平成30年分の扶養控除等申告書の書き方

さて、サラリーマンなら年末にやってくる年末調整ですが、これなかなか難しいです。

1年に1回なので忘れた頃に書かなくてはいけないということもありますし、毎年微妙に変更があってそれを知らないので間違ったりしてしまいます。

2017年に書かなくてはいけない書類に、平成30年分給与所得者の扶養控除等(異動)申告書があります。

その書き方や記入例について調べてみました。

平成30年分の扶養控除申告書の書き方

平成29年の年末調整なのに、なぜ平成30年の扶養控除申告書を書かなくてはいけないのかと思う方も多いかと思いますが、まずはそこから説明しておきます。

平成30年分の扶養控除申告書は、平成30年になってはじめての給料日の前までに提出しないといけないことになっています。

それは、平成30年の給与から扶養家族の人数分は扶養控除が認められるからその申告を給料日の前にしておかないといけないという理屈になります。

殆どの会社が、便宜上年末調整のときに集めているだけです。

別の機会に集めるのは二度手間ですし、給与支払い処理などの関係で、給料日の前日に提出されても、処理が追いつかないからですね。

平成29年の年末調整には直接関係がないという書類ですが、そういったわけで年末調整のときに提出しているのです。

平成30年分から扶養控除申告書が変更になる点

平成30年分の扶養控除申告書が29年分と比べて変更になっている点があります。

以前の記事でまとめたものがありますのでそちらも参考にして下さい。

http://katslog.net/money/nentyo2017henko.html

変更点は、

・配偶者を記入する欄が源泉控除対象配偶者に変更になった
・扶養家族の数え方が変更になった

の2点です。

平成29年は、控除対象配偶者を書いていましたが、平成30年からは源泉控除対象配偶者をかくことになります。

源泉控除対象配偶者とは

源泉控除対象配偶者とは、給与所得者(本人)の年間合計所得額が900万以下(給与のみの場合は1120万円以下)の場合に、配偶者の年間所得が85万円以下(給与のみの場合は150万円以下)の場合を言います。

上手のベージュの部分が、源泉控除対象配偶者になります。源泉控除対象配偶者になると、扶養家族の人数に1人加えることが出来るようになりました。

ということは、扶養家族の人数が変わりますので、毎月の給与から天引きされる源泉所得税額が変わります。

パートなどで配偶者が給与収入がある場合は、しっかりチェックして間違いのないようにしておきたいですね。

同一生計配偶者とは

同じように、同一生計配偶者とは、配偶者の年間所得が38万円以下(給与のみの場合は103万円以下)の場合をいいます。

給与所得者(本人)の年間所得は無制限です。

平成30年からは配偶者が同一生計配偶者でなおかつ、障害者の場合は扶養家族に1人加えることが出来るようになりましたので、申告書にも書く必要があります。

平成30年分の扶養控除申告書の記入例

国税庁のホームページにも扶養控除の申告書の記入例があります。今回気をつけたいのは、上記の変更の箇所になります。

まずは、源泉控除対象配偶者に該当する場合は、源泉控除対象配偶者の欄に、配偶者の氏名・フリガナ・個人番号・生年月日を記入します。

そして、配偶者の年間所得の見積もりを記入します。住所は、同じならば同上でも構いません。

給与所得者と住所が違う場合は、非居住者である親族欄に◯を記入して居所を記入します。

配偶者が、同一生計配偶者かつ、障害者の場合は、C欄に記載をします。その際に同一生計配偶者の欄にチェック印を入れておきます。

他の記載箇所については、平成29年分の扶養控除申告書とおなじになります。

また、給与所得者本人の所得が年間900万を超える場合は、配偶者の年間所得に関係なく源泉控除対象配偶者の欄は空欄になります。

この場合でも、配偶者に所得がある場合で、年間所得が123万以下の場合は配偶者控除又は、配偶者特別控除が受けられます。

ただし、給与所得者本人の所得が1000万円を超えると配偶者の所得に関わらずに配偶者特別控除は受けることが出来ません。

まとめ

このように、平成30年分の扶養控除等申告書は、配偶者控除や配偶者特別控除の変更や扶養家族の数え方の変更がなされたことによって、書き方も変わっているので注意が必要になります。

もしよくわからない場合は、会社の担当者へ確認してみると良いと思います。

平成30年の年末調整には、この配偶者控除や配偶者特別控除の書き方も変わりますので、来年の年末調整はちょっとややこしくなりますので注意したいですね。

事前に何が変更になっているのかなどをわかっていれば、いざ記入して提出というときにあわてないですみますのでしっかりチェックしておきたいですね。

コメントを残す