平成29年分給与所得者の保険料控除申告書の書き方

年末調整で、多くの方が保険料控除申告書を書くことになると思いますが、これがまたなかなかややこしいので書き方など間違ったりすることが多いです。

年末調整で間違わないようにしっかり記入例などをチェックしてから記入したいものですね。

保険料控除申告書とは

保険料控除申告書とは、正式には、『平成29年分給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書』といいます。

なかなか長い名前ですが、この申告書は、大きく分けて2つの申告書を兼ねています。

保険料控除申告書と配偶者特別控除申告書ですが、今回は保険料控除申告書について解説します。

保険料を支払っている給与所得者は、申告すれば生命保険料や個人年金保険、地震保険料などを控除を受けることが出来ます。

控除というのは、この場合は、所得税からの控除(経費として税金がかからない)になります。

保険料控除申告書とは、そのための申告用の用紙になります。この申告書で出来る控除申告は、次のとおりです。

1.一般の生命保険料控除
2.介護医療保険料控除
3.個人年金保険料控除
4.地震保険料控除
5.社会保険料控除
6.小規模企業共済等掛金控除

これらについての書き方を紹介していきたいと思います。

平成29年の保険料控除申告書の書き方

保険料控除申告書ですが、申告するためのルールが改正されることがあります。また、申告する方は、1年に1度のことなのでなかなか記入が難しいので書き方を調べてみました。

基本的には、保険料支払証明書が必要になりますので、一緒に用意して記入することになります。

一般の生命保険料控除の記入例

一般の生命保険料と、介護医療保険料は、契約した年月日によって、新契約なのか旧契約なのかで計算方法が違います。

保険会社から送られてくる、生命保険料支払証明書をみて確認する必要があります。

新契約:平成24年1月1日以降に締結された保険契約
旧契約:平成23年12月31日以前に締結された保険契約

とされていますし、支払証明書にも新契約か旧契約の明記がありますので確認してから記入します。

また、保険料の金額は1年間分の金額を記入します。

支払証明書の証明額は証明書を作成した月日の時点での金額であることが多いので、それ以降に支払いがある場合は、年間支払見込み金額として明記されているので、そちらの保険料を記入します。

新保険料と旧保険料では、計算方法が違います。また、控除される最大の金額も変わるので注意が必要です。

控除される保険料は計算式に当てはめてその金額算出します。新旧が混じっている場合は、旧保険料の控除金額(②の欄の金額)と新保険料の計算金額(①の欄の金額)を足して算出します。

新保険料ならば、40,000円が控除金額の上限になり、旧保険料ならば、50,000円が上限になります。

介護医療保険料の記入例

介護医療保険料の基本的には一般の生命保険料の記入と同じです。支払証明書に記載されている金額を記入して、計算をするだけです。

個人年金保険料の記入例

個人年金保険料も、新契約か旧契約かによって計算方法が違いますので注意が必要です。あとは、一般の生命保険料と同じように記載します。

新契約と旧契約が、混在している場合も両方書いて計算式に当てはめます。

地震保険料の記入例

地震保険料控除は、建物の地震保険についての控除なのですが、控除を受けるには条件があります。

・申告者本人または、配偶者及び親族が所有する建物家財に対する地震保険料であること
・常時住宅として住んでいること

ようするに、自宅の地震保険料であれば控除が受けられるということです。

また、旧の損害保険の中で、以下の条件に当てはまるものは控除申告が出来ます。

・平成18年12月31日以前に契約
・平成19年1月1日以降保険料に変更がない
・保険期間が10年以上
・満期返戻金がある

社会保険料・小規模企業共済等掛金控除の記載例

社会保険料控除は、サラリーマンで現職中ならば、会社がやってくれるので書く必要がありません。

途中で退職したり、国民健康保険や国民年金保険料を支払っているかたなどが該当しています。該当する社会保険料は以下のとおりです。

各機関の証明書が郵送されてくるので添付します。

・国民年金保険料
・国民健康保険料・厚生年金保険料・船員保険料(任意継続含む)
・後期高齢者医療保険料
・介護医療保険料
・国民年金保険料
・農業者年金基金保険料・雇用保険料など
また、小規模企業共済等掛金控除は、以下の共催の掛け金の控除を受けられます。
1.独立行政法人中小企業基盤整備機構と締結した共済契約(旧第2種共済契約
を除きます。)に基づく掛金
2.確定拠出年金法に規定する企業型年金加入者掛金及び個人型年金加入者掛金
3.地方公共団体が条例の規定により精神又は身体に障害がある者に関して実
施する心身障害者扶養共済制度で一定の要件に該当する契約に基づく掛金
企業で給与から引かれているタイプの企業型年金料は、企業で控除されるのでここで申告する必要はありません。
なお、申告には共催の掛け金の支払証明書を添付する必要があります。

記載例ですが、証明書の金額を書き写すだけです。

平成29年給与所得者の保険料控除申告書の書き方のまとめ

以上が、保険料控除申告書の書き方を紹介してきましたが、しっかり記入すればそこまで難しくはないのですが、やはり、生命保険料や介護医療保険料、個人年金保険料あたりがややこしいので注意が必要です。

新契約と旧契約の判別や計算方法を間違わないように何度か見直ししてから記入すると良いかもしれません。

また、申告書は税務署のホームページからダウンロード出来ますので必要な場合は、ダウンロードして記載することも出来ます。

 

コメントを残す