この世界の片隅にを動画配信で見た感想

高評価で、口コミで異例のロングラン上映をまだ行っているこの世界の片隅にの動画を見ました。まだ映画館でも上映されているそうですが、DVDとか動画配信とかは既に解禁されています。

映画この世界の片隅にを見た感想 ネタバレ注意

この世界の片隅には、こうの史代さんの原作漫画をアニメ映画化したものです。クラウドファウンディングで、資金を集めて映画にしたということでも話題になりました。

主人公の女性すずさんを演じるのが、能年玲奈改め、のんさんです。監督が彼女しかないないと指名しての抜擢だったそうです。

実際に映画が公開されて、大絶賛されました。のんさんといえば、朝の連続テレビ小説のあまちゃんの主人公を演じましたが、今回のは声優ということでまた違った側面を見せてくれています。

映画を見終わっての感想ですが、やはり、のんさんの声というか、演技がとてもいいですね。ほんわかとしてて、激動の戦争末期の時代との絶妙な対比が素晴らしかったです。

映画全体でも、平和な暮らしが、どんどん戦争末期になるに連れて、空襲やら、機銃掃射やらで壊されていきます。

毎日のように、空襲警報がなって、なんども危ない目に会うのです。

呉の町を見下ろす丘にある、すずさんのお家はとてものどかなのですが、そこに、戦闘機が現れていきなり機銃掃射などをするシーンなどはアニメ映画ですがかなりのリアルさを持っています。

アニメの作画もほんわかとしているので、よけいに戦争の怖さというものが浮かび上がるような感じがしました。

昭和初期の広島の一人の女性の半生を描いている映画なのですが、すずさんの強さと、そして平和の有り難さに気づけるいい映画かなと思います。

でも一番は、作画とのんさんのほんわかさがとても印象的で良かったです。

この世界の片隅にを上映中の映画館

すでにDVDや、レンタルが始まっているのにもかかわらず、まだ映画館でも上映中なのは異例中の異例ですね。

配給会社がテアトル東京なんので、各地のテアトル系の映画館でまだ上映中です。関西では、テアトル梅田と京都の河原町にある立誠シネマプロジェクトで上映中です。

東京では、テアトル蒲田とテアトル新宿で上映中です。映画の舞台となった広島では、広島サロンシネマと呉ポポロという映画館で上映中です。

呉の風景や広島の風景の描写もとても良くて、昭和の牧歌的な日本をよく再現しているなって思います。

この世界の片隅にの動画配信

私は、U-NEXTという動画配信サービスで見たのですが、タブレットやスマホでも見れますし、家のテレビでも見れます。

テレビでみるには、クロームキャストなどの機器が必要ですが、おもったよりきれいな画質で見ることができました。

クロームキャストのレビューはまた今度書きますね。

 

コメントを残す