神田明神のアクセスと御朱印とお守り

神田明神に行ってきました。江戸の総鎮守で、江戸では最古の部類の神社です。もともとは、大黒さん、えべっさんを祀っている神社ですが、平将門も祀られています。平将門は、悲劇的な死で、史上最強の祟り神ともいわれているのですが、その将門を祀っているので、かなりの強力なパワーがあるとされています。

神田明神のパワースポットやご利益

 

神田明神は、正式名称を神田神社といいまして、江戸の総鎮守であり、元々は大手前の将門塚当りに鎮座していたそうですが、徳川家康が、江戸城を開いた際に、鬼門を守るとして、現在の場所に移ってきたそうです。

朝敵になってしまったために、神社では、三ノ宮扱いですが、強力なパワーで、必勝祈願や厄除けなどの守り神としての人気も高いです。また、大黒さんやえべっさんが祀られているので商売繁盛や縁結びとしても人気が高いです。

東京のパワースポットとしても名高い神田明神ですが、本殿の他にも回っておきたいところがあります。本殿の左手の奥に入ると沢山の摂社があります。

戊の日参りというのがあるのですね。住吉大社の初辰さん参りと同じようなものなのかもしれませんね。神田明神の本殿の外周をぐるっと取り囲む形でこれらの神社があります。

他にもパワースポットとして、力石や、大黒さんの巨像や獅子山などもおすすめです。パワースポットではないかもしれませんが、銭形平次の碑もあります。

ただ、一番は、東京大空襲でも燃えなかった(日本初の、鉄骨鉄筋コンクリート造・総朱漆塗だそうです)社殿です。じっくり参拝したいですね。

神田明神の御朱印と御朱印帳

神田明神では、休憩所の中で御朱印帳を購入することが出来ます。これは1000円のものです。神田祭のお神輿のキャラクターが書かれた物がありますが、これは今は売り切れていました。

また、ラブライブ!とコラボした御朱印帳もあります。こちらは、ラブライブ!関連が売っている売店で購入することが出来ます。

御朱印帳を購入したら、当然御朱印も押してもらいます。これは休憩所の本殿側におみくじや御札を買うところがありますのでそこでお願いしたら300円で書いてくれます。

「5分ほどお待ち下さい」と番号札を渡されます。境内をけんがくして戻ったら出来上がっていました。

神田祭の神輿のキャラクターのスタンプもありますね~。大きく神田神社と書いてくれているのが力強くていいですね。

神田明神へのアクセス

神田明神は、神田駅ではなく、御茶ノ水や秋葉原からが最寄り駅になります。

中央線・総武線 御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩5分
京浜東北線・山手線 秋葉原駅(電気街口)より徒歩7分
東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅(1番口)より徒歩5分
東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅(B1出入口)より徒歩5分
東京メトロ銀座線 末広町駅 より徒歩5分
東京メトロ日比谷線 秋葉原駅 より徒歩7分

車でのアクセスは、駐車場が若干あります。

首都高速都心環状線 神田橋出入口
首都高速1号上野線 上野出入口からアクセスして下さい。

神田明神のお守り

神田明神は、氏子に秋葉原があるので、IT情報安全祈願のお守りや徳川家康にちなんだお守りがあります。仕事のお守りというのもあったりするので、良いかもしれませんね。

神田明神が江戸の総鎮守で、日本の中心とも言える千代田区がなど東京でもかなりの重要エリアを氏子エリアに持つだけあってパワースポットとしても半端いないです。

縁結びの大黒さんが祀られているので、縁結びのお守りも色々とあります。

こち亀では、神田明神の神田祭が漫画の中で出てきたこともあって、こち亀コラボのお守りもありますね~。

神田祭は日本三大祭といわれているのですが、隔年開催なので、今年は神田祭がある年になります。5月にあるのですが、すでに、いろいろと境内でも盛り上がりつつあるそうです。

 

コメントを残す