男性の更年期障害の原因と症状や対処方法の紹介

更年期障害というと、女性特有のものだと思っている方が多いのですが、男性にも更年期障害があります。意味もなくイライラすることが多くなったり、やる気が無くなったりそういった場合には、更年期障害を疑っても良いかもしれません。

男性の更年期障害の原因や症状について調べてみました。もし更年期障害の場合はどうしたら良いのかなども紹介します。

男性の更年期障害の原因と症状

そもそも更年期障害とは、女性の場合は、女性の卵巣機能の働きが、加齢やその他の理由によって弱まりその結果女性ホルモンが減少し、それによって起きる様々な体の変化のことをいいます。

女性の場合は、閉経の前後に起こりやすいと言われており、平均的な年齢は、50歳前後と言われています。最近は、若い方にも増えているそうですが、基本的には、

病気ではなく、体の変化ということなのですが、今までの体の調子が変わるので、いろいろと対処しないといけなくなるというものです。

男性の場合も同じことがいえます。男性の場合は、男性ホルモンの減少によって起きることが分かっております。

男性の場合は、年齢にかかわらず男性ホルモンが低下した時に起きやすいので、30歳代以上はいつでも起こりうるとされています。

男性ホルモンの分泌量が低下する原因

男性ホルモンの分泌量が低下する原因は複数考えられます。複数の原因が複合的に作用して、男性ホルモンのテストステロンの分泌が低下することもあります。

主な原因をあげておくと、

・加齢によるもの
・ストレス
・肉体的な疲労の蓄積

加齢によるものは徐々にテストステロンの分泌量が低下する形になります。ここは仕方がないとしても、ストレスを多く感じている人は更年期障害になりやすいということですね。

また、寝不足や、疲労の蓄積などもそれに追い打ちを書ける状態になるということですね。

ストレスを感じやすい、几帳面な方や、真面目すぎる方などは、やはり更年期障害になりやすいのかもしれません。

上手に気分転換や、ストレス解消を出来るようにしたいですね。

更年期障害になる手前で気をつけたいのは、前兆とも呼べるべき症状があります。とくにストレスなどが多く感じていて、それを解消できていないためになりますので、日常生活で注意してみてはいかがでしょうか。

・笑顔が少なくなってきた
・性的なものへの興味がなくなる
・寝不足が続いている
・趣味がないとか趣味の時間が取れない
・何をするにもやる気が出ない
・理由もなくイライラすることが多くなる

というようなことが当てはまる場合は、更年期障害の予備軍ともいえますので、注意が必要です。

男性の更年期障害の症状

更年期障害の症状ですが、男性ホルモンの減少が原因で起きます。

男性ホルモン「テストステロン」はどういったものなのでしょうか?テストステロンは、別名やる気ホルモンとかモテホルモンとか言われています。

テストステロンの役割としては、

・やる気の向上
・自己肯定感の向上
・筋肉増大
・男らしさの向上
・異性を引きつける魅力を出す

といったものがあります。心も体も大きな影響を受けるのですね。小学生の頃は小さくて可愛かった男の子が成長期に急激に男らしくなるのもこのホルモンの影響です。

男性が男性らしさを維持するためには必要不可欠なホルモンが減少することで出てくる症状としては、

・何をするにもやる気が出ない、抑うつ感がある
・頻尿
・体力低下や疲れやすくなる
・筋肉が痩せてくる
・精力の低下
・ジヒドロテストステロンが増える
・不眠になる
・無気力感や不安感、イライラすることが増える
・頭がもやもやする、頭が重い
・ほてりやのぼせ、発汗量が増える。

と言うものがあげられます。ジヒドロテストステロンは、AGA(脱毛)の原因となったり、前立腺肥大や精力の低下などの原因になります。

更年期障害には良いことがないのですが、更年期障害になってしまった場合は、どうしたら良いのでしょうか。

また、できれば更年期障害になる前に予防することは出来るのでしょうか?それについても調べてみました。

男性の更年期障害の対処方法と予防

更年期障害になってしまった場合の治療方法は、病院に行って薬を処方して貰う方法があります。

・ED治療薬
・男性ホルモン補充療法

などが病院で受けられる治療方法になります。また、日常生活の生活習慣の改善などの指導をしてくれるところもあります。

また市販薬で病院にかからずに治療する方法もありますが、40代とか50代の方はまだ市販薬に頼るよりは、まずは。生活習慣の見直しからしてみても良いかもしれません。

 

睡眠の質と時間を改善する

更年期障害の特徴としては、不眠があげられます。寝付きが悪い、すぐに起きてしまうといったことがありますので、睡眠時間をしっかりとれるように、質と量を改善します。

寝具を買い替えたり、寝室のカーテンを遮光カーテンにしたり、睡眠前には、スマホを見ないようにしたり、朝起きたらすぐに朝日を浴びるようにしたりと意識するだけでも睡眠の質は改善できます。

あとパートナーがいれば、協力してもらって男らしい生活を出来るように心がけるのも1つです。

バランスの良い食事

更年期障害に良い食事は、バランスの良い食事というのは当然ですが、意外に出来ていないもの。働き盛りで忙しいですが、しっかり食生活を見直すのは非常に大事です。

男性ホルモンを増やす働きがあるのは、タンパク質です。良質のタンパク質源を食事に意識して取り入れるのも1つです。豚肉や、ラム肉などが良いとされています。

また、亜鉛や疲労回復にいいビタミンB群などもおすすめです。にんにくや牡蠣などがおすすめです。

他にも更年期障害にいい食べ物や栄養素は、

・アルギニン(ナッツ類に多く含まれています)
・ムチン(オクラやとろろ芋のネバネバ成分)
・カルチニン(ラム肉に多く含まれる)
・シトルリン(スイカに多く含まれる)
・含硫アミノ酸(にんにくや玉ねぎに多く含まれる)

などです。

また、これらを補助するためにサプリメントを利用すると必要な栄養素が不足なく摂取できると思います。

サプリメントで代表的なものは、玉ねぎやにんにくに含まれている含硫アミノ酸や、シトルリン、カルニチンなどを含むものが多いです。

日常生活に楽しみを見出す

いつも楽しいことをしていれば、ストレス解消にもなりますし、元気になります。また、夫婦や恋人との時間を増やすことや、一緒に遊びに行ったり、普段のことを離れてしてみるのもひとつです。

男らしさを発揮する場面やドキドキ感があれば、また、男性ホルモンの分泌も活発になるかもしれません。

日常生活にドキドキ感を増やすようにいろいろ工夫してみると良いかもしれません。

筋トレや有酸素運動を定期的にする

男性ホルモンの分泌量が低下すると筋肉が痩せますので、筋トレは非常に大事です。しらないうちに体の機能が衰えていますので、しっかり筋トレがだいじです。

また、しまった体つきになれば、男らしさも戻ってきたり、自分への自信にもつながります。いろんな日常生活でも、筋肉が増えるとたくましさが戻ってきて気持ちも変わると思います。

そして、筋トレや適度な運動は、男性ホルモンを分泌を促すという研究結果もありますので、相乗効果で、更年期障害の改善に役立ちます。

また、メタボリック症候群の予防に、脂肪をしっかり燃焼させるような有酸素運動を日常に取り入れることも良いかもしれません。

毎日ではなくても、休日にウォーキングやジョキングするなど、有酸素運動を少しでもする機会を増やしてみても良いかもしれませんね。

 

コメントを残す