iPhone8の予約開始はいつから

iPhone8とiPhone8Plus、そして、iPhoneⅩの発表がありました。それに伴い各キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)やアップルショップからも予約日程の発表がありました。

最近iPhoneは、予約しないと発売日に手に入らないことが多いので、早く手に取りたい方は、予約しておくことをおすすします。

iPhone8/8PlusとiPhoneⅩの予約開始日と発売日

iPhone8/8PlusとiPhoneⅩの予約日と発売日も発表がありました。

iPhone8とiPhone8Plusの予約開始日は、9月15日(金)です。発売日は、9月22日(金)です。

アップルショップでは、発売日の9月22日は、午前8時から営業するようです。

iPhoneⅩは予約日開始日が、10月27日(金)で、発売日が11月3日(金)です。各キャリアのオンラインショップでも、予約の受付は同じ日程になります。

iPhone7の予約の時は、オンラインショップの予約でも発売日に受け取ることが出来ていましたが、予約開始日すぐに予約した場合だけです。

発売日に近づくと予約しても発売日に受け取ることが出来ない可能性があるので、もう購入を決めている方は、出来る限り早く予約するほうが良いと思われます。

iPhone8の価格とスペック

iPhone8とiPhone8Plusの価格ですが、iPhone8は、64GB:78,800円(税別)、256GB:95,800円(税別)となっています。

iPhone8Plusは、64G:89,800円(税別)、256GB:106,800円(税別)です。

スペックは、iPhone7シリーズと比較してみても大きく進化しています。

チップ

まずは、心臓部のチップですが、A11 Bionicチップとなり、64ビットの6コアで、2つのハイパフォーマンスコアと4つの高効率コアで構成されています。

iPhone7シリーズのチップA10よりも、ハイパフォーマンスコアは20%、高効率コアは70%もパフォーマンスが向上しているとのことです。

さらに、GPUも30%のスピードアップと1/2の省電力化に成功しています。

ARに対応するためのハイパフォーマンス化したチップと言えそうですね。iPhoneⅩでもおなじA11チップを搭載するので、iPhone7からの最大の進化となっています。

ボディとディスプレイ

ボディは、前面・背面ともガラスコーティングされています。裏面のガラスコーティングは、ワイヤレス充電に対応するためらしいですが、これによりデザインも質感も大きく向上しているとのことです。また、防水防塵性能も保持してます。

ディスプレイは、iPhone 8が4.7インチ、iPhone 8 Plusが5.5インチのRetinaHDディスプレイとなっています。サイズはiPhone7シリーズおなじになります。

ディスプレイの解像度は、iPhone8が、1,334 x 750ピクセル解像度、326ppiで、iPhone 8Plusが、1,920 x 1,080ピクセル解像度、401ppiで、こちらもiPhone7シリーズと同じです。

カメラ性能

外側のカメラは、iPhone8はシングルカメラ、iPhone8Plusは、デュアルカメラを搭載しています。最大60fpsの4Kビデオが撮れるということで、iPhone7シリーズと比べると倍のフレームレート(iPhone7シリーズは、30fps)を獲得しています。

iPhone8、8Plusともに、光学式の手ぶれ補正機能を持っています。

そして、iPhone8Plusは、光学式とデジタルズームを組み合わて10倍のズーム機能を獲得しています。

デュアルカメラなので、ポートレートモードやポートレートライティング(ベータ版)に対応しています。

iPhoneでも、ボケ感のある写真が撮れるようになるということですね。

内カメラは、1080p HDビデオ撮影、7MPの写真、Retina Flashと記載がありますが、これらは、iPhone7シリーズと同じです。

カラー

カラーは、iPhone8シリーズは、3色展開です。シルバーとスペースグレイ、ゴールドで、iPhone7シリーズの5色展開から減っていますね。

ゴールドは、これまでのゴールドとは色合いが違います。アップルの公式サイトを見ると、ピンクゴールドみたいな色合いですね。

iPhone8シリーズの通信業者

iPhone8シリーズは日本では、3台キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の通信業者を使用することが出来ます。

また、アップルショップではシムフリー版のiPhone8シリーズを購入することが出来ますので、対応した格安SIM(MVNO)でも使うことが出来ます。

アップルショップで購入して、同じく格安SIM業者に申込をしてSIMカードを送って貰う形にして、自分でセットアップします。

格安SIMのメリットは、サービス料金が格安なので、大手キャリアと比較して、2年間でトータルコストをおさえることが出来る点です。

もちろん、大手キャリアも対抗策を講じてきていますので、比較して見る必要があります。

格安SIMの比較などはこちらのサイトが詳しいです。

格安SIM人気5社を比較してるページ

大手キャリアの方も例えば、ソフトバンクは実質半額でiPhone8シリーズやiPhoneⅩを入手できるようなプランも打ち出してきていますね。

48回払いで、2年経ったら下取りを条件に残額を支払わなくても良いという車の購入によくあるような料金プランだそうです。

他のキャリアも対抗策出してくると思われますので、また出揃ったら比較してみたいと思います。

コメントを残す