七夕にそうめんを食べる意味は?七夕そうめんの由来

7月7日は七夕ですが、そうめんの日でもあります。全国乾麺協同組合連合会が決めています。また、七夕にそうめんを食べる地域があります。これはどういう意味があるのでしょうか?

知ってそうで知らない、七夕とそうめんの関係を改めて、調べてみました。

七夕にそうめんを食べる意味とその由来

七夕にそうめんを食べる地域は、仙台が有名ですが、その他の地域でも給食に出てきたり、日本全国の各地に散らばっているようです。

そんな風習がない地域もあるので、知らない人にとっては新鮮だそうで、理由を聞かれましたが、よく分かりませんでした。

調べてみると諸説あるようですが、よくあるような最近メジャーになってきた風習ではなく、平安時代にルーツや由来があるようです。

927年に策定されたと言われている、延喜式のなかに、七夕に索餅(さくべい)供えて食べるというふうに記されています。

索餅とは、中国から伝来した食べ物で、小麦粉と米粉を混ぜて作った麺だそうですが、そうめんよりも太いものだったと言われています。一説にはうどんよりも太い麺だったようです。

中国の故事で、七夕に疫病で亡くなった子どもが鬼になって伝染病を流行らせましたが、底子どもが好きだった索餅をあげると、鎮まりました。そこから、人々の健康を願って、七夕に索餅を供えるようになりました。

ということで、日本でも同じように、健康を祈願して索餅を食べる風習が渡ってきたようです。そのうちに索餅が日本では、独自に進化して、そうめんになったと言われています。

他にもそうめんを食べる意味について、諸説ありますが、主なものは、そうめんを天の川に見立てているという説もあります。

また、暑い時期なので、さっぱりしたそうめんを食べて栄養補給をすると言った説もあります。

いずれにしても、そうめんと七夕とは昔から密接な関係があるということで、そうめんの日と決められたようです。

七夕で食べる色付きそうめんの意味とは

七夕に食べるそうめんは色付きそうめんを使うことが多いです。桃色や緑色などが入っています。

もともとは、五色のそうめんで、5色の色付きそうめんでした。五色の短冊として、笹につける七夕飾りを模していると言われています。

そもそも五色の短冊は、陰陽五行説の木・火・土・木・水の色を表しています。黒は短冊では、紫になります。

そうめんでもその短冊を表すということで、5色の色付きそうめんを七夕に食べていました。

七夕に食べるおすすめのそうめんの具

もともと健康を祈願して食べるものでしたので、おすすめのそうめんの具を紹介します。

オクラ

オクラは夏の野菜で旬を迎えるので、栄養価も高くなります。また切り口が星型になるので、見た目にも天の川に見立てて盛りつけできるので外せない具になります。

エビ

エビは茹でると色合いが綺麗ですし、オクラの緑とエビの赤色がそうめんの白と映えて食欲もそそります。

すだち

すだちは、具というよりは、隠し味的なものですが、さっぱりした酸味は食欲をかきたててくれます。

そうめんは冷たくして食べるのが一般的ですが、温めてにゅうめんとして食べるのも良いですし、そうめんチャンプルーやそうめんサラダなども美味しく食べることが出来ますので、一度試してみても良いかもしれません。

コメントを残す