弘前公園の紅葉の見ごろとライトアップの情報

青森の弘前城後に作られている弘前公園の紅葉は、青森を代表する紅葉の名所になります。

櫓や城門などは、重要文化財に指定されていて、趣のある古城の佇まいに、色づいたもみじや桜の葉が綺麗です。

この弘前公園の紅葉の見ごろは、いつぐらいでしょうか?調べてみました。

弘前公園の紅葉の見ごろ時期

弘前公園の紅葉の見頃は、10月中旬から11月上旬にかけてになります。

青森なので、紅葉の時期も早いのと、そして、色が綺麗に色付くのがとても綺麗です。

またライトアップされる、紅葉や堀の光景が、幻想的すぎて、魔界と言われて話題になったこともあるくらいです。

空の色と水をたたえたお堀の水面に真っ赤に色づいた楓と桜の葉が幻想的な雰囲気を作るのだそうです。ライトアップのライトの色も工夫されていて、それらが一体になった光景がまさに魔界ということなのでしょう。

弘前公園は、楓が1000本、桜が2600本植えられていて、それが一斉に赤く染まる姿は圧巻です。

また、紅葉の時期に合わせて、「弘前城菊と紅葉まつり」も開催されたり、ライトアップが始まります。

「弘前城菊と紅葉まつり」は、菊人形が飾られて、その背景画には、ねぷた祭りのねぷた絵で描かれるそうです。

「弘前城菊と紅葉まつり」詳細
日程:2017年10月20日(金)~11月12日(日)
会場:弘前公園(メイン会場:弘前城植物園)
時間:9:00~17:00(弘前城植物園の入園は16:30まで)
※紅葉特別ライトアップ:日没~21:00
入園料
【弘前城植物園】■個人:大人(高校生以上):¥310 小人(小・中学生):¥100
■団体 (※10名以上) 大人(高校生以上):¥250 小人(小・中学生):¥80
【共通入場料】(弘前城植物園/本丸・北の郭/藤田記念庭園)
■個人:大人(高校生以上):¥510 小人(小・中学生):¥160
■団体 (※10名以上) 大人(高校生以上):¥460 小人(小・中学生):¥130

会場内の喫茶コーナーでは、アップルパイの食べ比べなども出来るようになっていますし、動物ふれあいコーナーや、ちびっ子新幹線運行などで子供連れも楽しめるようになっています。

弘前公園の紅葉のライトアップ

「弘前城菊と紅葉まつり」の期間中は、楓と桜の紅葉のライトアップがあります。弘前城天守や櫓、城門の通常ライトアップと相まって幻想的な雰囲気を楽しめます。

期間は、2017年10月20日(金)~11月12日(日)で、ライトアップ時間は、日没から21:00までと、比較的遅めの時間までやっているので、ゆっくり見ることが出来ます。

おすすめの時間帯は、日没すぐの薄暮の時間帯から、少しの間です。

空が濃いブルーになり、それと紅葉の鮮やかな色がまさに魔界と言われるほどの幻想的な光景を作り出します。

弘前公園へのアクセスと駐車場

アクセス
電車:JR弘前駅から弘南バス藤代営業所行きに乗り約15分市役所前公園入口下車徒歩すぐ
車:東北自動車道大鰐弘前ICから約20分

駐車場は、周辺に多くあります。

弘前城公園駐車場と、文化センター駐車場が1番近いと思われます。他にも大手門駐車場や、弘前市役所の駐車場も広いので、沢山停めることが出来ます。

他にも安いコインパーキングが多くあるので、車で行っても困ることはないです。

コメントを残す