TENET(テネット)を見た感想 ネタバレなし

話題のクリストファー・ノーラン監督のTENET(テネット)を見てきました。

TENETの感想ネタバレなし

実は、1回みて、またしばらくしてもう1回見ました(笑)でも、実際に、何度も見に行った人もいるんじゃないかと思います。

TENETネタバレなしの感想

まず見終わった感想は、これIMAXでも見たいなということでした(;’∀’)

それくらいド迫力で、スリル満点で、楽しかったです。

クリストファーノーラン監督の作品は、時間を取り扱ったものが多い(インセプション・インターステラー・メメント)です。

また、ちょっと理系的な言葉がよく出てきますゆえに、少し難しいところもあるのですが、それ以上に、ド迫力のシーン、スリリングで予測不能な展開が続くので、見ていてとにかくスクリーンに釘付けになります。

今回の理系的な言葉で一般的ではないものに、「エントロピー」があるかと思います。

エントロピー増大の法則として有名ですが、簡単に言うと、「覆水盆に返らず」ってことですかね。

基本的にすべての物理的な事象は、このエントロピー増大の法則にのっとっているのですが、それが逆行では、当てはまらない。

なので普通に呼吸もできないから酸素マスクが必須になるということです。

ただ、インターステラーの時の「相対性理論」のように、詳しく知っていなくても、大丈夫です。

迫力のシーンの連続と意表を突くストーリー展開

話がそれましたが、映画本編が2時間半もあるのですが、長くは感じません。

それは、クリストファー・ノーラン監督作品の、インセプションによく似てる感じで、先が想像できない、ストーリー展開と、そして、ド迫力の映像(CGをほとんど使っていない!)や音響によるものですね。

冒頭のオペラハウスのテロのシーンからいきなり全開で、息もつかせないので一気に引き込まれます。

そして、急に場面が転換して・・・。

全く予測不可能です。

クリストファー・ノーラン監督は、大のスパイ映画好きだそうですが、007を見ているような、スリリングで、ド迫力な映画になっています。

時間を使った巧妙なトリックや伏線がてんこ盛り

魅力の1つに、時間を使った巧妙なトリック、伏線がてんこ盛りになっています。

時間を順行(現在から未来へ)する普通の流れと逆行(現在から過去へ)流れが同時並行で進行するストーリー。

物語の最初に、起こっていたことが、その後で、実は逆行していた世界と同時に存在していたという。。。

全部見終わって、あれは確か・・・・あのシーンでの伏線が回収されたってことか。

あの時にすでに、もうこうなっていたのか。

あのシーンのこの現象は、逆行時にはこう見えていたのか。

などなどいろいろと謎が解けていくのと、もう一度最初から見たいという欲求にかられます。

そして、結局現時点で、2回見たのですのが、まだ気づいていない点があるのではないかと思っています。

クリストファー・ノーラン監督作品のおすすめ

クリストファー・ノーラン監督作品で、おすすめも紹介しておきます。

インセプション

渡辺謙さんが、重要な役どころで出演されています。このインセプションも、何度も見たくなる作品となっています。

夢と時間がテーマになっていますが、やはりこちらも、スパイ映画が大好きなノーラン監督の思い入れが入っている映画になっています。

アクションシーンは迫力があり、予測不可能で、そして、謎の深いラストシーン。

見ているこちらの脳みそをフル回転させてくれるようなストーリー展開はTENETと同じようです。

手に汗握るスリリングな展開と合わせて、多層的な夢の世界で、同時進行するタイムライン。

ほんと最高に面白くて、今でもよくサブスク映像サービスで見ています。今なら、アマゾンプライムビデオでも、Huluでもユーネクストやネットフリックスでも見られるはずです。

実はTENET見て帰ってから、またインセプションが観たくなって2回観ました(笑)

日本にもロケしているようで、新幹線が出てきたりします。しかも今はもう珍しい(山陽新幹線でしか走っていない)500系のぞみが出てきます。

ディカプリオの演技もよくて、昔からのファンなので、それも好きな理由ですね。

渋い味を出せるようになったディカプリオは最強です(個人の感想です)

この作品は、死別した妻への苦悩、そして、残された子どもたちを思う父親としての愛情などを、演じている姿がとても印象的です。

裏のテーマとして、家族の愛情や精神的な苦悩などを取り扱ってるのが深みある内容になっているのかなと思います。

インターステラー

こちらはもっと時間を主軸にしたテーマ。クリストファー・ノーラン的アルマゲドンと言っていいかと思っています。

地球から脱出して、人類が住める環境のある惑星を探しに、太陽系外へ惑星探査に行くのですが・・・。

相対性理論では、時間の進み方は不変ではなく、可変であることが証明されています。

それは、対象が動くスピードや、系の重力場の強さによって変えられるということ。

スピードが速ければ早いほど、時間の進み方は地球上より遅くなり、重力が強ければ強いほど時間の進み方が遅くなる。

そういったことをモチーフに映画がなりたっています。

歳をとるスピードが遅い父親と歳をとるスピードが変わらない娘の絆を扱った作品でもありますね。

子どもだった娘が、大人になり、そして・・・。

そして、最後に、幽霊ってそういうことだったんだ・・・と大きな伏線回収につながります。

時間と、家族の絆、地球を救うというのは、家族を救うということなのですね。

先が読めないストーリー展開や迫力の映像(これもCGは最小限)そして、家族愛という、クリストファー・ノーランの真骨頂が出ている素敵な映画です。

メメント

クリストファー・ノーラン監督の商業的デビュー曲と言える作品ですが、ここですでに、時間軸の逆行と順行を並列でストーリーに描くということをしています。

最初のシーンで殺人事件がおこり、そこから、時間をさかのぼるようにしてストーリーは展開します。

時間をさかのぼって場面が転換するカラーのパートと、時間軸そのままにして場面がつながるモノクロのパートが最後でつながるという映画になっています。

最初は意味が分からないのですが、見ていくと、何となく理解ができるようになります。

そして、最後にすべてがつながって、「ええええええええええええ」となります。

トリッキーな展開なのですが、これがまた面白くて、二度見必至の映画なのは、まさにクリストファー・ノーラン作品です。

異なる時間軸を同時並行でみせるというのは、今回のTENETにも通じますし、精神世界的なところは、インセプションにも通じます。

巨大な予算が付いた映画ではないので、ド迫力の映像はありませんが、その分、ストーリーからくる、スリル感は満点で、極上のサスペンスにもなっています。

 

 

 

 

コメントを残す