アジア最終予選 日本vsUAEがまさかの敗戦!

今日、グループBの初戦。

ホームにUAEを迎えてでしたが、

まさかの敗戦でしたね。

 

 

PKとか、ゴールしてたのにとか、

日本に不利な感じの判定が多かったようです。

 

PKの判定は、微妙な判定になることも多いけど、

ゴールラインを割っているのにノーゴールって辛いですね。

アジア最終予選 メンバー

今日のUAE戦。

先発メンバー

GK:西川周作(浦和)

DF:森重真人(FC東京)、吉田麻也(サウサンプトン)、酒井宏樹(マルセイユ)、酒井高徳(ハンブルガーSV)

MF:長谷部誠(フランクフルト)、大島僚太(川崎)、香川真司(ドルトムント)、清武弘嗣(セビリア)、本田圭佑(ACミラン)

FW:岡崎慎司(レスター)

途中出場 FW宇佐美(MF清武) FW浅野(FW岡崎) MF原口 (MF大島)

得点 本田 ハリル2

 

ハリルジャパンが、相手のハリルにやられましたね。

UAEのエースでもありますので、彼に得点をさせたのが痛かった。

日本のディフェンスもファールで止めないといけないシーンが多く、

やはりUAEは、簡単ではない相手でした。

 

アウェイでもう一度対戦しないといけないので

しっかり対策して欲しいですね。

 

アジア最終予選 予想

アジア最終予選のグループBの今後の展開を予想してみました。

グループBはグループAに比べて強敵揃い。

 

UAEだけじゃなくて、オーストラリア、

サウジアラビア、イラクっていう、

アジアの伝統の強国がそろっています。

 

現時点での順位です。

1位 オーストラリア 勝点3 得失点差 +2

2位 UAE      勝点3 得失点差 +1

3位 サウジアラビア タイ (試合はまだです)

5位 日本      勝点0 得失点差 -1

6位 イラク     勝点0 得失点差 -2

 

後数時間で、サウジアラビアとタイの結果が出ますので、

そこで勢力図占えるとは思います。

 

昔は、タイは弱かったんですが、

今回2次予選でイラクを抑えて首位通過してますからね。

侮れないんですよね。

 

アジア最終予選の初戦に負けたチームは、

過去5大会とも予選敗退してるっていう

嫌なデータが有ります。

 

そんなのかんけーねー

ってことで頑張って欲しい。

 

最近のサウジアラビアは以前より弱いですが、

それでもアフリカ勢を思い起こさせるような身体能力はヤバイ。

今回の2次予選でもUAEより順位が上ですからね。

 

 

そして、最も強敵なのが、

オーストラリア。

 

初戦イラクに2-0で完勝。

アジアじゃないだろって思うんですがwww

まあ仕方がない。

勝負強さと身体能力はアジアではないですよん。

プレミアリーグで活躍する選手が多いので、あきらか、

アジアレベルの相手ではないのです。

 

2位までが、無条件でワールドカップ出場です。

3位になったら、グループAの3位とプレーオフ。

4位以下は敗退。

 

グループAの3位と5位決定戦で、勝っても、

北中米カリブ海の4位の国に勝たないと

ワールドカップに出れなくなります。

 

北中米カリブ海の4位ってどこになるのかな?

って言うことを心配しないといけない感じですね。

ちなみに北中米カリブ海だったら、

メキシコ・アメリカ・コスタリカが抜けそう。

ただ不気味なのがトリニダード・トバゴ。

4次予選は、アメリカより上位で突破してますから。

 

FIFAランキングでは80位ですが、不気味です。

ランキング通りなら、ホンジュラスが4位なのですが、

どうなるのでしょうか?

 

 

とまあ先のことを考えすぎても仕方がないので、

まずは、2位に入ることを目指す形ですね。

 

予想というか星勘定してみました。

 

オーストラリアとは、1勝1敗で勝点3

UAEとも1勝1敗で勝点3

サウジアラビアとは、1勝1分で勝点4

タイとは2勝で勝点6

イラクとは2勝で勝点6

合計勝点が、22となります。

 

前回の最終予選を見てみると、

実はもっと接戦になっています。

 

上位4チームの勝点は、

日本が17でトップ。

イランが16で2位

韓国14、オーストラリア13です。

 

勝点20以上っていうのは逆に難しそうです。

 

更にその前、2010年ワールドカップの最終予選。

トップのオーストラリアが勝点20です。

2位の韓国が16で、3位が日本で15

北朝鮮が12で得失点差で進出しました。

 

ということを考えると、

勝点的には、15あればなんとか予選突破ということでしょうか。

過去の開催をみても勝点15でアジア最終予選突破できなかったのは、

日韓ワールドカップでアジアの枠が2.5しかなかった時だけです。

 

なので、最低限勝点は15ですね。

なら楽勝かといえば、ソウでもないんですね。

 

アジア最終予選は1年間ありますし、

アウェイの洗礼が。。。

 

思わぬところで引き分けてしまったりします。

なので、勝点が伸びないんですね。

1998年以後の最終予選で勝点が20以上になったのは、

2010年W杯予選のオーストラリアの勝点20のみです。

 

ということを考えると、

さっきの星勘定は、取らぬ狸の皮算用かも。

 

もう少し悲観的になると、

 

オーストラリアとは、1勝1敗で勝点3

UAEとも1分1敗で勝点1

サウジアラビアとは、1勝1分で勝点4

タイとは1勝1分で勝点4

イラクとは2勝で勝点6

で、

合計勝点が、18となります。

これくらいならまだなんとかなるでしょうね。

この辺りが最終ラインかもですね。

 

オーストラリアに2敗しても勝点15なので、

それでも2位になれそうですが、

それは、オーストラリアとUAEが下位に

取りこぼす必要があります。

 

なので、やっぱり、安全ラインは、

18くらいですね。

 

次のタイ戦(アウェイ)では、

引き分けならまだ望みがつながりますが、

負けてしまうとかなり厳しいというか、

オーストラリアやUAEにはもう負けられなくなります。

 

やっぱり最終予選は、負けないチームが上位に来ますね。

 

 

 

アジア最終予選 放送

今後のロシアワールドカップアジア最終予選の予定ですが、

ロシアW杯アジア最終予選/日本代表スケジュール
9月6日(火) タイ×日本 21:15~テレビ朝日系
10月6日(木) 日本×イラク
10月11日(火) オーストラリア×日本
11月15日(火) 日本×サウジアラビア
2017年3月23日(木) UAE×日本
3月28日(火) 日本×タイ
6月13日(火) イラク×日本
8月31日(木) 日本×オーストラリア
9月5日(火) サウジアラビア×日本

と丸1年かかります。放送予定ですが、地上波はテレビ朝日系が独占。

次は、6日の21時15分から放送予定です。

 

初戦に負けたことで、絶対に負けられない戦いになりましたね。

フォルツァ日本!!!

コメントを残す