露天神社(お初天神)

img_0692

お初天神として親しまれている露天神社に行ってきました。大阪の梅田の商店街の中に埋もれるようにしてありますね。商店街の名前もお初天神通りで、居酒屋が多いところでもあります。お昼間に通ってもランチをやっているお店もあります。

曽根崎心中の舞台になったこのお初天神こと露天神社は、実際に境内出会った心中事件をモデルにして近松門左衛門が書いているのですね。

露天神社のご利益

鳥居の写真にもありますように、恋人の聖地というのぼりが立っていました。縁結びなどのご利益があるようです。心中事件ということは悲恋だったのでしょうけども、それでも尚恋人の聖地として親しまれているのにはどういう理由があるのでしょうか。

実はお初天神さんには、天神さんということで、菅原道真公が祀られています。そして、もう一つ、己貴大神(おおなむちのおおかみ)が祀られているのですね。

己貴大神(おおなむちのおおかみ)こそが、縁結びの神様なので、縁結びを祈願しに来る方が多いというわけなんですね。それに実際にあった心中事件は、徳兵衛が、仕事の人間関係がうまくいかず、さらに親友に裏切られてしまって、名誉を傷つけられそれで、もう死ぬしか無いということで、恋人のお初とともに心中してしまうのです。

一緒に死ねるほどの恋仲だったということで、悲シイ物語ではありますが、純愛というかそういうふうに思われて、恋人たちの聖地と言われているのかもしれませんね。

曽根崎道祖神

境内には、曽根崎道祖神として、お初と徳兵衛のかわいいお地蔵様がいらっしゃいます。何百年後もこうして親しまれているとは本人たちも本望なのかもしれません。

露天神社の初詣情報

実は大阪のキタの総鎮守でもありますので、初詣はかなり賑わいます。約3万人ほどの方がこの小さな神社に来られるのですね。

梅田駅、JR大阪駅からも歩いて来られるのでそういった意味からも人手が多いのかもしれません。元日は無料でお神酒が振る舞われたりしますし、お近くのお店の方もお参りに来られるのかもしれません。

露天神社のおみくじ

せっかくお参りに行ったので、おみくじを引きました。神社の参拝の楽しみのひとつですよね。なんやろな~ってドキドキしながら引くのは楽しいものです。

お初天神さんには、珍しいおみくじの自動販売機がありますww自動販売機って。と思いましたがなんか大阪っぽくて笑けました。写真取りたかったのですが、拝殿の近くだったので写真を取るのがはばかれました。

そして、おみくじは、中吉でした。神社によっても色々と書き方やデザインが違ってて面白いですよね。露天神社のは、きれいな日本語というか現代語ですね。

露天神社おみくじ

正しく生きることです。と言われると、背筋が伸びる思いがしました。おみくじは神社に結びつけてきました。

あと、お参りをしていたら、珍しいものがありました。石の柱があるのですが、そこに穿ったような凹んだ穴がありました。なんと機関銃の弾痕なんですね。グラマン戦闘機の機銃掃射と解説がしてありました。こういったところにも歴史の証拠みたいなものがあるのですね。

img_0695

露天神社は、学問の神様の菅原道真公も祀っているので、天神さんにはほぼほぼある、神牛さんがあります。なでなでしてご利益にあやかれるということで、ツルツルの感触が気持ちいいので、天神さんに行けば必ず触って帰ります。

もう勉強をする年じゃないですが、頭はこれ以上悪くならないようにって願ってますw

露天神社へのアクセス

お初天神こと露天神社へは、最寄りの駅は東梅田駅になりますね。H82番出口かH80番出口を出てから、徒歩4分くらいですかね。

お初天神通りと御堂筋がぶつかるところがちょうど表参道、鳥居の場所になります。地図をみてもらうのがいいかと思います。阪急や阪神、JRの駅からは徒歩10分圏内ですかね。

JR東西線の北新地駅からだと御堂筋を渡る必要がありますが、梅田新道の交差点に大きな歩道橋があるのでそこを渡るとすぐになります。大阪駅前第3ビルの向かいでもありますね。

梅田新道の歩道橋から意味もなく写真取ってみましたw

梅田新道

コメントを残す