びわ湖大花火大会 2017年の日程や観覧席と穴場情報

びわ湖大花火大会は、滋賀県で最も大きな花火大会です。琵琶湖に映える大花火大会は毎年多くの人で賑わいます。

湖国の花火大会にふさわしく、水中スターマインや斜め打ち、湖上噴水との共演など見ていて飽きない、見ごたえたっぷりの花火大会です。

びわ湖大花火大会 2017年の情報

2017年のびわ湖大花火大会の日程と時間ですが、8/8(火)の19:30~20:30の予定です。小雨くらいなら決行しますが、荒天の場合は8/11(祝)に延期されます。

びわ湖大花火大会は、1984年の世界湖沼環境会議が大津市で開催されたことを記念してはじまりました。

もとは、地元の商店街や観光協会の主催の花火大会でしたが、大津市や滋賀県が主催に加わりより大規模になったために、びわ湖大花火大会と名称も大きくしたそうです。

特徴として、浜大津沖のびわこ花噴水と花火との共演や水中スターマインなど華やかな花火が多く、1時間の間に、約10000発も一気に上がりますので、見ごたえたっぷりです。

さらに琵琶湖の湖面に映える花火がとてもきれいなので、人気があります。

びわ湖大花火大会の観覧席の情報

2017年は有料観覧席が更に増えました!

びわ湖大花火大会の有料観覧席は27000席も用意されています。浜大津の大津港からは、噴水の目の前で、打ち上げ花火や水中スターマインも目の前に見ることが出来ますので、おすすめです。

大津港旅客ターミナルの大津港管理道路から、なぎさ通りに面した、修景緑地が有料観覧席スペースです。パイプ椅子が27000席も用意されます。眼前にド迫力の花火が上がります。花火の音で震えるくらいなので、一度有料観覧席で見るとリピート確実です。

チケットは前売り券が、チケットぴあやローソンチケットやセブンチケットなどで発売されています。

有料観覧席 前売り券 3900円
当日券  4400円
※3歳以上はすべて有料で同料金です。
エリア内すべて自由席なので、16時(一部17時)の開場すぐに入場していい席を撮ることをおすすめします。

他にも花火大会主催者以外の有料観覧席があります。

浜大津アーカスの有料観覧席は、浜大津アーカスの2階のボードウォーク(屋外)から見ることが出来ます。

浜大津アーカスの有料観覧席・・・1名4,000円 観覧席は立ち見です。

他にも例年通りなら、びわ湖大津館でも有料観覧席が出されると思います。

打ち上げ場所からは少しだけ離れますが、その分行き帰りの混雑からは開放されます。

びわ湖大花火大会の無料観覧エリア

無料観覧エリアは、びわ湖ホールエリアとにおの浜エリアに分かれます。平成29年からは、びわ湖ホールエリアは入場規制がかかることになりました。

10時から並び始めて、14時入場という真夏のこの時期では、かなりのキツイスケジュールになります。熱中症対策、虫対策、紫外線対策、雨対策万全にして行かれることをおすすめします。

におの浜エリアは、それに比べるとまだましですが、17時位には到着していい席を場所取りしておくと良いですね。

びわ湖ホールに近い方から埋まるので、花火の打ち上げ場所に近い、びわ湖ホール側に行くなら心持ち早めに。

におの浜へは、膳所駅で下りて徒歩が近いですが、大津駅からでも十分徒歩圏内です。帰りはどのみちどちらの駅も大混雑しますので、帰りの切符は早めに買っておいて下さいね。

びわ湖大花火大会の穴場情報

びわ湖大花火大会は、帰りの交通がものすごく混みます。京阪石山坂本線の浜大津駅は電車に乗るまでに2時間以上かかることもあります。

JR琵琶湖線はそれに比べると輸送能力があるので、多少緩和されますが、それでもかなりの混雑で、1時間位時間を潰してから帰るほうが無難です。

混雑を避けつつ、花火が見られる穴場的スポットはどこにあるでしょうか?

1つ目は、名神の大津サービスエリアの下り線のパノラマデッキです。

上り線だと見づらいですが、下り線はパノラマデッキがあるのでそこから見ることが出来ます。大津サービスエリアは、上下線どちらも行き来できる歩道橋があります。

今年から下り線のパノラマデッキと、上下線のサービスエリアをつなぐ歩道橋が封鎖されることになりましたので、大津サービスエリアから花火をみるのは結構難しくなってしまいました。

ただ、下り線であれば、レストランの窓際の席からは見えますが、長い間居座るのは難しいかもしれません。

また、上り線のレストランと駐車場の歩道辺りからは見ることが出来ます。

大津サービスエリアは、山の中腹にありますので、虫対策は必須です。

花火大会当日は駐車場がいっぱいになるので、15時くらいには着いておいたほうが良いですね。

ちなみに、大津ICからはサービスエリアに入れないので、京都東インター(上り)か、瀬田西インター(下り)が最寄りのインターチェンジになります。

次は、矢橋帰帆島公園の湖岸道路沿いにあるビュースポットがおすすめです。打ち上げ場所からは直線距離で、2キロほどありますが、遮るものが全く無いので、綺麗な花火が見られます。

車で行けるので、渋滞知らずですし、場所取りした後も快適に過ごすことが出来ます。

最後に、湖西方面から柳が崎湖畔公園です。ここは、有料観覧席も設けられることもあるくらいですので、意外と花火がよく見られます。

昔は、ボートレースびわこも無料開放されていましたが、現在は、団体専用の有料観覧席になってしまいました。

また、イオンモール草津からも花火がよく見えていたので、かなりの穴場的スポットでしたが、こちらも2016年から見ることができなくなっています。

最後に穴場のなかの穴場を紹介します。

大津市歴史博物館です。場所が小さいのと、花火鑑賞としては知られていないので、うまく行けば素晴らしいアングルの写真がとれるかもしれません。


ただ、場所が小さいので、すでにたくさん人が居たら、皇子山運動公園内のテニスコート付近へ行く場所を買えたほうが良いかもしれません。

コメントを残す