ブロックチェーンとは 簡単に説明してみた

ビットコイン

最近ニュースとか、本屋さんとかでブロックチェーンとか、ビットコインとかが目立つようになりました。最近友達にもビットコインってやってる?って聞いてきたりとちょっと最近注目されていますよね。ではブロックチェーンって何?と聞いたらよくわからないですよね。

なんで、ちょっと簡単に説明してみようと本を読んだりして勉強してみました。簡単に説明できているかどうかは皆様の判断におまかせ致しますができるだけわかりやすく説明してみました。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは、ビットコインの発明者と言われているサトシ・ナカモトという方が(国籍性別など不明)提唱したテクノロジーです。

ビットコインの運用の中核となるテクノロジーがブロックチェーンです。この技術を利用してビットコインなどの暗号通貨(仮想通貨とも言われているが言葉的には誤用)が運用されているほか、現在のいろいろな決済システムなどに取って代わる技術と言われています。

ブロックチェーンが従来のものとは決定的に違うのは、決済システムが中央管理されたシステムではないということです。通常通貨は国(中央銀行)が発行しているのですが、ビットコインは、プログラムが自動的に発行しています。

通貨は中央銀行や国が発行権を持っていて、必要なだけ印刷して発行しています。印刷しているので、実態がありますし、日本円ならば、一万円札、5000円札、1000円札(2000円札w)などが紙幣として発行されていて、見た目でそれとわかります。

日本円ならば、日本銀行券と印字されており、透かし絵や肖像がなどのデザインや磁性体印刷などでそれが本物であることがわかります。額面どおりの日本円を示しているので、1万円札ならば、1万円の価値を表すものとすぐにわかりますよね。

そしてそれを銀行に預けたりして銀行のシステム上にいくら残高があるかを記録させています。その残高分だけ現金を引き出したり、他人の口座に振り込んだりできます。口座にいくらお金が入っているかや、どれだけ振り込んだりなどの取引の履歴は本人と銀行しか見ることが出来ません。

可能性は低いですが、銀行のシステムが破壊されたり、銀行が潰れたりすると実は銀行に預けているお金がなくなったりします。(日本ではペイオフで1000万円までは保証されます)これは、当たり前ですが、各口座の残高や取引を銀行のシステムが管理しているからです。

ブロックチェーンで流通するビットコインは、実体がなく、暗号化されたデータのみですが、各ビットコインのアドレスごとの残高や取引の履歴は、ビットコインに参加しているネットワーク上で公開されています。

そして、公開されている取引簿は各ビットコイン参加者の端末に保存されていて、新しい取引が追加される毎に、追加されて書き換わっていきます。新しく追加された取引が正しいものかどうかは分散された取引簿に照会され、承認されると追加されていきます。

取引簿のデータが集約されるサーバーなどは存在せず、各参加者の端末にあるプログラムに存在されています。ピアツーピアという技術でこれらが共有されているのが最大の特徴です。

これらを可能にしているのがブロックチェーンという技術になります。内容は暗号化されており、高度なプログラミングと斬新なアイデアによってシステムが保たれています。

ブロックチェーンを簡単に説明

ブロックチェーンは、公開された誰でも見ることができるデータ取引帳簿のことです。ここに過去全ての取引が乗っていて、参加している端末に分散されて保管されています。

誰でも使うことが出来て、なおかつ全員が不正がないかを監視することが出来て、しかも運用に必要なハードウェアが必要ない(参加者の端末が分担しているため)ので、安価でボーダーレスな取引ができます。

それを可能にするのがブロックチェーンという技術です。全員が中身を検証することができるので、不正をしてもバレてしまいます。仮に不正をしようとしても、過半数の取引簿の所有者のデータを改ざんしないといけなくなり、不正が実質的に不可能になるという発想のもとに作られています。

ブロックチェーンの技術の良さが認められるようになるに従って、従来の金融機関や中央銀行などが、ブロックチェーンを使って暗号通貨を発行するような動きが加速しています。

日本では、三菱東京UFJ銀行がMUFGコインという暗号通貨を発行する構想を発表していますし、イギリスはすでにブロックチェーンによって暗号通貨を発行することを決定しています。

ブロックチェーン技術が従来の金融機関や通貨発行のあり方を変えてしまうのではないかと期待されているのです。

インターネットによって人々の生活が変わったように、ブロックチェーンやビットコインによってまた、人々の生活が大きく変わると言われているのです。

コメントを残す