恵方巻きはいつ2018年の方角と由来や食べ方のルールとは

毎年の節分の恒例行事として、すっかり定着した感のある恵方巻きですが、まだまだよくわからないこともあります。

そもそもどういう由来とか意味があるのかもぼんやり縁起がいいということしか分かっていないですし、シーズンになればコンビニエンスストアやスーパーに並びますが、毎年の方角とかはいつ決まっているのかも分からないのでいろいろとあらためて調べてみました。

恵方巻き2018年はいつ?方角は?

まず恵方巻きは、節分に食べると縁起が良いとされる太巻き寿司のことです。

ということで、毎年2月3日の節分の日に食べます。節分といえば「鬼はー外、福はー内」の豆まきですが、同じ日に食べると良いとされています。

恵方巻は、恵方という縁起の良いとされる方角を向いて食べますが、2018年の恵方は、南南東やや右(南より)です。

恵方は、もともとその年の歳徳神様がいらっしゃる方角とされています。

南南東やや南よりというように、微妙な方角になるのは、東西南北で決められているのではなく、昔の方角によって決められているからです。

恵方とされる方角には、甲の方角(東と東北東の間)、庚の方角(西と西南西の間)、丙の方角(南と南南東の間)、壬の方角(北と北北西の間)の4種類があります。

年によってその方角が変わります。正確には、年の十干によって恵方が決まります。

2018年の十干は、戊(つちのえ)になります。ちなみに十二支は戌ですね。干支はこの十干と十二支を組み合わせたものをいい、2018年は、戊(つちのえ)戌(いぬ)が干支になります。

さて、戊(つちのえ)の年は丙の方角(南と南南東の間)になりますので、南南東やや南よりになります。

方角はスマホのアプリで方角がわかるものがあると思いますので、そちらを参考にするのが良いと思います。

まあ大体このあたりかなというアバウトなものでも良いと思いますけれどもね。

恵方巻きの由来は?

20代から30代以上の方は、小さい頃に恵方巻きを節分の日に食べていた記憶はないのではないでしょうか?

恵方巻きをこぞって食べるようになったのはここ十数年です。

もともとの由来は諸説ありますが、は大阪のごく一部で、節分に太巻き寿司をたべる習慣があったそうです。

商売繁盛を願って、7種類の具を入れた太巻き寿司を食べていたそうですが、当時は丸かぶり寿司というふうに呼ばれていました。

通常は太巻きは、スライスして食べやすい大きさにして食べますが、切らずに丸ままかぶりつくというのは、「切れない」ということで、縁が切れないという語呂合わせでもあるようです。

この習慣がほぼ全国に広がったのは、セブンイレブンが1998年に大阪や兵庫などで恵方巻きを発売したのがきっかけになったと言われています。

また、丸かぶり寿司をみんなで食べるというようなイベントも各地で開催されて行き盛り上がりました。

なんでも、お祭りにしてしまう日本人の気質にあったのでしょうね。瞬く間に広がって全国のコンビニエンスストアでも1月になると恵方巻きのポスターなどが貼られています。

なかにはとても長い太巻き寿司を作って一気に食べるといったおもしろイベントも開催されているようで、まさにお祭りみたいになっていますね。

恵方巻きの食べ方やルール

恵方巻きは縁起を担ぐので、食べ方にもルールがあります。

恵方を向いて食べるというのが最初のルールですが他にも細かくありますので注意が必要です。(もちろんあまりこだわらずに食べることを楽しむのもアリです)

  1. 2018年の恵方(南南東から南より)を向いて食べる
  2. 恵方巻きを切らずにそのまま食べる。
  3. 食べている間は言葉を発しない。
  4. 一気に1本食べきること

というルールがあります。もともと縁を切らずに食べるという意味もあるので、一気に1本食べるのは縁起を担ぐ上で大事なのですね。

食べている間に言葉を発しないのは、その間に願い事を頭に浮かべながら食べるといいとされているからです。

傍から見ると変な絵面ですが、みんなで恵方巻きを作って一斉に恵方を見て食べるのも面白くていいかもしれませんね。

恵方巻きの具材

2月3日になると、コンビニエンスストアでも、スーパーでも、百貨店でも、街のお寿司屋さんでも恵方巻きを売り出します。

クリスマスのケーキよりも多いのでは?と思うくらいなのですが、家で作るのもいいかもしれません。

2018年の節分は土曜日なので家族でレシピを見ながら手作り恵方巻きも楽しいです。

おすすめの具材は何なのでしょうか?

もともとの由来に忠実にしたい場合は、具材は7種類です。七福神にちなんで福を巻き込んでがぶりと頂くということですね。

ただ、正式になにを入れたらいいのかは不明です。というか明確には決まっていないようです。

ただ、お寿司屋さんの丸かぶり寿司や太巻き寿司に入っている代表的な具材などを入れておけば間違いがないと思います。

また、縁起物なので、あなごやうなぎなどの高級素材も欠かせません。

ということで、よくある恵方巻きの具材を挙げておきます。

  1. うなぎの蒲焼または穴子(海老フライ)
  2. かんぴょう
  3. 卵焼き
  4. きゅうり(みつばやホウレンソウ、サニーレタス)
  5. しいたけ
  6. 紅白かまぼこ(カニカマ)
  7. でんぶ(おぼろ)

他にもシーチキンやツナ、イカ天などが入っている場合もありますが、このあたりが王道的な恵方巻きですね。

縁起物なので、紅白かまぼこや海老フライでもいいのでしょうし、緑のものやおぼろのピンクなど彩りも大事な要素です。

他にも、海鮮ということで、マグロやサーモンを入れても彩りも綺麗でしょうし、子供が喜ぶように、肉そぼろなどもいいかもしれません。

恵方巻き2018年のまとめ

恵方巻きにはいろいろな意味があることがわかりました。縁起物ということなので、気持ちが大事でもありますね。

2018年の節分も豆まきに恵方巻きなど縁起をかついだ行事を楽しく過ごすことができればそれでいいのではないかと思います。

昔は娯楽も少ないので、年中行事やお祭りなどで日々のストレスを解消していたのかもしれません。

今年も恵方を向いて、がぶりと美味しい恵方巻きをたべて頑張りましょう。

 

コメントを残す