熱田神宮のご利益とパワースポット

昔から行ってみたかった神社の1つ、熱田神宮にちょっと時間が合ったので名古屋に出張に行ったついでに行ってきました。

時間がなかったので、じっくり参拝できなかったのと、仕事の合間だったので、御朱印帳を持っていけなかったのが残念ですが、東海地方屈指のパワースポットでもある熱田神宮に参拝してきました。

熱田神宮のご利益

熱田神宮は、草薙の剣を祀っていることで有名な愛知県名古屋市の神社になります。

草薙の剣とは、スサノオノミコトが、ヤマタノオロチを退治した時に、ヤマタノオロチの尻尾から出てきたそうです。

ヤマトタケルノミコトが、駿河国で火攻めにあったときに、この剣で草を刈り取って事なきを得たということから、草薙の剣という名前がついています。

ヤマトタケルノミコトが、草薙の剣を名古屋市に置いたまま亡くなったので、お妃の宮簀媛命(みやすひめのみこと)が熱田の地に草薙の剣を祀られたという御由緒が残っているそうです。

御祭神は熱田大神で、草薙の剣にやどっている天照大神のことです。

天照大神は、伊勢神宮の御祭神で、日本の氏神様と言ってもいいくらい、もっとも有名な神さまですよね。

ということで、伊勢神宮の次に格式が高いとされているのが熱田神宮です。基本的には何をお願いしても強力なパワーを頂けると思います。

ですが、御祭神が、ヤマトタケルノミコトだったり、スサノオノミコトだったりもしますし、織田信長が、桶狭間の戦いの前に参拝して必勝祈願をしたことからも、必勝祈願に訪れる方が多いようです。

また、境内の清水社には、楊貴妃の墓とされる場所もあり、そこでそのお墓に3度水をかけると美肌に良いとされています。

こういったことからも、必勝祈願と美人になれるようにと女の子の七五三参りも盛んです。

熱田神宮のパワースポット

熱田神宮の境内そのものが巨大なパワースポットになっているので、参拝するだけでも大きなパワーをもらえると思います。

その中でも特にパワースポットと言われている場所があるので、本宮にお参りした後に、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

清水社

本宮の裏手にこころの小径という昔は禁足地だった場所があります。そこに清水社があります。

ここは水を司る神様、ミズハノメの神が祀られています。そして、その北側の湧き水が、楊貴妃の墓とされている場所になります。

ここの湧き水は、お肌や目にいいとされていますが、水を手にとって触るくらいがいいと思います。

一之御前神社

熱田大神の荒魂を祀られています。昔は禁足地だったので、一般の人が参拝できなかった場所になります。

荒魂とは、神様の荒々しい側面を表しており、その逆が、和魂と言われています。

ということで、熱田大神の荒々しい神様ということで、さらに強いパワーを守られるのかもしれません。

大楠

手水舎のすこし北側(本宮側)に大きな楠があります。熱田神宮には、楠の大木がたくさんあるのですが、その中でもさらに大きな大木になります。

なんでも、空海が手植えした楠だとされており、樹齢は1000年をゆうに超えている巨木です。

ご神木になっており、その楠に手をかざすだけも、大きなパワーをもらえると言われています。

上知我麻神社

熱田神宮の正門すぐ横にある別宮にあります。昔から知恵の文殊様と言われており、命名・学業成就の信仰が伝わっています。

また、頭の病気や精神安定にも御利益があると言われております。

別宮八剣宮

御祭神は、本宮と同じです。織田信長や豊臣秀吉、徳川家康など、武家の信仰が厚いことでも有名です。

この別宮のある社域は、むかしからものすごいパワーが宿っているとされています。

熱田神宮に参拝される場合は、必ずよりたい別宮になります。

熱田神宮へのアクセス

熱田神宮は名古屋市の南部にありますが、電車でも車でもアクセスしやすい場所にあります。

電車のでアクセス
名古屋駅⇒名鉄名古屋本線神宮前駅徒歩3分
名古屋駅⇒JR熱田駅徒歩6分
名古屋駅⇒地下鉄神宮西駅徒歩5分

車でのアクセス
大阪方面から名神高速小牧IC⇒名古屋高速堀田出口
東京方面から東名高速豊田JCT⇒伊勢湾自動車道名古屋南IC⇒名古屋高速呼続IC
駐車場は、合計400台(年末年始や行事の時は使用禁止になることも)

今回は、別宮や摂社なども十分回れなかったのと、境内にあるきしめんが食べられる宮きしめん 神宮店にも行きたかったので、また時間がある時に訪れたいですね。

参道あるいているだけでも、沢山の巨木があって、マイナスイオンシャワーを浴びているような清々しい気持ちになれるので、流石に日本有数のパワースポットだけあると思います。

ゆっくり境内を周りたいですね。

コメントを残す