鏡開きとは 2017年の日付

2179997

鏡餅を割って、お汁粉にして食べる鏡開き。実は関西と関東では日付が違っていたり、京都だけは更に違っていたりします。もともと鏡開きはどのようにして始まったものなのでしょうか?

鏡開きとは?

鏡開きとは、お正月の間飾っておいた、鏡餅を、木槌などで割って、お汁粉やぜんざいにして食べる日本に伝わる年中行事のひとつです。お正月に、歳神様がやってきて家の中の居場所になるのが鏡餅になります。松の内の間は歳神様がいますが、松の内が過ぎると居なくなるので、それをおろしてきて、食べることでご利益をいただくという意味があるそうです。

お餅を食べることで、歳神様のちからをいただくという意味があります。1年の無病息災を願うために行ってきた行事です。

5088527

関西では、松の内が1月15日に開けるので、15日に鏡開きを行います。関東では、松の内は1月7日に開けるので、その後の1月11日にすることが多いです。関東では、昔は、二十日正月ということで、20日にしていましたが、将軍家光の命日が20日なので、その日を避けて、11日にするようになったそうです。

もともと松の内は15日までで共通でしたが、関東では、20日を避けて11日に鏡開きをするようになったので、松の内期間内に鏡開きをするのはおかしいので松の内自体も7日までに短縮したそうです。

京都では、1月4日にすることが多いそうですが、他の地方でも、鏡開きは5日、7日、10日などいろいろ日付が違います。自分の地域がいつなのかわからない場合は、近くの神社に聞いたら教えてくれます。

鏡開き 2017年の日付

 

2017年の鏡開きは、関東では、1月11日(水)、関西では、1月15日(日)です。基本的に鏡開きの日程は同じなのですね。

鏡開きの言葉の意味ですが、日本語としては鏡餅を割るので鏡割りになるのですが、割るというのがちょっと縁起が悪いということで、鏡開きという言葉になっています。また、鏡餅を刃物で切るのは切腹を連想しますので、木槌などで割って食べやすい大きさにするのが正式になります。

鏡開きでお餅を食べるのは、歳神様がいたお餅を食べることで、その力をおすそ分けしてもらうという意味があります。多くの地域でお汁粉かぜんざいにして食べる場合が多いようです。

他には、お雑煮にして食べる地域もあるようですね。いずれの場合も、お餅を食べることで無病息災を願うということは変わりません。

また、鏡開きと言うと、鏡餅を食べること意外にも意味があります。お正月にするのは鏡餅を下げて、食べることですが、結婚式やこけら落としなどの式典などで行われる鏡開きは、に保守の樽酒を開けることです。

鏡開き 樽酒

4839972

結婚式などで樽酒を持ってきて、木槌で一斉に樽を割ってお酒を振る舞うのも鏡開きになります。これは、樽をふたしている板を鏡と言うので、それを木槌で割るので、鏡割りとなり、割るのは縁起が悪いので、忌み言葉として、鏡開きと言っています。

いろんな式典や行事での縁起ごととして行うことが多いですね。結婚式もそのひとつで、美味しい祝酒を振る舞ってお祝いするような行事によくあります。人数に応じて、二斗樽と四斗樽が一般的です。

コメントを残す