夏の高校野球選手権大会2017年の日程と甲子園チケット情報

高校野球の地方大会の予選も最終盤です。99回目を迎える夏の高校野球選手権大会もあと1週間ほどで開幕します。

2017年の夏の高校野球の日程とチケットの情報を調べてみました。

高校野球選手権大会の日程とチケット情報

高校野球の観戦の醍醐味は、一生懸命球児が躍動する姿と、負けたら終わりという儚さ、そして、何が起きるのかわからないスリル、ブラスバンドの応援などがあると思います。

阪神タイガースのプロ野球観戦とはまた違った雰囲気があるので一度観戦してみてはいかがでしょうか。

今年で99回目を迎える夏の高校野球の日程は、8月7日(月)に開会式を迎えます。まだ組み合わせは決まっていませんが、8月21日(月)までの2週間で行われます。

8月7日(月)~8月11日(金)第2試合まで  1回戦
8月11日(金)第3試合~8月15日(火)まで   2回戦
8月16日(水)~8月17日(木)まで      3回戦
8月18日(金)               準々決勝
8月19日(土)               休養日
8月20日(日)               準決勝
8月21日(月)                決勝

夏の高校野球選手権大会のチケット情報

高校野球の入場券は、当日券と前売り券があります。当日券の販売される割合が大きいのですが、前売り券も内野1塁側と3塁側があります。

当日券の種類と金額です。

球場の開門と同時に発売されます。発売場所は、阪神甲子園球場 入場券発売窓口です。中央特別自由席は銀傘の下にあって、暑さがしのぎやすいのと、全体を俯瞰して見ることができるのでおすすめです。

また、1塁側、3塁側の特別自由席はグランドに近い所でしたらかなり選手も近いので、臨場感があるのと、選手たちの気迫のこもった円陣の声などが聞こえてきます。

朝のうちは、3塁側のほうが直射日光が当たりにくく、夕方になると1塁側のほうが直射日光が当たりにくくなります。1日通して見る場合は、1塁側がおすすめです。

アルプス席は、応援団がたくさん来ますので、高校野球ならではの応援を一緒に楽しむことが出来ます。チャンスになるとブラスバンドがチャンステーマを演奏するので球場一体となった応援が楽しめます

強豪校のチャンステーマなどは、甲子園名物になっているほどです。特に天理高校は、オリジナルのチャンステーマ「天理ファンファーレ」を昔から採用していて、それが今では、他校のチャンステーマにもなっています。

また大阪桐蔭高校のブラスバンド(吹奏楽)は全国屈指の名門なので完成度の高い応援で、甲子園のファンも多いです。

他にも、沖縄の指笛、広島のしゃもじなど独自の地域性を出して応援する学校も多いので、あえてアルプス席に座る高校野球ファンも多いです。

外野席は、無料開放されているので、大会の序盤でしたら、のんびりと観戦する事もできます。中段あたりの席で全体を俯瞰して眺めるのが好きなコアな高校野球ファンも多いです。

ただし、注目の選手(今年は清宮選手が出ないのでそこまでフィーバーにはならないと思いますが)や、近畿圏の学校が出るときや準々決勝以降などは、入場制限がかかるので注意が必要です。

それぞれにそれぞれの良さがありますが、料金もかなり安いのでいろんな席で観戦して楽しむことも出来ます。

前売り券は、単日券と通し券があります。基本的には枚数が少ないのですぐに無くなります。

発売日は、準々決勝まで
7月14日(金)から試合前日の午後6時まで
準決勝、決勝
準決勝前日から試合前日の午後6時まで

となりますので、準決勝からは前日発売という形になります。

高校野球観戦に必要なもの

夏の高校野球は、日中はものすごく暑くなります。特に外野席やアルプス席は遮るものがないのでとても暑くなるので、暑さ対策は重要です。

また5回裏を終わった段階でグラウンド整備の時間があるので、その時間に、スタンド席裏側の通路に入って涼を取るなりして、熱中症予防には気を使う必要があります。

特に水分補給は大事ですが、ビールを飲む人は特に体から水分が抜けますので、時折水と塩分を補給する必要があります。

必要なものとしては、

・タオル(複数枚用意して、1つを濡らしておくと便利です)
・帽子
・水や麦茶(1本は凍らせておくといいです)
・塩飴などの塩分補給するもの
・日焼け止め
・うちわ

などがあれば日中の観戦でも大丈夫だと思います。第1試合から全部見るということならば、必要に応じて休憩を取るようにして下さい。

また日中は太陽の日差しもきついので偏光グラスなどがあれば見やすいと思います。

水分は、スポーツドリンクや、熱中症予防用の塩分が入っている飲料水などでもいいと思います。水分だけではなく、塩分も必要なので意識して取るといいと思います。

また、甲子園名物になっている、かち割り氷は、キンキンに冷えた氷が冷たくて水分補給にも、体を冷やす効果もあるので、熱い日中はおすすめです。

かち割り氷は、だいたいが、野太い声で男子学生のアルバイトの子が売ってます。

それと対象的に、ビールの売り子はフレッシュで元気の良い女の子が売っているので中々対比が面白いと思います。

食事もきちんと取りたい方は、甲子園カレーがおすすめです。なぜか甲子園で野球を見ながら食べるとすごく美味しいです。

別段変わったことがない普通のカレーなのですが、炎天下で食べると格別です。他にもたくさん売店がありますので、ご飯も食べながら観戦するのもいいと思います。

今年も熱戦が期待されますので、一度高校野球を見に行って元気をもらってくるのもいいかもしれません。

コメントを残す