが必須です。

帰りもものすごく混雑しますので、モザイクなどで時間を潰すなどしてすぐの帰宅は諦めたほうが良さそうです。

モザイクガーデンの高浜岸壁も観覧スペースとしてはいい場所です。17時前には現地入りしておけば、入場規制が掛かる前になると思います。

ポートアイランドのしおさい公園北側エリアは、海を挟んで花火が見られます。ポートタワーや六甲山と花火のとの饗宴は、数多くのカメラマンが集まるスポットでもあります。

南北に細長い公園は北側から埋まりますが、南側は17:30分頃に言ってもまだ多少空きがあります。

問題は帰りですが、もともとポートライナーがそんなに大人数を運ぶための交通機関ではないので、駅への階段なども狭いため混雑が続きます。

22時ころまではのんびりしながら帰りを待つか、無料シャトル船でメリケンパークまで行くのがおすすめです。無料シャトル船はきれいな夜景を見つつ花火の余韻にひたれるので、おすすめです。

みなとこうべ海上花火大会の穴場の観覧場所

穴場というか他の場所とはちょっと違ったアングルで花火大会を見ることが出来ます。

それが、六甲山の中腹にあるビーナスブリッジや諏訪山公園の展望広場です。

こちらは神戸の夜景と一緒に山側から花火を見ることが出来ますのでいつもとは違ったアングルの花火大会になります。

駐車場もありますが、混雑するので、諏訪山公園まで歩いて行くことをおすすめします。ビーナスブリッジがいっぱいなら、諏訪山公園の金星台周辺からも見ることが出来ます。

みなとこうべ海上花火大会をホテルから見る

みなとこうべ海上花火大会が開催される8/5に合わせて花火が見られるホテルの部屋を予約するのも、ゴージャスな楽しみ方です。

ホテルラ・スイート神戸オーシャンズガーデンや神戸みなと温泉蓮やホテルオークラ、神戸メリケンパーク オリエンタルホテルなどが花火鑑賞宿泊プランを作っていると思われますので、早めに予約して起きたいですね。

 

コメントを残す