熱中症の予防には原因と対策を知ることから

毎年7月は熱中症予防月間です。 年間で最も、熱中症の件数が多いそうです。梅雨が明けて急に気温が上がるために、体が慣れていないのが大きいと思われます。

熱中症は、どういうときになるのでしょうか?原因がわかれば、対策もできると思いますので、調べてみました。

熱中症の原因と対策

熱中症の原因は、ズバリ、熱です。

通常、体は、体温調節機能が備わっていて、熱くなると汗をかいて、汗が蒸発する際の気化熱によってや、体の表面の末梢血管が拡張し熱を体の表面に集めて空気中に熱を放出することで、体の内部の温度が高くならないようにしています。

この体温調節機能がが何かの理由でうまく働かないと、体の温度が上がりすぎて、いろいろな不調が出てきます。

ひどいときには、命に関わる場合もあります。

体温調節機能がうまく働かなくなるのは、環境の要因と、体の状態による要因があります。

1.環境による要因
気温が高い
湿度が高い
直射日光に長時間さらされている
2.体の状態による要因
睡眠不足
激しい運動のしすぎ
暑さに体が慣れていない
病気や肉体疲労の蓄積

これらが複合的に絡み合って、体の体温調節機能が働かなくなり、熱が体に溜まってしまうと熱中症になります。

6月後半から7月にかけて梅雨の中休みや梅雨明けなどで、気温が急に高くなったときは特に注意が必要です。また体が疲れているときは、普段は大丈夫でも熱中症になりやすくなります。

運動場やプールなど直射日光が当たる場所や、車の中や、体育館、気密性の高いビルやマンション、お風呂の中や風通しの悪い室内でも起こりやすいと言われています。

室内でも、油断していると熱中症になるということですね。

熱中症の対策と予防

熱中症の症状が少しでもあるような場合は、いち早く対策をすることで、重症化することを防ぐことが出来ます。

気温が高い日や、湿度が高い日は、こまめに水分と塩分を補給して起きたいですが、ついつい気がつくと体がだるくなってしまったり、体調が悪くなってしまうことがあります。

熱中症の前兆として体が発するサインを見逃さないようにしていち早く対策しましょう。

1.のどの強い乾きや汗が異常にでる
喉が渇くのは、病気でない限り水分を欲している証拠ですので、こまめに水分と塩分を補給します。汗が出続けるのは、それでもまだ熱が取れないからですので、涼しい場所へ移動します。
2.めまい、たちくらみ、生あくび、体のだるさがある
この状態は危険なので、水分補給はもちろん、涼しい場所へ移動して休みます。
3.頭痛や吐き気、嘔吐がある
熱中症の軽い症状がでているので、安静にして、症状が改善しないようなら病院へ
4.真っすぐ歩けない、意識が混濁する
ここまでくると、危険ですので、水分と塩分を補給しながら、体を冷やしますが、症状が悪化するような救急車で病院へ

子供やお年寄りは、体温調節機能が弱いので、特に注意が必要です。

いちど、軽くても熱中症になってしまうと、体がダメージをうけてしまって回復までの時間がロスしますので、熱中症の症状が出ないように、前もって予防しておくことが、大事です。

まずは、夏の暑い日は室内であっても、こまめに水分補給をします。塩分も失われますので、塩分も食事などでしっかりと取ります。

汗をたくさんかくような運動や野外での作業をする場合は、スポーツドリンクや食塩水など、塩分の補給もしっかりします。

利尿作用のあるようなカフェイン入りの飲料は、体の水分を外に出してしまうので注意が必要です。バーベキューなどで、お酒を飲む場合も、適度にチェイサーで水分補給します。

また、エアコンを上手に活用して、室温を28度くらいには下げることも大事ですし、扇風機やサーキュレーターなどで、風通しの悪い場所をなくすことも必要かもしれません。

衣服は、襟口や袖口が広いもので、風通しをよくして、汗を蒸発させやすい服装が望まれます。外に出る場合は、直射日光を避けるために、日傘や、帽子などを活用します。

また、極力、睡眠不足や不規則な生活習慣を改めて、暑さに強い体にしておくことも大事です。

エアコンもかけすぎると逆効果ですので、適度しておくことが大事ですね。

熱中症予防 熱中症指数予報をチェック

熱中症指数(WBGT)とは、熱中症を予防することを目的にした国際的な共通指標です。

詳細はこちらにまとめました。

http://katslog.net/health/wbgttoha.html

この熱中症指数(WBGT)予報をチェックして毎日、熱中症対策を実行するのが良いかと思います。梅雨の時期は雨が降ると気温も上がりますし、WBGTは下がりますが、梅雨の晴れ間の時期や、梅雨明け直後は注意が必要です。

今日は、梅雨前線が沖縄付近から上がってきて日本各地で雨が降っているので緑の注意レベルですが、那覇は、厳重警戒レベルです。

コメントを残す