香典返しの品物は何が良いか 定番からタブーまで調べてみた

香典返しを選ぶ機会は人生において早々ないかもしれませんが、実際に選ぶとなると何が良いのでしょうか。

定番の品物から、人気ランキング上位のもの、送ってはいけないようなタブーのものまで調べてみました。

香典返しの品物おすすめ

香典返しは、通常は参列のお礼に忌明け(四十九日か、満中陰開け)をめどにお贈りするものなので、マナーに気をつけてきちんと感謝の気持ちを伝えたいですね。

ただ、どのような品物を贈るのか難しいので、おすすめやランキングなどを調べてみました。

香典返しの金額と相場

香典返しは、相手の香典の金額の約半分程度の品物を贈るのが相場になっています。

ですので、お通夜や葬儀の際に、記帳してもらっていると思いますので、それを参考に品物を選ぶことになります。

また、最近多くなってきた「当日返し」をしている場合は、その分を減額した金額を目安に香典返しの品物を選ぶことになります。

当日返しは、知り合いの方や友人なども来られるので、2000円から3000円位が相場になります。

香典返しの品物のタブーとは

品物を選ぶ際に気をつけておきたいのが、贈ってはいけないものがあるということです。

「不祝儀は残さない」ということで、香典返しの品物は、形に残らない、使ったら無くなるようなものが好まれます。

食品などは、その典型ですが、食品でも避けられているものがあります。

それは、お肉や魚などです。仏教の影響なのかもしれませんが、生臭いものはタブーとされている場合があるので、避けられています。

また、お酒もお祝い事で使うことが多いために香典返しには向いていません。

ですので、形に残らない食品で、しかも上記の物以外が良いかと思います。

香典返しに使われる品物ランキング

香典返しの品物は、金額によってぜんぜん違う品物がよく使われることになるので代表的な価格帯のランキングを調べてみました。

3000円までの品物

1位 食用油や調味料の詰め合わせセット
普段使うことが多い、食用油(ヘルシー系のものが人気です)や調味料の詰め合わせセットがよく使われています。日持ちもしますし、いずれ使うものなのでもらっても使いみちが無いということが無いためよく用いられます。
2位 缶詰セット
フルーツ缶詰やおかずの缶詰セットが人気です。こちらも長持ちしますので、使われることが多いです。また値段の調整がしやすいこともランキング上位であることの理由にもなっているようです。
3位 タオルセット
今治タオルが人気です。タオルセットもバスタオルやハンドタオルなどの枚数で値段が調整しやすいのと、日常使いしやすいことからランキング上位になっています。

この他にも、洗剤セットや海苔などの詰め合わせなどが多いです。ポイントは誰に贈っても困らないようなもので、内容量の調整がしやすいところです。

5000円までの品物

1位 カタログギフト
カタログギフトは、相手が品物を選ぶことが出来るということで、香典返しの人気がダントツです。金額設定も細かいので便利です。欠点は、相手がカタログを選ぶのを忘れてしまうと無駄になるという点です。
2位 お菓子やコーヒーギフトの詰め合わせ
ちょっと高級なお菓子やコーヒーギフトの詰め合わせが人気です。お菓子やコーヒーギフトは持ち運びもしやすいですし、金額調整や日持ちもしますので、定番です。
3位 宇治茶の詰め合わせセット
高級なお茶の詰め合わせセットは、年配の方に贈る場合に人気です。お菓子やコーヒーギフトよりも喜ばれることが多いので、お茶セットも定番です。

この他にも高級缶詰や、入浴剤セットなども人気です。

10000円までの品物

1位 カタログギフト
1万円を超えるような香典返しになると、やはり、カタログギフトが便利です。値段設定があるので、15000円、20000円、30000円と調整がしやすいです。
2位 高級タオルセット
ここでも今治タオルが人気です。他にもオーガニックコットンを使用したタオルセットなど、高級タオルのセットが人気です。
3位 高級お茶葉詰め合わせセット
1万円以上になると、普段購入しないような高級茶葉の詰め合わせが人気です。自分用には買わないけど、もらったら嬉しいというのがちょうどこのあたりなのでしょう。

金額が大きくなると、カタログギフトがやはり使いやすいようです。カタログギフトであれば値段設定が細かくできるので、もらっている香典の金額によって細かく設定できるのが便利です。

また、もらった方も、自分の好きなものを頼むことが出来ますので、嬉しいです。欠点は、カタログギフトの請求を行わないと、無駄になってしまうということです。

ただ最近は、期日が迫ってくると案内を贈ってくれたり、送り主にカタログギフトの請求を状況をレポートしてくれるので、まだ請求をしていないところには送り主にから連絡する小元できるようになっている場合が多いです。

 

コメントを残す