成人式のおしゃれなスーツを紹介

12228507

年が明けるとすぐに成人式ですね。2017年は1月9日が成人の日なので、年内から準備をしておいたほうが良いかもしれません。男子の場合はやっぱり成人式に来ていく服装を決めることから始まりますが、今回はスーツの着こなしからおすすめブランドまで紹介したいと思います。

成人式のスーツブランド

せっかくの成人式なので、おしゃれでかっこいいスーツを着たいですね。ブランドのスーツなどを意識するのですが、あまりにも高価なものもちょっと場違いになるし、成人式にピッタリのスーツブランドを探してみました。

スーツカンパニー
洋服の青山の別ブランドです。社会人でもおしゃれな普段使いのスーツを探すとなると、スーツカンパニーは外せないです。成人式でスーツを買いに行くならまずはここから行くのが良いかもしれません。

店員さんもおしゃれな方が多いので、色々アドバイスしてくれると思います。サイズの幅も広いので、体型に応じて似合うスーツのサイズを選べるのも嬉しいです。

また、シャツやネクタイの種類の豊富さ、オシャレさ、そして、コストパフォーマンスも考えるとまずイチオシのブランドになります。

平均の予算:3万~6万円

ビームス(BEAMS)
性格にはセレクトショップなのですが、若者にカリスマ的な人気を誇っているので、あえてのビームスです。

スーツもおしゃれなのが多いので他の人と違ったかっこいいスーツを着たいなら、ビームスはおすすめです。成人式でも通常黒のダークスーツが多いのですが、BEAMSで選べばグレーやベージュなど普通は着こなしが難しい色のスーツもおしゃれにコーディネートしてくれると思います。

平均の予算:5万~10万円

スーツセレクト
紳士服のコナカの別ブランドです。有名デザイナーの佐藤可士和さんを招聘しているのでハイセンスなスーツが揃っています。また、コストパフォーマンスも平均価格が3万円くらいと最も手頃にスーツを揃えることができると思います。

スーツカンパニーと同様に、成人式で来て終わりではなく、冠婚葬祭などにも着回しできるので一着持っておいて損はないです。

スリムタイプのセットが多いのでがっちり体型や太っている方はサイズがないので注意して下さい。

平均予算 3万~5万円

TAKEO KIKUCHI(タケオ・キクチ)
ワールドが展開するブランドのひとつですが、男性向けのブランドになります。20代後半~50代くらいの年代をターゲットにしている感じがあるので、大人の雰囲気を醸し出せるかもしれません。

日本版ポール・スミスという方も居て、オシャレでちょっとシックに決めるには最適のブランドです。紳士服の量販店とかじゃないブランドにしたいとお考えなら、結構おすすめのブランドです。

平均予算5万~10万円

オリヒカ
スーツカンパニーと同じく、青木のブランドですが、こちらはさらにオシャレでハイセンスな感じになっています。川崎フロンターレの公式スーツも手がけるなどしてるので、デザインもオシャレで、青木のスーツ感を全く払拭しているのが特徴です。

スーツカンパニーよりも少しお高いですが、その分ハイセンスさも出ているので、ここのスーツは成人式に来ていってもおしゃれで、目立てると思います。

平均予算3万~6万円

成人式スーツのおしゃれなコーディネート

成人式のスーツでオシャレ感を出すには、ネクタイとシャツのチョイスとベルトや靴、チーフなどの小物つかいがポイントになります。

まずはスーツそのものがオシャレでないといけないのですが、スーツのオシャレ感を出すには、シルエットと色になります。
シルエットは、細身の方がかっこよく見えるのですが、体型にマッチしていないと意味が無いので、定員さんに採寸してもらって体型にあったスーツを選ぶようにしましょう。

できれば、靴もベルトも一緒に買ってしまうのが一番です。コーディネートで合わせておくとおしゃれになるので、定員さんと相談しながら決めておくと良いかもしれません。

特に、ベルトと靴の色とスーツの色はマッチしたものを選ばないとチグハグ感が出てしまいます。ベルトの色と靴の色は同系色になるように選ぶのが基本です。

また最近では、スリーピースのスーツも人気ですね。ちょっとハイセンスなオシャレ感が出るので、おすすめです。スリーピースタイプなら、ネクタイをちょっと派手目にしても差し色効果でオシャレに見えます。

成人式のスーツ用コート

12228510

成人式は多くの地方でその年で一番寒い時期なので、コートが必要になるかもしれません。式典ではコートがじゃまになるので、着ていかないという選択もありますが、コートもおしゃれなものを着ていくとかっこよくなるので寒い地方は必須アイテムです。

スーツに合うコートの種類ですが、色々なタイプがあります。ただ気をつけておきたいのが、スーツの丈よりも少しだけ長いものを採用する方がいいでしょう。

スーツの裾がコートの裾から見えているとちょっと興ざめする感じになってしまいます。それを守っていれば、極端な話、コートはどんなものでも似合います。

おすすめのコートの種類を書いておきます。

ステンカラーコート
ピーコート
ダッフルコート
チェスターコート
トレンチコート
キルティングコート

などですね。それぞれ特徴があるのでコートの色などにあったものを着ると良いと思います。

コメントを残す