七五三の初穂料の書き方や相場について

七五三の時に、神社に収める初穂料の相場はどれくらいなのでしょうか?七五三って回数をするものではないので、わからないことが多いですね。

のし袋の書き方や、中袋なしなのか、中袋があったほうが良いのか、兄妹がちょうど2人の場合はどうしたら良いのかなどなど調べて見ました。

七五三の初穂料の相場

七五三のときに、気筒をしてもらう際に神社に納めるのが、初穂料になります。読み方は、「はつほりょう」です。神社によっては、玉串料と書く場合もありますが、基本は、初穂料で問題はありません。

初穂料とは、初めての稲穂ということで、その年に初めて収穫した稲穂を奉納して、来年もまた豊作であるようにと願ったことからその名前が付いています。

稲穂の他にも、海の幸、山の幸などを奉納して、収穫のお祝いと感謝を神様にお願いしたところから始まっています。

現在では、稲穂の代わりに献金をする場合もそのなごりとして初穂料という名称を使っています。

さて、その初穂料の相場ですが、どこの神社もほとんどが5000円から10000円となっています。

神社によっては、七五三の初穂料がきっちり決まっている場合もありますので、神社に問い合わせするか、神社の公式のホームページを見てみるとわかると思います。

七五三の初穂料ののし袋の書き方

七五三の初穂料を入れるのし袋の書き方ですが、これもしきたりに則って書きます。のし袋には、お祝い事につかう蝶結びのものを使います。

ササガワ 特上のし袋 祝 5-2701 万型 無字 10枚入

表書きですが、御初穂料と書くのが一般的ですが、他に玉串料でも良いかもしれません。そして、下に氏名を書きます。

地方によっては、年齢を書くこともあるそうですが、一般的には名前だけで構いません。

中袋を使う場合は、中袋の表に、金伍阡円(5000円の場合)と書いて裏側に親の住所氏名を書きます。

中袋を使わない場合は、のし袋の裏側に、金伍阡円(5000円の場合)と書いて親の住所氏名を書きます。

金額の漢数字ですが、一⇒壱、二⇒弐、三⇒参、五⇒伍、千⇒阡、万⇒萬と書いておくのが通常になります。

兄妹でふたりの場合は、一緒にまとめて包む場合は、表書きの氏名のところに連名で書きます。

まとめて包む場合と、別々に包む場合がありますが、神社によって受付が違いますので、事前に問い合わせしておくことが良いかと思います。

七五三の初穂料は中袋なしでも良いか

のし袋の中袋が必要かどうかですが、これについては、基本的にはどちらでもかまわないと思います。

しっかりしておきたい場合は、中袋を付けた方が良いのですが、中袋なしでも問題はありません。

5万円とか10万円とかの特別祈祷などをお願いするときには、やはり中袋は必要ですが、通常の七五三の初穂料においては、中袋なしでも大丈夫だと思います。

中袋なしが気になる場合は、中袋を付けても良いかもしれません。

 

七五三の祈祷を受け付けてくれるような神社には、たいてい社務所に人がいますので、直接きくか電話で事前に問い合わせをして、確認しておくとスムーズにお参りができると思います。

 

コメントを残す