静電気対策 体質が原因?

18042666

冬場になるとバチっとくる嫌な静電気ですが、実は静電気をためやすい人とそうでない人がいるそうなんです。静電気をためやすい原因は、その人の体質にあるそうなんです。静電気と体質の関係とは?

静電気の原因と対策 体質との関係は?

そもそも静電気でバチッってなるあれは、どうやってなるのでしょうか?静電気の原因は何が考えられるのでしょうか?

重ねてきている衣服の摩擦やタオルや毛布などの摩擦で、マイナスの電気を奪われて、体がプラスの電気を帯びます。そのままの状態で、普段マイナスの電気を帯びている金属に触れると電気が放電されてバチッとなります。

静電気の原因は体にプラスの電気をためたまま金属などを触れるから起きます。通常はプラスの電気を帯びても自然に放電するようになっているそうですが、それが出来ずに電気をためてしまうような体の状態が静電気でバチッっとなる原因です。

自然放電が出来ない体質とはどういう状態なのでしょうか?静電気をためやすい人は、血流が悪く、血液だどろどろになっていることが多いそうです。血液中のマイナスイオンが不足している状態らしく、そのためプラスの電気を帯電しやすいそうです。

静電気をためやすい体質がもたらすのは、肩こり、冷え性、腰痛、足首の痛み、カルシウムやビタミンが体から出ていきやすい状態になるそうです。

更にプラスの電気を帯びている結果空気中のホコリやハウスダストなどを引き寄せるので皮膚病やアレルギー疾患にもなりやすくなるそうです。

また肌が乾燥してる人は水分を通じて電気を放電できないので静電気をためやすい人になります。冬で空気が乾燥していますし、さらに皮膚も乾燥していると電気が逃げないのです。

静電気体質を改善する法歩

静電気の原因が分かったら対策するしかないですね。静電気体質の改善する方法ですが、体質改善には食生活の見直しが一番です。

体をアルカリ性に保つと静電気が逃げやすいそうです。カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなどのミネラル分が豊富な食材を食べると良いでしょう。

ミネラルが豊富な食材
アーモンド、ゴマ、豆腐、大根、マグロ、イワシ、アジ、昆布、ひじきなど
他にもまごわやさしいということで、豆類、ごま、海藻類、野菜、魚、きのこ類、イモ類などを取ることをおすすめします。

また水分が不足していることも静電気をためやすい体質になりますので、ミネラルウォーターを寝る前と朝起きた時に少量飲むと体の中が乾燥しにくいので電気も上手逃げやすくなります。

乾燥対策として、加湿器をたいておくのもかなりの効果見込めます。また、部屋に観葉植物を置くことでマイナスイオンを発生させる効果があるのでプラスの電気を自然放電しやすくなります。

728598

更に乾燥肌対策としてお肌の潤いを保つと放電しやすくなります。冬場は特に、乾燥肌になりやすいので、基礎化粧品類のお手入れの時に保湿成分を含んだ化粧水や美容液をつかうなどケアが必要かもしれません。

静電気体質の人のための対策方法

金属を触れるときに指先から触れると、1点から放電しますので、バチッと痛くなります。ですので、金属を触れるときは、静電気対策グッズなどで先に金属部分を触れておくとその時点で放電しますので、バチッとなりにくくなります。

また服の素材も気をつけるとプラスの電気を帯びにくくなります。

衣服の素材

毛布はプラスの電気を帯びやすく、アクリルはマイナスの電気を帯びやすいです。隣り合っているような近い素材同士を選ぶと静電気が発生しにくくなります。逆に遠い素材を選ぶと静電気がバチバチと発生しやすくなるので、考えたほうが良いかもしれません。

あまりひどい人は、静電気防止グッズをつかって、金属部分を触れる際にはグッズで放電してから触ると良いと思います。

同時に、静電気体質を改善するために、ミネラル豊富な食事やサプリをとって健康に過ごすことですね。

コメントを残す