手足口病とは?大人もかかる症状や潜伏期間など

手足口病が流行る時期に来ています。基本的には、子どもの感染症として有名ですが、最近は大人もかかるとしてピークになる7月には警戒が必要です。

手足口病とは

手足口病とは、ウィルス性の感染症になります。原因となるウィルスは、「エンテロウイルス」と「コクサッキーウイルス」の2種類があります。

子どもの3大夏風邪の1つで、ヘルパンギーナ、プール熱とよく混同されることが多いです。

ほとんどが、5歳以下の乳幼児が感染する子どもの病気ですが、まれに大人が発症することがあり、その場合は40度近い発熱や症状が長引くことも考えられます。

手足口病には、予防薬やワクチンがないので、発症してしまうと、対症療法として、口の炎症を抑えたり、熱が高い場合は、解熱剤や、手足の痒みが多い場合は、抗ヒスタミン剤などでそれぞれの症状を抑えていく形になります。

子どもの場合ですと、発症してから、5日ほどで快方に向かうことが多く、大人でも1週間から10日くらいで症状が収まります。

ただ、手足口病になると症状が収まっても、しばらくは、ウィルスが存在していますので、マスク着用や、家族は手指の消毒などを1週間から2週間くらいはして、観戦を警戒したほうが良いとされています。

また便からは、4週間ほどウィルスが出てきますので、手指の消毒はしばらくは続けたほうが良いと思います。

手足口病の潜伏期間や症状

手足口病は、ウィルスを含んだ飛沫感染と、ウィルスが付着した手などからの接触感染があります。

乳幼児だと、おもちゃを口に入れたりしますが、そこで付着したウィルスに接触することで、感染します。

また、感染してからの潜伏期間は、3日から6日間です。手や足の指の間や足の裏、手のひらや口の中の粘膜などに水疱ができます。

発熱は、38度程度になりますが子どもの場合は、それ以上があることはまれです。

口の中の水疱はつぶれて口内炎になったり、手足は爪が剥がれたりすることもありますが、時間がたてば、また生えてきます。

手足口病の原因ウィルスが「エンテロウイルス」は無菌性髄膜炎の90%を占めるために、まれに脳炎を発症して重症化しますので症状を注意深く見ておく必要があります。

大人が感染した場合は、子どもよりも重症化することが多くなります。手足や口の水泡も長引きますし、発熱が40度まで達することもあります。

大人の症状は7日~10日くらいで症状も落ち着くのがほとんどですが、それ以上かかる場合や、発熱が続く場合は医療機関にかかったほうが良いと思われます。

手足口病の予防

手足口病の予防には、ワクチンがありませんので、感染ルートを断つことが予防になります。飛沫感染と接触感染を防ぐことになりますので、マスクで飛沫感染を防いで、手指の消毒をこまめにするということが主な予防策になります。

家族に手足口病の患者がいる場合は、約1ヶ月ほどは警戒が必要になります。また、原因ウィルスの「エンテロウイルス」と「コクサッキーウイルス」は、「ノンエンベロープウイルス」という仲間になります。

ノンエンベロープウィルスは、通常のアルコール消毒や熱消毒に強いことが知られていますので、酸性アルコール消毒剤を使うほうが予防に効果的になります。

酸性アルコール消毒剤はこのようなもので、PHを酸性にしてアルコールの消毒作用を高めています。

また、入浴時に水疱が潰れるなどして、接触感染の機会が増えるので、症状がひどいときには、シャワーなどだけにして、できるだけ、接触感染を防ぐようにした方がいいと思います。

熱がない場合は、入浴しても症状が重くなるようなことはありませんが、子どもを入浴させた後は、消毒するなどした方がいいと思います。

またもちろんですが、子供同士一緒に入浴はしばらくは避けた方がいい以下もしれません。

コメントを残す