お中元の時期

お中元は、日頃お世話になっている方への感謝の気持ちを伝えるものです。親戚や取引先の方、会社の上司、学校の恩師などなどですね。社会人になって、初めてお中元を送る方も多いかもしれません。会社によっては、お中元を禁止しているところもあるようですが、まだまだ多くの会社が、お中元の習慣がありますね。

お中元は、関東、関西、九州など地域によって、送る時期がずれていることがあるので、注意が必要です。

お中元の送る時期 地域別一覧

お中元を送る際には、送り先の地域が何処かによって時期を考えないといけない事が多いです。北海道から沖縄まで地域によって変わるので大変ですよね。

北海道のお中元の時期

北海道は、旧盆の時期に送る形が一般的です。現在のカレンダーでは、7月15日~8月15日位になります。北海道では、1ヶ月もあるので、比較的余裕がありますね。

ただ、年々時期が早くなってきているようです。理由としては、関東や東北の地域が早いので、7月の上旬に届くことが増えているからだそうです。最近は、宅配便の業者がかなり多くのにもつをさばくのが大変で、お中元の時期は、どうしても遅配るので、早めに送る方も多くなっていますね。

東北・関東のお中元の時期

東北と関東は、ほぼ同じくらいの時期になります。7月1日~7月15日と期間が2週間ほどしかないので注意が必要です。最近は、6月の後半に送る方も居るようで、関東からのお中元が、6月中に届いたことがあってびっくりしました。

最も人口が多い地域なので、荷物が集中してしまうんで、余裕をもって送るようにした方がいいですね。おすすめは7月1日くらいに配達してくれるように、お中元を申し込みすることですね。

北陸のお中元の時期

北陸は、ちょっと独特です。多くの地域(金沢や福井市などの都市部)では、7月1日~15日と関東地方と同じですね。ただ、他の地域は、逆に7月15日からの1ヶ月間になります。なので、送るのが難しいのです。

どちらかわからない場合は、7月の10日前後に届くように申し込みすればいいかと思います。そうやって、ちょっと早めに送る方が増えてきているので、徐々に早くなってきているということですね。

東海・関西・中四国の時期

7月中旬から8月15日までです。この地域は、割と普通ですね。こちらでも、7月上旬に送るようになってきています。関東からの荷物が早く届くからですね。

8月15日過ぎると残暑見舞いになるので、できるなら7月中におくるのがおすすめです。関西では、九州から沖縄から出てきている人が多いので、遅く送る人もいます。

九州のお中元の時期

九州は、お中元の時期が遅いです。お盆で区切られると考えているからでしょうかね。8月1日~15日までが一般的です。

最近では、7月の後半に送るかたも増えてきています。2週間ほどしかないので、なるべく遅れないようにするのが大事ですね。

沖縄の時期

沖縄は、旧暦の7月15日までに送ることとなっています。旧暦は年によって、1ヶ月ほどずれることがあるので、注意ですね。ちなみに2017年の旧暦の7月15日は、9/5です。

お中元の時期は、お歳暮に比べても地域によって時期がバラバラなので、注意が必要ですね。遅れると失礼に当たるので、いつまでに送らないといけないかきちんとチェックしておきたいですね。

コメントを残す