確定申告の方法と書き方 サラリーマンで必要な人は?

1128929

サラリーマンであれば、今の季節は年末調整をしている方が多いと思います。ただその中にも確定申告が必要な人や、確定申告に行ったほうがいい人もいます。

確定申告とは

確定申告とは、前年の収入から経費などを引いた所得にかかる所得税を申告するものです。所得税の控除されるものを所得から更に引いて、底にかかる所得税を申告し納税します。

2月16日~3月15日の間に税務署に申告します。最近では、e-Taxで税務署に行かなくても確定申告ができるようになっています。

確定申告が必要な人はざっくりいうと、年収2000万以上のサラリーマンや2ヶ所以上から給与をもらっている方、外国企業からの退職金など源泉徴収されない収入がある方、その他の所得がある方(計算式で税金がかからない人もいます)です。

確定申告と年末調整の違い

SONY DSC

サラリーマンは、基本的には年末調整をします。年末の最終給与を持って年収が決まるので、生命保険料や住宅借入金など、所得税控除が受けられるものがある方は、源泉徴収していた所得税を調整するものです。

会社に扶養控除申告書や保険料控除申告書を提出して源泉徴収税の調整を会社にしてもらいます。年末調整をしていれば、通常の場合は、確定申告は必要がありません。

サラリーマンは、税金のことを詳しくしらなくても、会社に必要な書類を提出していれば税金を確定してくれる便利な制度です。

年末調整しても確定申告が必要な人とは?

年末調整では、調整できない控除があれば、確定申告が必要になります。その場合は、確定申告で、控除分を申告すれば税額を修正してくれます。

税金を多く払っていたら、返金してくれますし、逆の場合は直ちに支払いをしないといけません。税金が少ない場合は、早めに確定申告をして、支払っておきましょう。

年末調整したにもかかわらず、年末調整が必要な主なケースを書いておきます。

該当年の間に住宅をローンで購入した場合
初年度はまだ税務署から住宅借入金等控除申告書が送られていませんので、確定申告する必要があります。控除金額が多いので、忘れないようご注意下さい。

医療費(家族分も含みます)が10万円を超えている場合。
医療費も控除の対象になります。計算して、10万円を超えて、200万まで認められます。

雑所得が20万以上ある場合
給与の他に雑所得として20万円を超える場合は、申告が必要です。

年末調整をしたところ以外から給与を受け取っている場合。

他にも細かく別れているのですが、面倒がらずに、きちんと申告する必要があります。

確定申告の書き方 医療費控除の場合

医療費が10万円を超えた場合は、そこの超えた金額分の控除が発生します。入院したり、治療したり、家族の分まで申告できますので、領収書をこまめに取っておいて記録すると良いかもしれません。

申告の場合は、医療費の領収書といつどこの医療機関で、いくら支払ったのかを一覧表にまとめる必要があります。

その上で、医療費控除を受けられる金額を確定申告票に記入します。結構ややこしいのですが、国税庁のホームページにウェブ上で確定申告書が作れるコーナーが出来ますので、一問一答方式で、書類が作れます。

医療費の一覧表と領収書を添付する必要がありますので注意してくださいね。一覧表の書式は、国税庁のホームページでダウンロードができます。

エクセルなので、入力してくれるだけで計算してくれるのが便利です。

コメントを残す