清水寺の紅葉 2017年の見ごろ時期と混雑状況やライトアップ情報

京都の紅葉の代表的名所といえば、清水寺がまず候補に上がると思います。超メジャーな紅葉スポットで、11月の紅葉のベストシーズンともなれば、たくさんの観光客で賑わいます。

そんな京都の代表的な紅葉スポットの清水寺の紅葉の見ごろはいつ頃でしょうか?また、混雑必至ですが、少しでも混雑回避ができないものか、穴場的な場所、息を呑むほどの美しさのライトアップの情報など、清水寺の2017年の紅葉について調べて見ました。

清水寺の2017年の紅葉の見ごろの時期

清水寺の紅葉の見ごろはは、例年11月下旬から12月の上旬になります。2017年の紅葉の見頃もほぼ同じくらいと予想されています。

今年は、10月、11月の気温が低いとの予想ですので、しっかり色づいた鮮やかな紅葉が見られるとの予測です

清水寺の境内には、1000本とも言われるヤマト紅葉があり、清水の舞台からは、燃えているかのような紅葉の海が見られます。(ただ現在は本堂の工事中ですので見られる景観は限られてしまいます)

また、三重塔は高さが31メートルもあり、塔の極彩色と紅葉が見事な組み合わせで見られます。他にも、仁王門や子安塔からの眺めも圧巻で、京都の紅葉を見に行くなら真っ先に見ておきたい名所になります。

清水寺の情報
紅葉の見頃時期:11月下旬~12月上旬(2017年は例年通りで色鮮やかな予報です)
拝観時間:6:00~18:00(夜間特別拝観時は17:30)
拝観料:400円
定休日:無休
ライトアップ:11月11日 ~12月3日(17:30 ~21:00 受付終了)
成就院庭園特別公開:11月18日~12月3日(9:00~16:00 受付終了、夜間公開 18:00~20:30 受付終了)

清水寺の紅葉の時期の混雑状況と回避策は?

清水寺は、京都を代表する紅葉スポットなので、11月中旬から11月末までは一年でもっとも混雑する時期になります。

清水の舞台に人がぎっしり溢れんばかりで、ものすごく混雑しますので、覚悟していく必要があります。

ライトアップが始まる11月11日以降、さらにいうと見頃のピークとなる11月20日以降はいつ行っても混雑しているのは間違いないです。

混雑を回避するにはどうしたら良いのでしょうか?昼間であれば、清水寺は朝の6時から開いているので、なるべく早く行くことですね。

朝6時は流石に混雑はしていないので、朝の済んだ空気を1杯に吸い込みながらゆったり清水寺の境内を見て回ることが出来ます。

遅くとも午前9時までには受付を済ませておくと比較的ゆったり見ることが出来ます。

清水寺を見て回った後は、産寧坂、二寧坂を経て高台寺や圓徳院、そして、さらにはねねの道を散策ながら、円山公園や知恩院、青蓮院門跡などの紅葉の名所を散策するコースがおすすめです。

1番混雑する清水寺を朝早くに回ることで、効率的に名所を回ることが出来ます。

つぎにライトアップの混雑を回避する方法ですが、17:30前後はものすごく混み合います。

前は一旦閉門していたのですが、現在は昼間からそのまま時間が来たらライトアップが始まるので、15時ごろから境内の中で待っておくという手もあります。

また、清水寺のライトアップは21時までの受付なので20時位にいくことで多少人が少なくなっているので、遅い時間が狙い目です。

清水寺の見所

秋の清水寺と見どころといえば、清水の舞台からみる紅葉の海と京都の街並みですが、実は現在国宝に指定されている本堂は檜皮葺を葺き替える工事中です。

素屋根にすっぽりと覆われていて、足場が組まれているために清水の舞台も非常に小さいものになってしまっていますので、京都の街並みがみられる大パノラマは見ることが出来ません。

ただ眼下の紅葉の海のような錦雲渓は見ることが出来るのでそれだけでも絶景なのは間違いないです。

今回の工事は、50年ぶりの平成の大改修と言われていて、平成32年の3月までの予定での工事ですのである意味この時期だけの姿を見ることが出来ます。

なかでも木組みの足場はある意味きれいな建造物とも言えるので一見の価値はあるとおもいます。

仁王門

清水寺の境内に入ってすぐにあるのが仁王門です。どんと構える迫力があり、一見の価値あります。

ライトアップされていますので、夜にはさらに荘厳で迫力がある姿を見ることが出来ます。

見る場所によっては、仁王門だけが丘の上に存在するような見え方もしますので、ぜひカメラポイントを探してみて下さい。

三重塔

高さ31mもある日本最大級の三重塔です。党の極彩色と瓦の色と、紅葉の鮮やかな色合いがこれぞ京都、これぞ日本の絶景です。

この三重塔と紅葉を見渡せるインスタ映え必至の絶景ポイントになります。

奥の院の仮参道

奥の院の付近からは、清水の舞台が一望できる他京都の街並みもしっかり見ることが出来ます。天気が良ければ、京都タワーなども見ることが出来る絶家スポットです。

ライトアップのときもおすすめです。

本堂(清水の舞台)

前述しましたが、工事中なので、清水の舞台は普段通りの迫力はありませんが、それでも今しか見ることが出来ない木組みの足場などを見ることが出来ます。

また眼下に広がる紅葉の海もしっかり見ることが出来きます。

錦雲渓

本堂を下から仰ぎ見る迫力のある足組を見ることが出来ます。ライトアップのときも紅葉と足場が綺麗に映し出されますので、おすすめのポイントです。

清水寺へのアクセス

住所:京都市東山区清水1丁目294
TEL: 075-551-1234
地図

交通アクセス
京都駅から:市バス206系統100系統で五条坂下車、徒歩10分
京都駅から:JR奈良線で東福寺で京阪に乗り換え清水五条駅下車徒歩25分
※京都はバスが便利ですが、渋滞で所要時間が増えることが多いので、11月中旬~11月中の10時以降は電車のほうが無難です。

コメントを残す