中秋の名月 2017年はいつ やはり団子を食べるもの?

中秋の名月といえば、お団子とすすきというイメージです。2017年は、いつになるのでしょうか?そして、中秋の名月?仲秋の名月?どう違うのでしょうか?

中秋の名月に食べるものは、やっぱり月見団子になるのでしょうか?そもそも中秋の名月はいつから始まったのでしょうか。その由来なども調べてみました。

中秋の名月の由来や2017年の日程

中秋の名月とは、旧暦の8月15日のことです。なぜ中秋の名月という名前で呼ぶのでしょうか?

それは、昔の日本は、今の太陽暦ではなく、太陰太陽暦(旧暦)を採用していました。農耕民族である日本人は、月の満ち欠けによる暦を用いて季節を測り、種をまく日や、収穫の時期を決めていたのです。

旧暦では、7月~9月が秋だったので、その秋のど真ん中にある名月ということで、旧暦の8月の15日に出る月のことを中秋の名月と呼ぶのだそうです。

そして、仲秋の名月は、旧暦8月のことを仲秋と呼ぶので(7月は初秋、9月は晩秋)、8月の名月のことを仲秋の名月といいます。

ということで、仲秋も中秋も、言っていることは同じようなことなのですね。

昔からこの時期は、収穫に感謝する時期でもありますので、「観月の宴」ということで、お月さまに、感謝の印として、お団子を積み上げて、魔除けとなるすすきを一緒に供えたということです。

まあ、月の満ち欠けが暦になっていたわけですから、月に感謝するというのも理解できますね。もともとの由来は、中国から伝来した風習なのだそうです。

2017年の旧暦の8月15日は、なんと、10月4日になります。天文学上の満月はその2日後なので、完全なまんまるなお月さまではないですが、見た目はそこまで変わりませんね。

中秋の名月というと、今のカレンダーで、9月の満月のイメージがありますが、10月になることもあります。2020年も10月が中秋の名月になるみたいですしね。

中秋の名月にお団子を供える理由

中秋の名月というと、月見団子ですね。白くてまん丸のお団子を供えて、そのお下がりを頂くというのがイメージですが、この風習はいつから始まったのでしょうか?

月見団子の由来については、諸説ありますが、一般の庶民にも広がったのは、江戸時代と言われています。

月見団子は、お米(米粉)から出来ているので、収穫を祈念して供えているという意味があるのだそうです。

お米の収穫の時期には、台風も来ますので、無事に収穫できるように祈ったのだと思います。

ワタシの実家では、しんこ団子という、ひねったお餅みたいなものを備えていました。原料は米粉なので、お団子と同じですが、形がちがうのです。米粉をのばして細長くしてひねります。

ひねり方は、地域によっては2~3回もひねるところもあれば、気持ちだけひねるだけの地域もありました。

もともとは、お盆のときに供えるのですが、中秋の名月にもそれを供えていました(笑)

いずれにしても、収穫の感謝や祈念という意味があります。また、すすきを一緒にそなえるのは、災いを避けるためです。

月見団子の数やお供えの方法

月見団子の数は、15個をピラミッド型に積み上げて供えるのが一般的だそうですが、他にも、12個とするところや、13個とするところがあります。

15個は、十五夜だからなのですが、12個は、1年の満月の数ということだそうです。13は閏月がある年は、13回満月が1年にあるので、13個にするのだそうです。

15個供える場合は、一番下に3×3の団子を並べて、その上に、4個乗せて、3段目に2個並べると完成です。

13個や12この場合は2段になります。1段目に9個、2段めに残りを乗せます。

そして、お月さまにお供えしたら、美味しくいただきます。

昔から有るような行事は、日頃の感謝を示して、そして、楽しく過ごすという場合が多いですね。これは、日頃から感謝を忘れないようにという代々続く教えなのかもしれませんね。

 

コメントを残す