お中元のお礼状の書き方

お中元を頂いたときには、早くお礼状を発送するのがおすすめです。できれば届いた日中にお礼状は投函しておきたいです。

そのためには前もって容易もしておきたいので、お礼所の書き方や文例などをまとめてみました。

お中元のお礼状の書き方 はがきでの文例など

お中元やお歳暮など、季節の挨拶の習慣は若い世代を中心に少なくなっているそうですが、仕事をしだすと上司や、研修でお世話になった方や、取引先などのビジネス関係でお世話になっている方々や出身学校の恩師などに送る機会が増えてきます。

親戚などお互いに贈り合っている場合もありますが、お中元が届いたらお礼状を送るのは基本的なことだと思います。

お中元のお礼の仕方 お礼状と電話とメールの使い分け

お中元のお礼は、お中元を頂いた感謝の気持ちを伝えるものですが、品物を確かに受け取ったことを相手に報告する意味もあります。

今は宅配便の追跡も出来ますので、届かないということはほぼありませんが、昔は送ったものが無事届いているのかどうかということが、送り主には分からないので、いち早く届いたことをお知らせするのもお礼の大きな役割でした。

今でも、無事届いたのか、お中元の品に喜んでもらえたのか?送った側は気になりますよね。お礼が何らかの形で返ってきたら安心します。

そういった意味では、お礼状を郵送で送るのではなく、電話やメールでいち早くお伝えする法が良いのではないかと考えたりもしますが、相手を選びます。

どのような相手なら、メールや電話でも失礼に当たらないのでしょうか?

お礼の手段 送る相手
手紙・はがき もっとも丁寧なので誰でもOK
電話 親しい親戚や友人・会社の同僚など
メール 親しい身内、友人、ビジネス関係ですぐに伝えたい場合のみ

手紙やはがきが最も一般的ですし、相手を選びませんが、手間がかかるのと送るタイミングが遅くなれば失礼に当たるので、注意が必要です。

電話に関しては、親しい間柄であれば、電話でお礼を伝えても大丈夫です。親しい間柄なのに、かしこまって、手紙やはがきを送ると逆によそよそしい印象になるので注意が必要ですね。

メールは、あまり一般的ではないですが、親しい身内や、ビジネス関係で、早くお礼を伝えておきたい場合は使っても大丈夫です。

お中元のお礼状の書き方

お礼状を書く場合は、定形がありますので、それにそって書くのが一般的です。

1.時候の挨拶
2.相手の健康や安否を伺う言葉
3.お中元を頂いたお礼や感想、感謝の言葉
4.相手の今後の息災を願う言葉
5.日付・差出人氏名

手紙でも、はがきでも、上記の順番で構成します。時候の挨拶は、お礼状を発送する月のものを確認しておきます。

1.時候の挨拶の文例
「盛夏の候」「大暑の候」「厚さも厳しくなってきました」「厚さ厳しい折から」
2.相手の健康や安否を伺う言葉
「○○様におかれましては、益々御健勝のことと、お慶び申し上げます」
「○○様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか」
「皆々様におかれましては、健やかな日々をお過ごしのことお慶び申し上げます」
3.お中元を頂いたお礼や感想、感謝の言葉
「さて、この度は、誠に結構なお中元の品をいただきまして、誠にありがとうございます。」
「さて、この度は、誠に結構なお中元の品をいただきまて誠にありがとうございます、早速本格的なスープの缶詰に舌鼓を打っております。」
4.相手の今後の息災を願う言葉
「厳しい暑さが続きますので、皆さまどうぞご自愛ください」
「まだまだ、暑さ厳しい折柄ですので、皆々様もご自愛下さい」

郵送なら、品物が届いて1週間以内には、相手に届くよう出すことを忘れないようにしましょう。

コメントを残す