喪中はがきの出す時期や送る範囲と文例などマナーまとめ

喪中はがきを出すことは、そんなに機会があるわけではないので、いざ喪中はがきを出さないといけなくなると、分からないことだらけで困ります。

喪中はがきを出す時期はいつがいいのか?に始まり、はがきを送る範囲や、文例はどうしたらいいのかとかなどなど、挙げればキリがないです。

ということで、喪中はがきのマナーについて調べてみました。

喪中はがきの出す時期はいつ

まず、一番の疑問は、喪中はがきの出す時期はいつごろが良いかということです。

そもそも喪中はがきは、いつもは年賀状で、旧年中のお礼と年始の挨拶をしているのに、今年は、親族に不幸があったので、挨拶ができないことをお伝えするものです。

年賀の挨拶の欠礼のお詫びだけなら、年内にすれば良いのですが、相手の年賀状の準備期間を考える必要があります。

喪中はがきを受け取ったら、年賀状を送らないようにするので、年賀状を準備するまでに、送るのがマナーです。

毎年年賀状が発売されるのが、11月1日です。多くの方は、11月下旬から12月にかけて年賀状を準備されるはずです。

ということで、喪中はがきを送る時期は、11月中旬から下旬、遅くとも12月のはじめには届くように送るのが望ましいです。

あまり早すぎるのも、どうかと思いますが、11月中には投函したいものです。

ただ、急に喪中になってしまうこともありますので、その場合は、落ち着いた時点で喪中はがきの準備をしても良いと思われます。

ただ、あまりにも年末の場合は、年内に届かない場合がありますので、その場合は、寒中見舞いとして、喪中であることをお伝えするのでも問題ありません。

はがきには、誰がいつ亡くなったかということを記載しますので、それを見て相手の方も察してくれると思います。

喪中はがきの範囲

喪中はがきを出す必要があるのは、どこまでの範囲の親族が亡くなった場合でしょうか。

一般的には、同居している家族なら、誰が亡くなっても喪中はがきを出します。

同居していない場合は、自分から見て3親等以内であれば、喪中はがきを出すのが通常だと思います。

逆に、同居していない義兄弟姉妹、叔父叔母、伯父伯母、いとこ、甥姪などは、通常だと喪中はがきは出さないで、通常の年賀状になります。

 

また、喪中はがきを送る範囲は、どこまでなのでしょうか?

これは、服喪期間なので年賀状は不要ということと、年賀状が送れないということをお知らせするためなので、毎年年賀状を送っている方には、喪中はがきを送る必要があります。

ですので、年賀状の準備をいつもより早めにして、年賀状ではなく喪中はがきを送るというイメージですね。

宛名印刷ソフトを使って、自分で印刷する場合は、10月下旬には年賀状のリストと今年のお正月に来た年賀状を確認して、住所の変更や、取引先なら相手の肩書の更新などをしておいたほうが良いと思われます。

業者さんにお願いして印刷して貰う場合も、できれば、10月中にリストを提出しておきたいですね。

早く提出することで、料金の割引をしてくれる業者が多いのでそういった意味でも、早め早めに準備できればいいかと思います。

ただ、喪中はがきの性質上、急な場合もありますので、その場合は喪中はがき印刷会社にお願いして、印刷までしてもらうのがいいかもしれません。

喪中はがきの文例

喪中はがきの文例ですが、独特の言い回しなどが必要なので、おすすめは、喪中はがきのテンプレートを使うことですね。

印刷業者にお願いする場合は、喪中であること、続柄やどういった方に送るのかを言えば、それに応じたテンプレートを幾つか紹介してくれます。

無料のテンプレートは、プリンターの会社(キャノン、エプソン、ブラザー工業など)の公式サイトや年賀状特設サイトなどでたくさんあります。

郵便局の年賀状特設サイトにも喪中はがきのテンプレートがあるので、それを見て参考にすればいいかと思います。

自分で印刷する場合は、そういったテンプレートで印刷すると早くできるので、おすすめです。

喪中はがきの場合は、近況報告とか、写真とかはあまり使いませんし、デザインも決まっているパターンのもので出すことが多いので、テンプレートを使うのが無難です。

また、葬儀会社によっては、喪中はがきの印刷までがセットになっていることもありますので、一度確認してみてもいいかもしれません。

喪中はがきの文例を紹介しておきます。

喪中につき年末年始の
御挨拶御遠慮申し上げます

今年◯月に母 〇〇が永眠いたしました
ここに本年中賜わりましたご厚情を深謝申し上げ
明年も変らぬご交誼のほどをお願い申し上げます

平成◯◯年◯◯月

取引先などにも使えるような文面です。

次は、友人や、親戚などに送るような文面です。

今年◯月に父 〇〇が永眠いたしましたので
年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます

今年中賜りましたご厚情を深謝致しますと共に
明年も変らぬご交誼のほどお願い申し上げます

平成◯◯年◯◯月

基本的には、亡くなった時期、続柄、名前を記載することが多いです。

会社で喪中はがきを出す場合は、

弊社前代表 〇〇の喪中につき
年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます

本年中賜わりましたご厚情を深謝申し上げ
明年も変らぬご交誼のほどをお願い申し上げます

平成◯◯年◯◯月

というふうに、肩書や名前を書くのが一般的です。

年賀状が届いてしまったとき

何らかの理由で喪中であることを相手方にお知らせできず、年賀状が届いてしまった場合は、寒中見舞いで返信します。

年賀状を送らなかった理由として喪中であることをお伝えして、挨拶とするものになります。

寒中見舞いの喪中版も、テンプレートや文例があるので、それを参考にして出せばマナー違反にはなりません。

喪中と知らずに年賀状を出してしまった相手を気遣うような文面であれば、喪中はがきが届いていなくても、相手が気を悪くすることもないとおもいます。

喪中はがきは、言葉ではいいづらいことも、挨拶として相手との人間関係の潤滑油的な働きをしてくれますので、喪中の方は送るようにしておくといいかと思います。

コメントを残す