初詣はいつまで

18076299

初詣はいつまで行けば良いのでしょうか?期間とかあるのでしょうか?それは初詣の由来にヒントがあります。また、神社によっても期間があるのでチェックしてみてくださいね。

初詣の由来といつまで期間は?

初詣はいつまでに行けば良いのでしょうか?三が日というのはわかりますが、松の内までなのか?それとも一月中は大丈夫なのか?神社によっても違うのか?疑問がいっぱいです。

そもそも初詣とはどうして始まったのでしょうか?お正月の恒例行事になっているので、特に考えていないものですが、初詣の由来とはって考えるとわからないものですね。

もともと初詣は、家の家長が大晦日から元旦まで氏神にこもって、年が明けて太陽がでるまで、一年の家内安全や子孫繁栄などを祈願する年籠りに由来しています。この行事をやっている神社もまだ数多くあります。私の実家の氏神さんでも、在所の代表者数名が年籠りをしてました。

その年籠りが、除夜の鐘つきをしてその歳最後に参拝する除夜詣と、一日の日の出とともに詣でる元旦詣でに別れていき、元旦詣でが現在の初詣になったとされています。

江戸時代には、この元旦詣が、進化してその歳の恵方にある神社に参拝する恵方参りになったそうです。現在は、さらにどこの神社に行くというのが特に決まりがなく、有名な神社や自分が行きたい神社に初詣にいくという風に変わってきています。

初詣の期間はいつまで

ikutashinetorii

初詣の期間はいつまでなのかということですが、基本は松の内に行くのが一般的です。松の内とは、お正月の松飾りを出しておく期間で、一月五日以降であったり、一月七日であったり、15日であったりします。

初詣もこれと同じように、松の内にお参りすることが基本ですが、大きな神社とかは一月中でも問題ないですし、これといって決まりはありません。

特に初詣の人出が100万人を超えるような大きな神社は一月中に行ければ大丈夫だとお思います。現に伊勢神宮は、一月中ずっと初詣の参拝客を受け入れていますし。

初詣はいつまで 氏神様

初詣の由来を考えると、もともと氏神に大晦日から元旦までお参りする年籠りのことでした。元旦に一年のことを祈願する元旦詣が初詣の原型なので、氏神様には元旦にお参りするのが一番の基本です。

大晦日にお参りして一年のお礼を言うとともに、元旦にまたお参りして新年の祈願をするというのが元々の意味を考えると正式なのでしょう。現在もそのようにして参拝する所も多いです。

氏神様が実家で、現在は違うところに住んでいる場合もあるので、三が日に参拝できれば良いのではないかと思います。

 

コメントを残す