確定申告とは

413931

サラリーマンであれば、今の季節は年末調整をしている方が多いと思います。ですが、確定申告が必要な方も居ますので、確定申告の方法や書き方などを紹介しておきたいと思います。

確定申告とは

そもそも確定申告とは、1年間の収入から経費や控除を引いたものを年間の所得として確定して、所得税を申告し納付するものです。

所得税を納付する場合と、すでに源泉徴収で支払っている場合で、新たに控除や経費を計上して払いすぎている税金を還付して貰う場合とあります。サラリーマンの場合はほとんどが、還付申請という意味合いがあると思います。

逆にせっかく還付してもらえるのに申告をしないと税金を多く払いすぎている状態のままになってしまいます。確定申告しないと帰ってこないので所得税及び住民税が高いままでかなり損をする場合があるので注意が必要です。

確定申告と年末調整の違い

確定申告と年末調整の違いですが、いずれも年間の所得を決定して所得税(住民税)を決定するということにおいては同じ意味があります。

では、確定申告と年末調整の違いですが、年末調整は給与所得者が勤務先でしてもらうものになります。給与所得者は非常に数が多いので全員税務署に申告すると税務署がパンクしてしまうということもあると思いますが、各会社で税金を徴収して会社単位で税金を納付するという仕組みになっています。

毎月の給与から税金が天引きされていると思いますが、これを源泉徴収といいます。源泉徴収された金額に対して、年間の所得が決定するは年末(月給の場合がほとんどなので)になりますので、12月のその年の最後の給与支払いに合わせて税金の調整を行います。

確定申告は、個人で税務署に年末調整では出来ない所得の申告や控除の申告を行います。旧所得者ではない場合で、年間の所得がある方は確定申告が必要です。

確定申告が必要な人とは?

年末調整をしているのになぜまた確定申告をしないといけないのかと思う方も居ますが、年末調整では出来ない控除や申告があります。主なパターンを挙げておきます。

1:2つ以上の勤め先から給与の支払いを受けている場合
この場合は、確定申告をして、1年間の所得を確定する必要があります。メインの方は年末調整できますが、サブの方は源泉徴収される税金が高く設定されていると思います。年間の所得を申告することで払いすぎている所得税を還付してもらえるはずです。

2:住宅ローンを借りて家を買った人
2016年に家を住宅ローンを借りて買った人は、住宅借入金控除を受けられますが、初年度は確定申告して税務署に申告する必要があります。2年目以降は年末調整でできますが、初年度は確定申告が必要です。住宅ローンは金額が大きいので控除額も多いので忘れずにやっておくことをおすすめします。

3:年間で医療費を10万円以上払った人
年間を通じて医療費を10万円以上払った人は、10万円を超える部分からの金額が所得税控除の対象になります。20万円医療費に使った場合は、10万円分が所得税かからなくなりますので、20%の税率の方は、2万円還ってきます。

4:副業など他の収入がある方
メインの給与所得以外に、収入が20万円以上ある方は、雑所得として申告しないといけません。インターネットで広告収入があるとか、趣味で集めているものをネットで売ったとか、そういった場合でも20万以上の場合は申告しておく必要があります。

5:株式投資で収入がある方
4と同じですが、株式投資をして収入がある場合は申告しておく必要があります。

6:寄付金控除がある方
寄付金控除ができる寄付先に寄付金をしている場合は確定申告で所得税控除の対象になります。ふるさと納税で10ヶ所以上に寄付した方も対象です。

申告が必要かどうかわからない方は、近くの税務署の窓口で聞くか、電話窓口に問い合わせすると良いと思います。支払わないといけない税金がある場合は、知らなかったでは済まされないので気をつける必要がありますね。

コメントを残す