年賀状 一言

年賀状のテンプレートを決めて、プリンターで印刷して、宛名も印刷したらあとは最後に一言を入れるだけになると思いますが、この一言メッセージがかなりいつも考えちゃいます。早く年賀状を出したいのに、ここだけで1日使っちゃうこともあるのでなんとかしたいです。

年賀状の一言メッセージの文例

実は年賀状の一言メッセージに苦戦しているのは私だけではないということが判明して、みんな一緒やったんや~という、謎の安心感に包まれています。

文例集や年賀状を出す相手によって一言添え書きを変える方法などいろいろとあります。文例集を自分用にアレンジしておくと簡単に一言メッセージが書けるようになるので年賀状に必要以上に時間を取られなくて済みます。

年賀状の一言添え書き 上司編

上司は、年賀状を送る相手として一番気を使うかもしれませんね。それだけにただ単に一言書いておけばいいってわけではないと思います。アピールにもつながるような一言添え書きが理想だとおもいます。

直属の上司なら、名前も知ってると思いますが、更にその上の部長や取締役にもアピールできるような文面になっていると最高ですね。

一般的な文例をまとめておきます。実際にはこれを少しアレンジすると良いかもしれません。

・昨年は、大変お世話になりありがとうございました。昨年教えていただいたことを忘れずに本年も頑張りますのでどうぞよろしくお願い致します。
・今年は入社三年目になりますので、○○課長の教えていただいたことを肝に銘じて、更に活かせるように努めてまいります。
・昨年は新しい部署に移動して、尊敬する上司に巡り会えた年になりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
・昨年は、○○部長のご自宅にもお招き頂いて楽しい時間を過ごさせていただいたのが思い出です。本年もどうぞよろしくお願い致します。

年賀状一言 親戚編

実は年賀状で一番迷うのが、親戚への年賀状の一言メッセージです。どのようにかけば良いのか分からないんですね。

親戚などであれば、近況報告の一言メッセージが一番無難です。他には、健康の心配なども簡単にかけるのでおすすめです。

お歳暮などいただいたものの感謝のメッセージなどもいいですね。親戚の付き合いがそこまで濃くないところにはどう書いたらいいのか迷いますね。近況報告と変わらない付き合いをお願いする文章が一番無難かと思われます。

・旧年中はお世話になりました。我が家では、長男が小学校に入学して毎日通っています。本年もどうぞ宜しくお願いします。
・旧年中はお世話になりました。年末には結構な贈り物を頂きましてありがとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします。
・旧年中はお世話になりました。昨年は、新社会人として働き始めました。叔父様もお元気でいらっしゃいますか。本年もどうぞ宜しくお願いします。

 

 

コメントを残す