年末調整 マイナンバー

h28fuyokoujyo

2016年の年末調整ですが、マイナンバーの取扱がややこしいです。昨年はマイナンバーを記載する必要がありましたが、今年はマイナンバーが記載不要な場合があります。また、マイナンバーのコピーの添付の仕方とか結構ややこしいです。

年末調整のマイナンバー

マイナンバー法が施行されて、年末調整の書類にもマイナンバーを記載することが決まりました。去年は、扶養控除等申告書や保険料控除申告書などすべての書類にマイナンバーの記載が必要でした。これはかなり手間ですし、マイナンバー提出時には本人確認とマイナンバー通知カードが行ったりと大変でした。fuyokazoku

年末調整 マイナンバー 記載不要

ということで、マイナンバーの記載が不要になりました。条件付きでマイナンバーの記載が不要になったり、書類によっては、マイナンバーを記載する欄自体がなくなりました。

マイナンバーの記載が不要になった書類は、
・配偶者特別控除申告書兼保険料控除申告書
・住宅借入金等特別控除申告書
です。これらの書類にはマイナンバーは記載扶養です。

また、扶養控除等申告書にも記載が不要になる場合があります。それは、すでにマイナンバーを記載した書類(昨年に提出した平成28年分扶養控除等申告書など)を今回の提出先に提出している場合は、記載が不要になります。

 平成29年1月1日以後に支払を受けるべき給与等について、給与等の支払者に対して次に掲げる申告
書の提出をする場合において、その支払者が、これらの申告書に記載すべき提出者本人、控除対象配偶者、
扶養親族等のマイナンバー(個人番号)その他の事項を記載した帳簿(注)を備えているときは、その提出
をする者は、当該申告書に、その帳簿に記載された者に係るマイナンバー(個人番号)の記載を要しない
こととされました。
① 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書
② 従たる給与についての扶養控除等(異動)申告書
③ 退職所得の受給に関する申告書
④ 公的年金等の受給者の扶養親族等申告書
(注) 上記①から④の申告書の提出前に、これらの申告書の提出を受けて作成された帳簿に限ります。

国税庁のホームページに記載があります。会社の担当の方に確認したら教えてくれると思います。今回始めて扶養控除等申告書を提出する場合は、マイナンバーの記載が必要になりますが、基本は入社した時に提出しているはずなので、ほとんどの方が不要になると思います。

年末調整 マイナンバー 記入

年末調整で、マイナンバーの記入が必要な場合は平成28年分の扶養控除等申告書の提出をしないといけないときです。その場合は以前にマイナンバー記載した扶養控除等申告書を提出していても、マイナンバーを記入する必要があります。

28年中に変更がある場合になると思います。子どもが生まれたり、結婚したり、妻を扶養に入れたり、そういった場合には、マイナンバーを記入した扶養控除等申告書を提出する必要があります。

コメントを残す