京都おすすめのお土産 聖護院生八ツ橋総本店の聖生八ツ橋を購入

京都のお土産は色々ありますが、主にお菓子が多いそうです。手軽に買って買えることが出来ますし、伝統の和菓子もあれば、京ばうむみたいにおしゃれな洋菓子(和テイスト入っていますが)も人気です。

そんな中で、京都の人気お土産の上位を変わらずキープするのが、八ツ橋です。八ツ橋でも近年は、生八ツ橋が人気なので、久しぶりに生八ツ橋を購入しました。

聖護院八ツ橋本舗の生八ツ橋 聖 を食べてみた

元祖の八ツ橋も美味しいですが、生八ツ橋は中身に色んなバリエーションがあるので、大好きです。お土産の売上でも、最近は、八ツ橋よりも生八ツ橋の方が売れているようです。

ショコラ味やイチゴ味など、和菓子の範疇を超えて色んなバリエーションがあります。

また、生八ツ橋の生地だけを使って、スイーツに仕立てたパフェなどを頂く八ツ橋カフェなるものも登場して人気を博しています。

生八ツ橋や八ツ橋は、京都のお土産の代名詞的存在ですが、発祥や由来などはどうなのでしょうか?

八ツ橋とは 生八ツ橋との違い

京都の伝統的銘菓の、八ツ橋は、焼き菓子で、原料は、米粉に砂糖とニッキ(シナモン)を混ぜて練った生地を焼いて作られます。

八ツ橋の形は、半円形の長細い形です。江戸時代の近世筝曲の開祖と言われた、八橋検校を偲んで作られたので、琴の形をしています。

もともとは、江戸時代の中期に聖護院の森の黒谷参道にて売られ始めたのが始まりとされています。聖護院八ツ橋総本店と本家西尾八ッ橋が発祥とされており、聖護院八ツ橋総本店は、現在も、聖護院の森の黒谷参道に本店を構えています。

また、生八ツ橋は、戦後に聖護院八ツ橋総本店が、祇園祭の前日に祇園一力亭で催される表千家のお茶会に、八ツ橋を焼く前の生地でつぶあんをまいた和菓子を出したのが始まりだそうです。

この時のお菓子を「聖」として、商品化したのが生八ツ橋の始まりで、三角形の形は、お坊さんの帽子をかたどっているそうです。

八ツ橋と生八ツ橋の違いは、大まかに言うと、米粉と砂糖とニッキの生地を蒸しただけのものが、生八ツ橋で、その記事を焼いて、鉄の棒で琴の形にしたものを八ツ橋と言います。

実際には、砂糖の種類や米粉の種類も、生八ツ橋と八ツ橋では違うようです。

生八ツ橋「聖」の感想

生八ツ橋の聖は、通常の生八ツ橋の皮(ニッキ味)に北海道産の小豆がつぶあんで入っています。

一口食べると、ニッキの香りが口に広がります。聖護院の生八ツ橋は、桂皮油を使っているので、皮(生地)色が白くて綺麗です。

生八ツ橋の皮がとてもモチモチで、つぶあんの甘みとニッキの香りがちょうどよい感じです。お茶持ってきて~って言いたくなる味です。

個人的には、ブラックコーヒーとも合うと思っています。こしあんが甘すぎずで、ちょうどいい感じです。

生八ツ橋の皮が、すごく伸びるので、綺麗にちぎれませんが、小豆にもこだわりがあるようで、すべて北海道産の小豆を自前で炊き上げているそうです。

生八ツ橋のおすすめ店舗

生八ツ橋は沢山の企業が作っています。聖護院八ツ橋本舗だけではなく、本家西尾八ッ橋や、おたべ、井筒八ツ橋本舗、夕子などが有名です。

東京では、生八ツ橋のことをおたべと言うそうで、商品名がそのまま代名詞になっているのですね。

お土産には日持ちするのがいいので、そういった意味では、保存料が入ってるお土産用の生八ツ橋が良いかもしれません。

それぞれに、味やニッキや米粉の配合が違うので、食べ比べてみても良いかもしれません。

 

コメントを残す